トラリピ

トラリピの口座開設方法

トラリピ

当ブログでは、トラリピで長期的に生き残る(そして資産を増やす)方法を、正面から考察しています。

その結果、トラリピをしてみよう!と決めたとします。そこで、口座開設方法を確認しましょう。

トラリピのM2J(マネースクエア):口座開設方法

口座開設手順は、全く難しくありません。下の解説を参考にしながら、手続きを進めていきましょう。

留意点:先に準備した方が良いもの

本人確認をするために、証明書の写しを提出します。最も簡単な選択肢2つをご案内します。

本人確認書類

  • マイナンバーカード
  • 通知カード+運転免許証(またはパスポート)

マイナンバーカードがあれば、その他の書類等は不要です。これが最も簡単な方法です。

マイナンバーカードを受け取るための「通知カード」を使う場合、運転免許証またはパスポートも併せて提出する必要があります。

銀行口座情報

また、口座開設時に、銀行口座情報も登録します。キャッシュカード(または預金通帳)を手元に置きましょう。

では、準備できたところで、口座開設手続きに進みましょう。

手順1:M2Jホームページに移動

口座開設するには、マネースクエアのホームページに移動します

手順2:口座開設ページに移動

公式ホームページに移動後、少し下にスクロールしますと、赤いバナーで「口座開設はこちら」という部分が見つかります。そこをクリックします。

トラリピの口座開設

すると、必要な手続きの説明ページに来ます。下の3つのステップがあります。

  • 口座開設申込(氏名等の入力)
  • 本人確認書類の提出
  • 口座開設完了の郵便を受け取って、取引開始

オレンジ色の「FX個人口座開設」をクリックします。

トラリピ

手順3:氏名等を入力

このページで、氏名等を入力します。急ぐ必要は全くありませんので、一つずつ確実に入力しましょう。

(間違えて申請すると、マネースクエアから確認メールが届いて時間がかかってしまいます。ゆっくりと、確実にいきましょう。)

トラリピ

この氏名等を入力する部分で、注意すべき点がいくつかあります。確認しましょう。

年収

年収を申告します。選択肢は、下の通りです。意外に多いです。

  • なし
  • 50万円未満
  • 50万から100万円未満
  • 100万から300万円未満
  • 300万から500万円未満
  • 500万から1,000万円未満
  • 1,000万から3,000万円未満
  • 3,000万から5,000万円未満
  • 5,000万から1億円未満
  • 1億円以上

トラリピを運営するマネースクエアの視点に立って考えますと、注意したいのは「なし」や「50万円未満」といった選択肢です。

専業主婦だったら、「なし」でも通常だろうと思います。

そうでないなら、収入が少ないと口座開設できないかもしれません。と言いますのは、FXは相場なので、資産が増える可能性もあれば、減る可能性もあります。

トラリピで資産が増える場合、何の問題もありません。顧客もマネースクエアも、両方ともハッピーです。

逆に、トラリピでドカンと資産を減らす場合が問題です。収入が多ければ、何とかなるでしょう。しかし、収入が少ないと、そこからの復活は大変かもしれません。

そう考えると、マネースクエアとしては、口座開設をOKすべきかどうか、考えてしまうかもしれません。ウソのない範囲で、最大の数字を申告したいです。

なお、所得証明書の提出は不要です。

金融資産

金融資産も申告しますが、こちらも選択肢が多いです。年収と同じ選択肢が並んでいます。

仮に、年収が少ないとしても、金融資産が多ければ、口座開設できるのでは?と予想できます。

一方で、年収も金融資産も少ない(例えば、両方とも50万円未満)だと、口座開設できるかどうか…という感じがします。

こちらも、嘘のない範囲で最大の数字を申告するのが、良さそうです。

資金の性格

どんな性格の資金を使ってトラリピをしますか?という質問です。選択肢は以下の通りです。

  • 余裕資金
  • 使途の確定している資金
  • 借入金
  • 相続金
  • 退職金
  • その他

トラリピの口座開設であるかどうかに関わらず、「これはダメでしょ!」という選択肢が2つあります。

「使途の確定している資金」と「借入金」です。

FXは、資産が増える可能性がありますが、損する可能性もあります。損する可能性を考えると、使途の確定している資金や借入金を使うのは厳しいです。

この選択肢を選ぶと、口座開設させてもらえないのでは?と予想できます。

投資のご経験

投資経験の入力欄「ある」「ない」については、投資経験がなければ「ない」で構わないと思います。

ここが「ある」の場合だけ口座を作れるとすると、初心者は全員口座を作れなくて、マネースクエアはビジネスができなくなってしまうかもしれません。

誰もが、最初は初心者です。

こうして、すべての項目に入力したら、入力情報を確認します。そして、下のオレンジ部分「申し込む」をクリックします。

トラリピ

その後、本人確認書類(マイナンバーカードなど)をアップロードすれば、口座開設申込完了です。

あとは、口座開設完了の郵便が届くのを待ちましょう。

口座開設基準

最後に、口座開設基準について確認しましょう。マネースクエアのホームページを見ますと、口座開設基準は非公開だと書いてあります。

しかし、口座開設できない例が、いくつか明示されています。

  • 未成年
  • 海外居住者(日本国籍でもダメ)
  • 80歳以上

なぜ海外居住者はダメなんだ!と主張しても、そういうルールだから仕方ありません。海外居住者でも口座開設可能なFX業者で、口座開設することになります。

その他、サービスの性質上、これに該当したら当然ダメでしょう…という条件もありそうです。

  • インターネットで発注できる環境にない
  • 自分名義の銀行口座を持っていない
  • 文字通りお金がない
  • FXのルールを全く知らない

極端な例ではありますが、電話で発注したい場合は、電話を受け入れてくれるFX業者で口座を作ることになります。

関連記事 リスク・失敗パターン 長期運用 通貨ペア分析 リピート系FXの比較

【ads and articles】

-トラリピ

© 2020 FXゆったりトレード派