トラリピ

トラリピの決済トレールで、大きな利食いを狙う

トラリピは、放っておいても利食いを繰り返してくれるのがメリットです。しかし、デメリットもあります。

そのデメリットを確認したうえで、決済トレールの有効性を見ていきましょう。

決済トレールがない(通常の)場合

デメリットとは、例えば、以下の場合です。

  • 買いのトラリピをしているときに、相場が急上昇
  • 売りのトラリピをしているときに、相場が急降下

本当は大きな利食いを狙えるのに、実際に得られるのは一定額です。下の図は、これをイメージしたものです。青の曲線は為替レートの動きです。

トラリピ

一番左の「買い」で、ポジションを持ちました。そして、「利食い」の位置で決済します。

これで、トラリピは成功です。しかし、その後も、為替レートは上昇し続けたとします。この場合、右端部分で決済できればいいな…と感じます。

トラリピは、一定の含み益ができた時点で利食いします。そういうシステムですから、これは仕方ありません。

トラリピに限らず、この問題はどのリピート系FXにも存在します。また、利食いできたのでOKと考えます。

しかし、大きな利食いが欲しいです。

決済トレールとは

この問題を解決するツールがあります。「決済トレール」です。

決済トレールとは、トラリピにおいて、含み益が増える方向に為替レートが進むとき、利食い決済の位置を自動で移動して利幅を大きくするシステムです。

トラリピで注文する際に、選択できます。仕組みは、以下の通りです。買い注文の場合で考察します。

為替レートが上昇するとき

決済トレール

上の絵の1で買ったとします。そして、通常は2で決済しますが、決済しません。

為替レートが2よりも20銭高い3になったら、2の位置で、決済注文が逆指値で発注されます。さらに、為替レートが3から4に上昇したら、逆指値注文は2から3に移動します。

すなわち、利食いの大きさが20銭大きくなります。

さらに為替レートが20銭上昇したら、決済注文も20銭上昇します。以下、繰り返しです。この注文のメリットは、円安局面で利食い額を大きく伸ばせることです。

為替レートの上昇が止まるとき

そして下図のように、為替レートが5に到達する前に反落するとします。この時点で、決済注文は2の位置でなく、3の位置に上昇しています。

よって、3で決済します。2のレートで決済するよりも、有利に終了できました。そして、再び1の為替レートで買い注文を出します。

決済トレールを使うと、為替レートが大きく動く場面で有利にトレードできます。

決済トレール

デメリット

では、この決済トレールに弱点はあるでしょうか。あります。以下の場合です。

決済トレール

為替レートが3まで進んだら、2で逆指値注文を発注します。しかし、3まで行かないで1~2を往復するときです。

この場合、決済トレールを使っていると、決済注文がありません。すなわち、利食いできません。通常のトラリピならば、利食いを繰り返します。

具体的に、チャートで確認してみましょう。豪ドル/円の日足です(マネースクエアから引用)。

豪ドル/円の日足チャート

3か月間を表示していますが、比較的狭い範囲で動いていることが分かります。縦軸の1メモリは50銭です。

このような動きの場合は、通常の利食い決済の方が効果的でしょう。

デメリットの回避方法

このデメリットを回避するには、通常のトラリピと混ぜて発注すればOKです。

例えば、通常のトラリピ注文を8割、決済トレールを2割にします。そして、円高の範囲の注文は決済トレール注文を多めにします。逆に、円安水準の注文は、通常のトラリピを多くします。

というのは、決済トレール注文は、大きく円安になるときに効果を発揮するからです(買いの場合)。

豪ドル/円の月足チャートで確認しましょう。

豪ドル/円のチャート

1992年からのチャートです。55円から108円の範囲で動いていることが分かります。

仮に、為替レートが105円のときに、決済トレールを使うとしましょう。今後の豪ドル/円の値動きは不明ですが、今までと同じような範囲で動くとします。

この場合、決済トレールを使っても、大きな利食いは難しそうです。なぜなら、上のチャートの範囲では、円安の上限は108円だからです。

逆に、円高の位置で使えば、大きな利幅を期待できると分かります。

よって、決済トレールは、円高の部分で多く使うのが良いと分かります。

2009年以降のチャート

上のチャートでは、為替レートの範囲が広すぎて良く分からないかもしれません。そこで、もう少し表示範囲を狭くしてみましょう。2009年以降の値動きです。

豪ドル/円のチャート

左端は、2008年のリーマンショック後安値(55円くらい)です。その後、72円くらいにサポートラインができました。

10年くらいに渡って機能しましたので、大変な長期です。

しかし、チャート右側にある矢印部分で、一気の円高&円安が実現しています。新型コロナウイルス問題を契機とした値動きです。

2020年の値動き

赤矢印部分を、日足チャートで拡大してみましょう。下の通りです。日足ですが、縦軸の目盛りは250銭(2.5円)です。

大変な動きだったことが分かります。

豪ドル/円のチャート

このような値動きで、通常のトラリピ(50銭~100銭くらい?)の利幅で利食いするのは、少々もったいないかもしれません。

こういう時に、決済トレールが大活躍します。

問題があるとすれば、「大きな値動きになるのはいつなのか、誰にも分からない」という点です。

そこで、先ほどご案内しました通り、円安部分では通常の利食いで決済し、円高部分で決済トレールを使う案が出てきます。

狭い範囲のトラリピでは使わない方が良さそう

以上の考察から、決済トレールを使えそうな相場が見えてきました。

  • 大きな範囲で取引する場合で、
  • 円高部分で買うとき
  • 円安部分で売るとき

ということは、比較的狭い範囲でトラリピをする場合は、決済トレールは使わない方が良いのでは?と想定できます。

取引範囲が狭いので、大きな円安・大きな円高を想定していません。その状況で、大きく動いたら有利な決済トレールを採用しても、利食いできるかどうか分かりません。

取引範囲が広い場合に使う手法だと言えそうです。

留意事項

次に、留意事項を確認しましょう。

決済トレールは、20銭ごと

上の解説では、逆指値決済の発注や移動は「20銭」を基準に書いています。

この20銭という数字は、トラリピで固定された数字です。10銭や50銭などに変更できません。

正確には、成行注文

上の説明では、分かりやすさ重視で逆指値注文という表現を使っています。実際には逆指値注文でなく、「決済予定価格を下回ったら成行で決済」です。

逆指値注文とほぼ同じイメージで考察可能ですが、スリッページが発生する可能性があります。

これらの留意事項がありますが、値動きが大きいときにメリットがある取引です。相場状況を考えながら、決済トレールで取引しましょう。

注文方法

決済トレールの注文方法を確認しましょう。いたって簡単です。下は、トラリピの注文画面です。

トラリピ発注画面

下から2番目の「決済トレール」をクリックするだけです。有効になると、左側のチェックボックスが青くなります。上の画像は、有効にした状態です。

右側に、(トレール値幅0.200円)とあります。これは、20銭ごとにトレールしますよ、という意味になります。

通常のトラリピと決済トレールを混ぜる

最後に、通常のトラリピと決済トレールを混ぜて発注する方法を、確認しましょう。例えば、以下の通りです。

50銭ごとに買い注文を出しています。そして、通常のトラリピと決済トレールが、交互になっています。

  • 110.00円(通常)
  • 109.50円(決済トレール)
  • 109.00円(通常)
  • 108.50円(決済トレール)
  • 108.00円(通常)
  • 以下続く

この注文は、以下のように2分割すると楽です。

通常のトラリピ

  • 110.00円
  • 109.00円
  • 108.00円

決済トレール

  • 109.50円
  • 108.50円
  • 107.50円

発注したら、後は利食いするのを待ちます。

通常、相場の大波乱は困ります。しかし、決済トレールがあると、大波乱が待ち遠しくなるかもしれません。

トラリピのM2J 口座開設

関連記事 リスク・失敗パターン 長期運用 通貨ペア分析 リピート系FXの比較

【ads and articles】

-トラリピ

© 2020 FXゆったりトレード派