長期トレードのメリットとデメリット

ゆったり為替は、週足から月足を使った長期トレードが好みです。しかし、FXサイトを検索すると、長期トレードについて考察したサイトは少ないでしょう。

そこで、長期トレードについて考察していきます。

長期トレードとは

長期トレードという場合、使う人によって期間がかなり異なります。スキャルピングが好きな人の場合、ポジション保有時間が5分と言えば長期と言えるかもしれません。

一方、月足でトレードする場合、ポジション保有期間が1ヵ月だと、短期の部類に入るでしょう。

ゆったり為替は、ポジション保有期間を意識してトレードすることはあまりありません。

しかし、ここで考察する長期トレードという場合、ポジション保有期間はおおむね3ヵ月~1年以上というイメージです。

長期トレードのメリット

このような長期間のトレードになりますと、大きなメリットがあります。それは、「取引開始が数日程度遅れても、問題ないことが多い」ということです。

ゆったり為替は、毎日のようにチャートをみて考える時間があります。しかし、一般的にはそうではないでしょう。

仕事が優先です。忙しかったり、出張があったりして、何日もチャートを見られないという場合は少なくないと思います。

しかし、長期トレードの場合、数日程度の遅れは問題にならないことが多いです。月足トレードの場合は、1ヵ月くらい取引が遅れてもOKな場合が少なくありません。

よって、忙しい人に適したトレードだと言えそうです。

長期トレードのデメリット

上の諸点はメリットですが、それがデメリットになる場合もあります。それは、「取引頻度が高くない」ということです。

デイトレードの場合、1日のうちに何度も取引可能かもしれません。しかし、長期トレードの場合はそうはいきません。取引機会は1か月に1回もないかもしれません。

そこで、取引対象とする通貨ペア数を多くする必要があります。

米ドル/円だけで取引するのも良いですが、それだけだと、取引機会は1年で1回くらいしかないかもしれません。

そこで、もっと取引機会が欲しい場合は、長期トレードに加えて、短期でもトレードをすることになります。長期または短期のいずれかに絞る必要はありません。

長期トレードの特徴

次に、メリット・デメリットに関連して、長期トレードの特徴を考察します。

取引期間が長い

長期トレードというくらいですから、取引開始から終了までの期間は、とても長いです。

週足の場合、取引を開始してから終了するまでに何か月も要するのは、珍しくありません。その間、ずっと為替レートの行方を見守ることになります。

月足の場合は、年単位でポジションを保有することもあります。

保有し続けた末に、利食いできることもあるでしょう。また、損切りになることもあるでしょう。結果がどうなるか。それは分かりません。

取引を開始した時点で、私たちができることは、ほとんどありません。後は、自分で決めたトレードを自分で邪魔しないように、じっと見守るだけです。

この「見守る」という行動ができるかどうか。これが勝敗を分ける要素の一つです。

ただし、この「見守りの技術」は、週足に限ったことではありません。日足、時間足、15分足、どれを取って見ても必要な技術です。これができないと、利食いできても利幅はとても小さくなります。

すなわち、「利小損大」への道を突き進む可能性があります。

為替レートが自分の想定とは異なる動きになっても、何の感情もなく淡々と過ごす。これはとても重要です。

インジケーター不要

月足トレードの場合は特にですが、インジケーター不要というのが特徴です。

というのは、インジケーターとは過去の為替レートを加工することでトレード機会を探すものです。月足だと、1つの足ができるのに1か月もかかります。

インジケーターのシグナルを待っていると、その間に為替レートが遠くに進んでしまうことが珍しくありません。

すなわち、取引できません。

デイトレードだったら、あるトレードチャンスを逃しても、すぐに次の機会を待つという切り替えが可能でしょう。月足の場合は、なかなかそうはいかないかもしれません。待ち時間が長いからです。

そこで、インジケーターを使わないというトレードが多くなります。

ただし、週足の場合は、インジケーターを使っても十分トレードできます。ボリンジャーバンドなどを使って、週足でトレードしても面白いかもしれません。

どのFX口座でもOK

特定のFX口座の機能を使いたいと思えば、そのFX口座で取引する必要があります。

しかし、長期トレードの場合は、どのFX業者を使ってもOKです。特別な機能が必要というわけではないからです。

成行注文、指値注文、逆指値注文、OCO注文。これだけで十分です。これ以上は不要ともいえるので、どのFX口座を使っても問題ありません。

スプレッドも考えなくてOK

FX業者の間ではスプレッド競争が盛んです。米ドル/円に至っては、0.2銭が主流となっています。インターバンク市場のスプレッドよりも狭いという勢いです。

しかし、長期トレードについては、スプレッドは無視してもOKです。

というのは、利食いする場合、500pips、1,000pipsという数字だからです。

利幅が1,000pipsということは、1万通貨の取引でも利幅は10万円になります。長期トレードは、資金力が不十分で大きな数量で取引できない場合でも、比較的大きな利幅を見込めるメリットがあります。

これだけ損益幅が大きいと、スプレッド競争で0.1pipの差を比較するのは意味がありません。誤差にもならないという感じです。

そこで、長期トレードの視点でFX口座を選ぶとき、重要なのは以下の通りになります。

  • 取引システムが使いやすい

取引システムについては、自分で使ってみる必要があります。使いやすいかどうかというのは、自分の感性だからです。

安値で買う

そして、「安値で買って、高値で売る」のは、長期トレードの基本です。しかし、とても難しい基本です。安値がいつなのか分からないからです。

しかし、安値になるときは、意外に簡単に分かります。

  • 暴落したら買う。

暴落ということは、安値になるということです。よって、そこで買えばOKという判断になります。

ここ数年で発生した大きな暴落を振り返りましょう。

2015年1月のユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)

下のチャートは、トライオートFXからの引用です(以下同じ)。青矢印部分で、1.20から0.85くらいまで、わずかな時間で一気に3,500pipsくらい暴落しました。

よって、暴落時に買っておけば、その後の反発でプラスの成績を収められました。

と言っても、ゆったり為替がこの模様を見ていた口座では、スプレッドが500pipsくらいありました。よって、買うのは極めて困難ですが、チャートを見る限りは買うべきだったと言えます。

eurchf-monthly-chart

2016年6月のイギリス国民投票

次に、イギリスの国民投票を確認しましょう。

この時は30円(3,000銭)近く、一気に円高になりました。その後も円高基調が続きましたが、反転して円安になっている様子が分かります。

gbpjpy-weekly-chart-20161213

暴落時はスプレッドがとんでもない大きさになりますし、値動きも尋常ではありません。そこで、証拠金に対して少なすぎるくらいの数量だけ買います。

そして、後はひたすら待ちます。暴落で誰もが恐怖におびえているときに買ったご褒美を、後日もらえるということになります。

では、この方法はいつも有効でしょうか。「いつも」という単語を付けると、はいそうですとは言いづらくなります。

米ドル/円(USD/JPY)

下のチャートは、米ドル/円(USD/JPY)の月足チャートです。矢印部分は2008年のリーマンショックです。2016年の現在から見れば、リーマンショックで買っても正解ということになります。

しかし、リーマンショックが起きたのは2008年です。その後、ダラダラと円高が続き、円安に反転したのは2012年後半のことです。

リーマンショックの時の為替レートを超えて円安になったのは、2013年に入ってからです。

usdjpy-monthly-chart-20161213

この間、「日本はもう終わるんじゃないか?」という閉塞感が日本中を覆っていました。米ドル/円(USD/JPY)=50円台もありうると言われたときもありました。

というわけで、矢印部分で買って正解か?と言われると、少々怪しいかもしれません。

というわけで、暴落で買うときは少しだけにします。暴落で買って損することもあるでしょうが、全体的な傾向としては、買って吉だったことの方が多いです。

長期トレード

新型コロナウイルス後の相場:実勢を反映しているか

2020/5/20  

新型コロナウイルス問題を受けて、世界経済はガタガタです。 各国でお金を国民に支給していますが、お金は湧いて出てくるものではありません。誰が支払うか?と言えば、将来の国民です。 今、しっかりともらう側に ...

長期トレード

スワップポイントの計算と、トレードへの応用

2020/2/7  

スワップポイント目的の取引をする場合はもちろん、そうでない場合も、スワップポイントの数字は多少なりとも気になるものです。 そこで、どのように計算してスワップポイントが作られるか、確認します。 また、ス ...

長期トレード

政策金利とスワップポイントの関係

2020/2/7  

スワップポイント狙いのトレードにとって、各国の政策金利は重要な指標です。 と言いますのは、外国の金利が上昇して日本との差が大きくなれば、その分だけスワップポイントが大きくなると期待できるからです。 こ ...

長期トレード

FXで老後資金の2,000万円を作る

2020/3/24  

少し前の話になりますが、自分で老後資金2,000万円を作りましょうね~という話題がありました。そこで、FXで2,000万円作ることを考えてみます。 比較的じっくり考えますので、長めの文章です。 長期戦 ...

長期トレード

FXの長期運用に適したFX口座

2020/6/3  

当ブログでは、FXを長期運用の視点から眺めることが多いです。その際、どのFX口座を選ぶべきかについて、ほとんど書いていません。 そこで、長期運用に必要な機能を考察しながら、どのFX口座が良いのか検討し ...

長期トレード

月足チャートの値動きは鈍くなる一方

2019/5/3  

メールボックスを確認したら、長期リピート系注文の約定通知がありました。あまりに久しぶりなので、トレードしていることも忘れていました。 というわけで、この記事投稿後に、リアルトレードの成績を更新します。 ...

長期トレード

月足の長期トレード「安値で買って高値で売る」

2019/4/4  

投資の基本は、「安値で買って高値で売る」です。FXの場合は、スワップポイントの関係もあって「高値で売って安値で買い戻す」も基本形とみなせるでしょう。 では、ゆったり為替流の超長期トレードにおいて、安値 ...

長期トレード

長期保有する場合のスワップポイント比較

2020/2/10  

FXで長期保有する場合、スワップポイントの蓄積額が重要になります。 そこで、FX業者ごとの、スワップポイントの大きさを比較しましょう。スワップポイントが大きいFX業者で取引した方が有利です。 長期保有 ...

長期トレード

長期保有のレバレッジは何倍にすべきか

2019/2/14  

別記事「FXで長期保有するコツ」で、スワップポイント狙いの概要を確認しました。 では、具体的に、レバレッジは何倍くらいが適切でしょうか。レバレッジに絞って考察します。 レバレッジが大切な理由 レバレッ ...

長期トレード

FXで長期保有するコツ

2019/10/13  

投資の世界で長期保有といえば、株式が一般的でしょう。しかし、FXでも可能です。そこで、FXで長期保有するときのコツを考察します。 長期保有の損益状況 FXで長期保有する場合、損益状況がどうなるかについ ...

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2020 All Rights Reserved.