ヒロセ通商(LION FX)

ヒロセ通商【LION FX】の時間指定注文とは?

投稿日:2015年10月15日 更新日:

時間指定注文は、使い方によっては便利な機能です。しかし、ウェブサイトを検索しても、詳細には紹介されていないように思います。

そこで、注文の意図から実際に使用する場面の紹介まで、シリーズ化してお届けします。

時間指定注文とは

時間指定注文とは、特定の時刻に約定するよう、あらかじめ発注しておく注文方法です。これを細かく分類すると、全部で3つになります。

時間指定注文を実行できる会社は、わずかです。今回は、ヒロセ通商(LION FX)を例にして概要を確認します。

また、以下の3つの取引は、トレード開始時でも決済時でも実行可能です。

時間指定成行注文

特定の時刻になったら、買いまたは売りの取引を実行するという注文です。下の画像の意味は、以下の通りです(ヒロセ通商からの引用。以下同じです)。

  • 現在は20時です。
  • 翌日午前4時に成行注文をしたいと考えました。
  • そこで、翌日午前4時に成行注文するという発注を、「今」します。
  • 午前4時になったら、実際に発注されます。

201510時間指定成行

この説明を初めて読んだとき、正直なところ「こんな注文を使おうという人はいるのか?」と思いました。当時のゆったり為替には、時間指定でトレードするという概念がなかったためです。

しかし、ゆっくり考えてみると、使える場面がありそうです。時間指定成行注文の使い方を、別記事で考察します。

時間指定成行注文の使い方

時間指定注文をいかに使うかを検討するシリーズです。今回は、「時間指定成行注文」のトレード例を検討しましょう。 イベント発生時刻前に取引を「成行で開始する」とき 例えば、こんな例を考えてみましょう。 本 ...

続きを見る

時間指定指値注文

時間指定指値注文は、時間指定成行注文と指値注文を同時に発注できる便利機能です。下の画像をご覧ください。

201510時間指定指値

ただ今、買いでポジションを持っています。そして、101円で指値注文(決済注文)を出しています。しかし、指値まで為替レートが届かないというのは、日常茶飯事です。

為替レートが指値に届かなければ、取引は成立しません。取引が成立しなければ困る、という状態だと想定しましょう。

この場合、指定時刻に成行注文を執行するという注文(時間指定指値注文)を発注します。特定の時刻になり、成行注文が執行されると、指値注文は自動でキャンセルされます。

同様に、指定時刻前に指値に到達すると、指値注文が執行され、成行注文は自動でキャンセルされます。

なお、指値注文が成立しない場合に成行でトレードしないと困る、そんな場面があるのか?については、別記事で考察します。

時間指定指値注文の使い方

時間指定注文を深く分析して、トレードに活用しようというシリーズです。 今回は、時間指定指値注文を確認しましょう。時間指定成行注文よりも応用範囲が広いだろうと思います。 時間指定指値で取引を「開始する」 ...

続きを見る

時間指定逆指値注文

時間指定逆指値注文は、時間指定指値注文と似ていますので理解しやすいでしょう。下の画像をご覧ください。

時間指定逆指値

99円で逆指値注文を出しています。為替レートが99円に到達しないまま時間が過ぎる場合は、午前4時に成行注文を執行するという注文を発注しました。

逆指値注文が成立する場合は、成行注文は自動でキャンセルされます。同様に、成行注文が執行される場合は、逆指値注文は自動でキャンセルされます。

ゆったり為替は、以上3つの説明を読んで、時間指定逆指値が最も使いやすそうだと直感的に思いました。

ポジションを持っていて、損失を限定的にするために逆指値を出しておくけれども、いつまでもポジションを持ちたくないから特定の時刻に成行決済・・・という具合です。

実際には、上の3つともそれぞれ有用な場面があります。そこで、別記事で確認していきましょう。

時間指定逆指値注文の使い方

時間指定注文を深く分析して、トレードに活用しようというシリーズです。 今回は、時間指定逆指値注文を確認しましょう。時間指定注文には、成行注文に加えて「指値注文」と「逆指値注文」の2種類があります。使い ...

続きを見る

時間指定注文の注意事項

以上の通り、時間指定注文は興味深い特徴を持っています。しかし、注意事項もありますので、確認しましょう。

時間指定注文を使えない時間帯がある

FXは、基本的に土曜日・日曜日を除く24時間のトレードが可能です。しかし、時間指定注文で指定できない時間帯があります。指定できない時間は通貨ペアごとに決められています。

例えば、米ドル/円について、以下の通りです。

時間指定取引ができない時間帯(米ドル/円)
月曜日: 0:00~07:30
火曜日~金曜日: 5:30~7:30
土曜日: 04:00~23:59
日曜日: 終日

土曜日や日曜日を指定できないのは当然として、通常取引が可能な時間でも指定できないことがあります。例えば、上の例ですと月曜日の07:00~07:30の時間帯です。

この理由ですが、スプレッドが安定しないためだろうと予想できます。

早朝時間帯は取引が薄いため、スプレッドが広くなることがあります。すると、時間指定注文で意図通りの時刻に取引が成立しても、スプレッドが予想外に大きく損害を被ってしまうかもしれません。

これは、ユーザーにとってもヒロセ通商(LION FX)にとっても、不本意な状況でしょう。これを避けるために、上記の時間帯の指定を不可にしているのだろうと思います。

日足で取引する際、決済時刻は始値や終値の時刻としたい場合があるかもしれません。

しかし、上述のとおり、その時間に決済することができません。このため、日足始値を指定したい場合は、午前7時30分~午前8時00分あたりで取引することになるでしょう。

マイナー通貨ペアの場合

ヒロセ通商で取引可能な通貨ペア数は、50にも及びます。すなわち、マイナー通貨ペアも多数含まれます。

マイナー通貨ペアを取引する際に、特に留意すべき事項は以下の通りです。ヒロセ通商(LION FX)のホームページからの引用です。

指定した時間にレート配信がない場合は、レート配信再開時の市場価格で約定します。

※時間指値は指定した時間になれば成行になります。そのため指定した時間の流動性が低くなっている場合(特にマイナー通貨において)は注文が成立しない場合がありますのでご注意ください。

この問題は、時間指定注文をしていなくても同様です。マイナー通貨ペアは、その名前の通りマイナーです。世界中で取引されているとはいえ、取引が極端に少ない瞬間があるでしょう。

特に、早朝の時間帯や世界経済の大混乱期が想定されます。

インターバンク市場でレート配信がない瞬間に時間指定注文が発動されても、約定できないということになります。

この場合は、レート配信が再開されたときのレートで約定することになります。

マイナー通貨ペアで時間指定取引を使う場合、この点に留意しましょう。ゆったり為替ならば、時間指定注文はメジャー通貨ペアまたはそれに準じる通貨ペアで利用したいです。

ヒロセ通商の特徴

ヒロセ通商(LION FX)では、時間指定に関する3注文(時間指定成行、時間指定指値、時間指定逆指値)を50通貨ペアで使用することが可能です。

また、下の特徴を持っています。

  • スキャルピング歓迎
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 高金利通貨ペアのスワップポイントが大きい

スキャルピング歓迎のFX業者は、数が少ないです。取引可能な通貨ペア数も多いですし、ヒロセ通商は有力な選択肢になるでしょう。

ヒロセ通商 口座開設

関連記事

-ヒロセ通商(LION FX)

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.