トレーダーの日常生活

やっと夏時間になる~。ちょっと安心。

投稿日:

086247-2長かった標準時間がようやく終わり、来週3月14日から夏時間が始まります。ゆったり為替は夏時間の方が好きです。

その理由をご紹介します。

夏時間とは

簡潔に確認しておきましょう。FX業者によっては異なりますが、多くの場合、米国東部(ニューヨークを含む地域)時間が夏時間になると、時計の針を1時間早く進めます。標準時間になると、再び1時間戻します。

標準時間: 11月~3月
夏時間: 3月~11月

夏は太陽が出ている時間が長いので、時計を早く進めて効果的に時間を使いましょうというのが夏時間です。よって、日本でもFX業者の営業日の切り替わりが午前7時から午前6時になります。

ゆったり為替が夏時間を好む理由

ゆったり為替が夏時間を好む理由は、生活習慣にあります。過去記事で生活リズムを紹介しましたが、基本的に変わっていません。
→ ゆったり為替の日常生活(2014年11月)

起床時刻: 5時15分~5時45分ごろ
情報収集: 起床後、営業日が変わるくらいまでの時間
トレード: 営業日が変わるあたり(冬時間の場合:午前7時台~8時くらいまで)
その後: 自由時間
就寝時刻: 21時30分ごろ

夏時間になれば、トレード実行時刻が1時間ほど早くなります。すなわち、自由時間が1日あたり1時間増えることになります。これが大きいです。

また、ゆったり為替は、米雇用統計発表時の米ドル/円(USD/JPY)の値動きを眺めるのが好きです。冬時間だと発表時刻が22時30分なので、眠いです。夏時間だったら21時30分なので問題ありません。

トレード後は自由時間です。よって、働くのは早朝の短い時間だけです。・・・は昔の話。現在は、ひたすら文章を書いています。その文章を書くためのデータ集めもしています。よって、1日の多くをパソコンの前で過ごしています。

それでは健康に良くないので、日中に走ったり散歩したり。朝からお酒を飲んでもOK。高校野球のシーズンには、朝から夏の大会の予選を観に行ったりします。

不安定な収入を受け入れた対価としての自由です。

→ ゆったり為替の日常生活(2014年11月)
→ 専業トレーダーで良かったこと悪かったこと
→ FX専業トレーダーの心理とは?実際はこんなものです。

-トレーダーの日常生活

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.