FXで勝つ人と負ける人

FXで初心者が勝つ方法

投稿日:2019年8月3日 更新日:

ゆったり為替は、様々な手法に取り組み、現在に至っています。そして、自分で習得した手法で、利食いできます。

その方法は、客観的にみて、大変簡単なはずです。インジケータを全く使いません。

しかし、習得は容易でないようです。

初心者でも勝つ方法を求めて

以前、FX攻略.comのスタッフに授業中!という記事を投稿しました。あれから1年近くが経過し、いい感じかな…?に見えます。

FX攻略.comスタッフに授業実施中

FX雑誌『FX攻略.com』の編集後記に書いてありますが、ただ今、FX攻略.comスタッフの上岸さんに授業をしています。 その内容を、少しご案内します。 トレード手法の授業ではない ゆったり為替が授業 ...

続きを見る

彼の仕事はトレードではありませんから、勉強は片手間にならざるを得ません。しかし、FXの世界で生きています。にもかかわらず、時間がかかっています。

よって、ゆったり為替の手法は、初心者でも勝つ方法とは言えないかもしれません。

インジケータを使う方法は、もっと難しいのでは

では、インジケータを使う方法はどうか?ですが、さらに難しくなると思います。

例えば「ゴールデンクロスになったら買う」というルールがあるとします。それを実行しようと思っても、初心者だとドキドキしてしまって難しいかもしれません。

「今、ゴールデンクロスかな?…買ってもいいかな。いいよね。」

最初は皆、こんな感じの初心者です。ゆったり為替もそうでした。この状態で、いかに勝つか。

運に頼っても良いが…

運に頼るのも良いですが、ビギナーズラックがないユーザーの場合、ボコボコに負けて終わってしまいます。

ゆったり為替は、ビギナーズラックがなくて残念でした。最初にドカンと勝てた人がうらやましいです。しかし、下のリンク先の記事のように、最終的に「チーン」な状況は嫌だな…。

ある主婦の成功と失敗(結局、破産したかも?)

ゆったり為替は、日中あちこちをブラブラすることがあります。これは、普段出入りしている店で聞いたお話です。 主婦が、良く分からないまま大儲け そこのご主人によると・・・ その店のお客さんである主婦が、何 ...

続きを見る

なお、運で勝つことができても、それを継続できないのが難点です。単発で大きく勝つなら、運に頼るのはアリだと思います。

努力に訴えるのは限界がある

結局のところ、継続して勝てるようになるには、努力しかありません。しかし、すべての人に努力を求めても、それは無理というものです。

「片手間にやって、楽しんで、その結果、資金が増える」これがベストです。

究極に簡単にするしかない

となれば、究極に簡単にするしかないのでは?

ある特定の為替レートで取引して、ある特定の為替レートで決済すべし。

という感じで、裁量の余地が少ない方法にするしかないのでは?と思います。

例えば、米ドル円=100円で買って、110円で売るべし。他のことは考えなくていいよ!という具合です。

ただし、究極に簡単にしても、100%勝てると書けません。相場は変化しつづけますので。しかし、初心者が勝つ方法と言えば、こういう方法しかないかも…と感じます。

FX口座の選択も、意外に重要

「弘法筆を選ばず」などと言いますが、FX口座が違うと、成績も変わってきます。

例えば、特定の通貨ペアで取引できるかどうか。あるいは、特定の機能がある口座とない口座。この違いは、成績に直結するでしょう。

よって、FX口座選択も重要になるでしょう。

ゆったり為替の場合、「チャートのデザイン」も重要です。同じチャートであっても、自分にとって見づらいデザインだと、成績は良くありません。

おすすめのFX口座

FXをするなら、楽しく、効率的に資金を増やしていきたいです。そこで、おすすめのFX口座を確認しましょう。 目次: 1 おすすめのFX口座とは 2 デザインはとても重要 3 取引したい手法で選ぶ 4 自 ...

続きを見る

「勝つ」の基準

ちなみに、ここで「勝つ」という場合、トータルで1円以上の収益を得られればOKとします。

自己資金が多い人・少ない人、さまざまですので、この基準で良いのでは?と思います。FXは、大半の個人投資家がマイナスになる世界ですし。

FXで負けるトレーダーの割合が判明!

FXで勝っている人の割合、負けている人の割合。この数字はFX各社のトップシークレットに近いデータだと思います。 よって、私たちに具体的な数字が出てくることはないと思っていたのですが、その数字が分かりま ...

続きを見る

FX初心者が勝てるトレード手法

前置きが長くなりました。以上の考察を経て、FX初心者が勝つ方法の具体例を考えてみます。

(繰り返しになりますが、これで100%勝てるというわけではありません。)

方法その1:米ドル/香港ドル

いきなり、見慣れない通貨ペアの登場です。いいんです。勝てれば。というわけで、週足チャートをご覧ください。YJFX!からの引用です。

USDHKDのチャート

香港金融当局の規制により、米ドル/香港ドル相場は、7.75~7.85の範囲で動きます。

そこで、7.75付近で買って、ちょこっと上昇したら利食いします。同様に、7.85付近まで上昇したら売って、少し下落したら利食いします。規制の範囲を超えて動いたら損切りです。

この値動きが続く限り、いつまでたっても利食いばかりが続きます。

この取引のデメリットは、おそらく一つです。香港金融当局が「この政策をもうヤメるぜ!」と言ったら、このトレードは終了という点です。よって、早く始めることが大切になります。

そして、少額で「特定の値動きをすると分かれば、こんな風に利食いできるんだ」と身をもって体験します。連続利食いの成功体験です。

そうすれば、特定の値動きを求めて、他の主要通貨ペアで研究したくなるでしょう。

ちなみに、米ドル/香港ドルで取引できるFX業者は、わずかしかありません。その中でも狭いスプレッドを提示するのは、YJFX!です。米ドル/香港ドルで取引するなら、YJFX!でしょう。

方法その2:豪ドル/NZドル

一般的にはマイナー通貨ペアですが、当ブログではメジャー通貨ペアの地位を得ています。豪ドル/NZドルの下値支持線は、強烈に強いです。これを利用した取引です。

下のチャートは、豪ドル/NZドルの年足です。1973年から、豪ドル/NZドル=1.00に下値支持線があります。45年くらい続く、強烈な下値支持線です。

豪ドル/NZドルの長期チャート

よって、豪ドル/NZドル=1.00に近づいたら買って、少しの利幅で利食いです。1.00を下回ったら損切りです。

ただ、実際に豪ドル/NZドル=1.00に近づくといっても、ギリギリまで引っ張ると、トレードチャンスがほとんどありません。そこで、どこかで妥協することになります。

豪ドル/NZドル=1.03~1.04辺りで買うという選択かな、と思います。下のチャートは、マネーパートナーズの週足チャートです。

豪ドル/NZドルのチャート

初心者が勝つ方法を主題にしています。よって、可能なら最低取引数量が小さく、その他の何かメリットがある方が良いです。

総合して考えますと、マネパのnano口座が有力です。100通貨から取引できます。また、口座開設するだけで1,000円もらえます。これを元手資金にできるのが大きいです。

FX初心者向けの口座【マネーパートナーズ】

日本には、数多くのFX業者があります。その中でも、初心者にとって最も良さそうな口座はどれでしょうか。 ゆったり為替の視点で考察します。 FX初心者向けの口座に必要な条件 まず、初心者用の口座にあったら ...

続きを見る

方法その3:長期リピート系注文

このブログで繰り返しご案内している方法です。トラリピを代表とするトレード方法です。

通貨ペアは、長期で狭いレンジになっているものが望ましいです。よって、下の3通貨ペアが有力候補になるでしょう。

  • 豪ドル円
  • NZドル円
  • カナダドル円

そして、過去最低値から一定の範囲内で、買い注文を並べます。この記事を投稿した時点では円高が進んでいますので、ちょうど良いです。注文の範囲を比較的狭くできます。

豪ドル円なら、55円~75円(または80円)くらいのイメージです。下のチャートは、1995年半ば以降です(アイネット証券から引用)。

赤枠は、取引範囲のイメージです。

豪ドル円

75.00円で買い、75.50円で利食い(以下、繰り返し)
74.50円で買い、75.00円で利食い(以下、繰り返し)
74.00円で買い、74.50円で利食い(以下、繰り返し)
・・・

こんな感じで、繰り返しの注文を多数並べます。

なお、利食いを繰り返し、スワップポイントをたくさんもらっても、複利運用しません。守備重視で取引します。

初心者向けですから、とにかく簡単に取引できることが重要です。この視点で見ますと、ループイフダンが有力です。簡単に取引を開始できます。

ループイフダンの始め方【注文方法】

ループイフダンの口座を作ってみたけれど、どうやって始めて良いのか分からない…そんなことがあると思います。 そこで、ループイフダンの注文方法を確認しましょう。 これから口座を開設するよ!という皆様は、下 ...

続きを見る

方法その4:底値で買う

そして4つ目は、トレードの王道「底値で買って、高値で売る」です。初心者であっても玄人であっても、王道でしょう。

米ドル円の超長期チャートを見ますと、90円割れくらいで買えたらいいな、と思います。80円割れなら、なお良しです(DMMFXから引用)。

米ドル円のチャート

そして、レバレッジは2倍以内に抑えます。レバレッジは2倍でなければならない、という意味ではないので、1倍でもOKです。レバレッジは低い方が良いです。

この王道の方法の場合、スワップポイントが顧客に不利でなければ、どのFX業者でもOKというのがメリットです。

ただ、「いつになったら90円割れになるの?」という問題がありますが。

どの方法も忙しくない

以上、初心者が勝つ方法を主題にして、4つ検討しました。どれも忙しくないです。これは、とても重要な点です。瞬間の判断を要する手法だったら、初心者には対応できません。

事前にゆっくりトレードプランを考え、そして、実行できます。

トレードする人によって好みがあるでしょうが、上の4つのプランは、どれも検討に値する良い方法だと思います。

関連記事

-FXで勝つ人と負ける人

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.