USD(米ドル)

今後の米ドル/円(USD/JPY)はどうなる?ゆったり為替の見通し

投稿日:

神主ネコ最近は相場分析記事を全く掲載していないゆったり為替ですが、毎日チャートを見ています。

ただし、ゆったり為替には面白くない相場が続いています。そこで、米ドル/円(USD/JPY)について今どのように考えているのかご紹介します。

週足チャート

米ドル/円(USD/JPY)の週足チャートをご覧ください。トライオートFXからの引用です。

usdjpy-weekly-chart-20161003

どこからどう見ても、円高トレンドにしか見えません。では、このまま円高が続くのかどうか、日足チャートで確認してみましょう。

 

日足チャート

下のチャートは日足です。赤線で補助線を引きました。見事にきれいなペナントが出来上がっていることが分かります。

usdjpy-daily-chart-20161003

そして、下値支持線はちょうど100円くらいです。心理的な節目でもあり、かなり強力な支持線だと思います。

しかし、週足チャートを見ると、明らかに円高トレンドです。「今後、円高と円安でどちらの可能性が高いと思う?」と質問されれば、「分からない」が答えなのですが、あえて回答するならば円高の可能性の方が高いように見えます。

では、円高になる場合の目途は?ですが、ゆったり為替の計算方法ですと、95円になっても驚きません。ありうるな、という感じです。

 

ゆったり為替の長期見通しでは、そろそろ円安転換だったのでは?

ゆったり為替の長期見通しを振り返りますと、以下の通りです。

「米国が政策金利を引き上げ始めたら、円高に転じる。そして、半年~1年くらいしたら円高終了で再び円安になる。」

米国が政策金利を引き上げ始めたのは2015年12月でした。そこから見事に円高に転じました。正解。そして、現在は円高トレンドにあります。ゆったり為替の見通しですと、来年始めくらいまでには再び円安トレンドになると読んでいます。

しかし、この予想の前提にあるのは、「米国の政策金利が引き上げトレンドにある」ということです。今は引上げ過程にありますが、遅々として進みません。

12月に引き上げられるかも?と市場は予想しているようですが、仮に引き上げられても年1回にしかなりません。今年初めの時点では、年4回の引き上げが予想されていました。4回から1回に減ってしまいました。よって、ゆったり為替の見通しに修正が必要になるかもしれません。

しかし、まだ修正していません。来年のはじめまでに円安転換という見通しを維持します。

→ カテゴリー「米ドル

-USD(米ドル)

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.