FXの基礎

FXの1ロット(1lot)とは

投稿日:2019年7月31日 更新日:

ツイッターを眺めていたところ、ロット(lot)という単語がチラホラ出てきました。この単語に接した第一印象は、「ちょっと難しい…」です。

なぜか?ですが、ロットの意味はFX口座ごとに異なるためです。

1ロット(1lot)とは

ロット(lot)とは、FXの取引単位を示します。ただし、最低取引単位ではありません。

この2つの点について、順に確認します。

1ロットの数量

FX業者によっては、ロットを採用していない場合もあります。採用しているFX業者のいくつかについて、1ロット(1lot)の大きさは以下の通りです。

FXTFが10万通貨/1万通貨となっていますが、これはサービスによって1ロットの大きさが異なることを示します。

FX業者名1ロット(1lot)
OANDA10万通貨
FXTF10万通貨/1万通貨
DMMFX1万通貨
アイネット証券1万通貨
ヒロセ通商1,000通貨

1ロットという場合、1,000通貨から10万通貨まで、100倍も違うことが分かります。

伝統的なFXの世界では、標準的な取引単位(standard lot)は10万通貨です。よって、昔は、誰に聞いても1ロット=10万通貨だったかもしれません。

MT4で取引数量を指定するとき、1ロット=10万通貨が基本

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF)のMT4をいじっていて、1ロット=10万通貨であることにふと気づきました。 FXの基本取引数量は10万通貨 10万通貨が基準なのは普通のことです。しかし、最近は裁 ...

続きを見る

ロットは、最低取引単位でない

また、ロットは、必ずしも取引の最小単位を示しません。

例えば、OANDAは、上の表では1ロット=10万通貨になっています。これが最小取引単位だったら、オアンダは今ほど人気でないのでは?と思います。

実際には、0.01ロット(1,000通貨)で取引可能です。取引サービスによっては、1通貨(1ドル、1ユーロ)から取引可能です。

FXTFも、0.01ロット(1,000通貨)から取引可能です。

一方で、DMMFXやアイネット証券などでは、1ロットが取引の最小単位です(ループイフダンは1,000通貨単位)。

FX口座ごとに大きく異なるので、一言で書くなら「ややこしい」です。

取引口座を変える時に、注意が必要

このロットの違いは、FX口座を乗り換えるときに事故の原因となるかもしれません。

1ロット=1,000通貨のつもりで取引してみたら、実は1ロット=1万通貨だったので大慌て!という感じです。

知っていれば何ともない事ではありますが、変な事故で損にならないよう、少しだけ注意が必要です。

口座開設キャンペーン

ロットのネタに絡んで、口座開設キャンペーン(当ブログ限定)のご案内です。

DMMFX口座を新規に開設いただき、1ロットの取引をすると、4,000円もらえます。達成すべき条件がとても緩いので、ぜひご利用ください。

当ブログ限定
DMMFXの口座開設キャンペーン【通常より4,000円多いキャッシュバック】

当ブログ経由でDMMFXの口座を開設すると、当ブログ限定の特典があります。確認しましょう。 DMMFXの口座開設キャンペーン【当ブログ限定】 上の画像の通り、当ブログ経由でDMMFXの口座を作っていた ...

続きを見る

関連記事

-FXの基礎

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.