岡三オンライン証券の口座開設キャンペーン(取引不要で3,000円)

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券のキャッシュバックキャンペーンを実施しています【当ブログ限定】。

くりっく株365口座を作り、5万円以上を入金するだけで、3,000円もらえます。取引不要ですから、リスクはありません。

もちろん、通常のキャンペーンも対象になります。よって、2つの特典を同時に獲得できるのでお得です。通常のキャンペーンにつきましては、この記事の下部でご案内しています。

当ブログ限定キャンペーンの注意事項

キャッシュバックを確実にもらうために、注意事項を確認しましょう。

  • 口座開設時に、キャンペーンコードを入力します。

下の緑色のバナー「岡三オンライン証券 口座開設」をクリックしますと、キャンペーンコードを取得できます。

住所等を入力する際に、「キャンペーンコードを入力」という欄がありますので、そこにキャンペーンコードをコピペで転記してください。

口座開設でキャッシュバックをもらう方法

1.下のバナーをクリックして、公式サイトに移動します。

岡三オンライン証券 口座開設

2. 下の画面が大きく出てきます。「キャンペーンコードを発行する」部分をクリックします。

岡三オンライン証券

3. メールアドレスの入力欄に移動します。そこにメールアドレスを入力して、「送信」をクリックします。

岡三オンライン証券

4. 入力したメールアドレスに、キャンペーンコードが送られます。また、下の画像が出てきます。「口座開設に進む」をクリックします。

岡三オンライン証券

5. 下の画像で、「岡三オンライン株365(取引所CFD)口座」にチェックし、「口座開設申込みフォーム」をクリックします。

岡三オンライン証券

6. 以下、指示に従って必要事項を入力し、口座を開設します。キャンペーンコードは、最初に登録したメールアドレスに届きます。

下の画像は、住所等を入力する画面の一部です。「キャンペーンコードの入力」と大きく書いてありますので、見落とさずに済みます。

岡三オンライン証券

スマホ画面の場合は、以下の通りとなります(赤枠部分)。

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券の通常キャンペーン

ここでは、当ブログ限定キャンペーン以外の、通常キャンペーンをご案内します。当ブログ限定キャンペーンとあわせてご利用ください。

くりっく365

岡三オンライン証券では、くりっく365のキャンペーンが2種類あります。

岡三オンライン証券くりっく365

1つは、口座開設キャンペーンです。口座開設月の翌月末までに、以下の数量の新規取引をすると、キャッシュバックがもらえます。

1枚は、1万通貨です。南アランド/円など、為替レート水準が小さい一部の通貨ペアは、1枚=10万通貨です。

新規取引枚数キャッシュバック
5枚~9枚500円
10枚~29枚1,000円
30枚~49枚3,000円
50枚~99枚5,000円
100枚~299枚10,000円
300枚~499枚30,000円
500枚以上50,000円

なお、くりっく365ラージを取引する場合は、1枚を10枚として計算します。

キャンペーン期間は、2020年4月1日~です。キャッシュバックが入金されるのは、口座開設月の翌々月の下旬になります。

くりっく株365

くりっく株365の新規口座開設キャンペーンです。当ブログ限定キャンペーンとあわせて利用できます。

岡三オンライン証券くりっく株365

口座開設月の翌月末までに、以下の数量の新規取引をすると、キャッシュバックがもらえます。

1枚は、日経平均株価の100倍です。日経平均株価が2万円なら、1枚は200万円になります。

新規取引枚数キャッシュバック
5枚~9枚500円
10枚~29枚1,000円
30枚~49枚3,000円
50枚~99枚5,000円
100枚~299枚10,000円
300枚~499枚30,000円
500枚以上50,000円

キャンペーン期間は、2020年4月1日~です。キャッシュバックが入金されるのは、口座開設月の翌々月の下旬になります。

岡三RSS

くりっく株365は、くりっく365の株式版です。すなわち、どの会社で取引しても同じ商品を売買できます。よって、会社ごとの差が分かりづらいです。

売買手数料は分かりやすいでしょう。極限まで手数料を削って競争しています。岡三オンライン証券もその一つです。

岡三オンライン証券だけの独自性といえば、岡三RSSです。岡三RSSを平たく書くと、エクセルです。エクセルを使って、様々なことができます。

  • ヒストリカルデータのダウンロード
  • バックテスト
  • 発注
  • 自動売買 など

自動売買ができるのが、大きな特徴です。高価なツールを導入しなくても、エクセル(岡三RSS)で実行できます。

事務職などで、普段からエクセルを使う人は少なくないでしょう。そういうときは、使い慣れたツールで売買すると、ストレスを感じなくて済むかもしれません。

FX手法を株式に応用

岡三オンライン証券では、株式投資もできます。「自分はFXが好きだから、日本株はどうでもいい」という考え方も、もちろんOKです。

しかし、株式の手法や考え方をFXに応用したり、その逆に、FXの手法を株式に導入すると、思いがけず良いことが見つかるかもしれません。

ここで、みずほフィナンシャルグループ(8411)を見てみましょう。

下のチャートは、2011年1月から、毎月の終値をつなげたものです。値動きが特徴的です。すなわち、一定の範囲で上下動を続けているということです。

まさに、リピート系注文にぴったりなのでは?と予想できます。

みずほ-1

上のチャートに、枠を2つ追加しました(下のチャート)。赤枠の範囲でリピート系注文しても良いですし、青枠部分でも良いでしょう。

みずほ-2

青枠部分で取引する場合、2011年から2012年前半の値動きが再現したら困るかもしれません。この場合は、損切りするか、配当狙いに切り替えます。

2011年~2012年初めは、日本は沈没するのでは?と思えるほどに経済状況が悪い時期でした。その時期の最低の株価が100円(終値)なので、この株価が大底の目途になりそうです。

もちろん、みずほフィナンシャルグループが経営破綻すれば、株価は0円になります。しかし、みずほフィナンシャルグループが経営破綻したら、日本沈没が実現しそうな状況でしょう。

この意味で、他の上場企業よりも、生き残る確率は高いと期待できます。株価は200円前後なので、2万円から取引可能ということになります。

こう考えると、みずほフィナンシャルグループの株式は、リピート系注文に適しているだろうと思います。

逆に、株式でよく使われる方法、知る人ぞ知る方法を、FXに応用することもできるでしょう。

 

関連記事一覧

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券訪問記

2020/5/22  

ゆったり為替は岡三オンライン証券の「岡三RSS」を絶賛勉強中です。 勉強を進めるうちにウェブ情報だけでは満足できなくなり、岡三オンライン証券にインタビューに行ってきました! 最初に、岡三オンライン証券 ...

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2020 All Rights Reserved.