デイトレード

デイトレードで勝ち組になる【タケルFXスクール】

投稿日:2018年12月25日 更新日:

当ブログでは、FX口座を紹介することはあっても、FXスクールを紹介したことはありません。と言いますのは、次の2点が厳しいからです。

  • 法制度の順守
  • 受講生が実際に勝てるようになるか

FXスクールに必要なもの

FXスクールに必要なことは、何でしょうか。一般的には、「授業を受ければ勝てるようになるか」だと思います。ゆったり為替は、もう一つ、重視しています。

それは、法制度を順守しているか?です。

投資助言・代理業登録

FXスクールを運営し、トレードについて自由に発言するには、金融庁に「投資助言・代理業」の登録をしなければなりません。これがないと違法です。

しかし、投資助言・代理業登録をしているFXスクールは、極めて少ないです。予想ですが、各スクールは、法律違反にならないように工夫しているのだろうと思います。

すなわち、工夫している部分については、自由にFXの発言ができないということです。それだと、ブログで紹介しづらいよねえ…と考えています。

では、登録すればいいのでは?という話ですが、登録するのは大変難しいです。今から新規で登録できるか不明です。完璧に資料を整えても、少なくとも1年はかかるのでは?と思います。

また、供託金として、500万円を納める必要もあります。

受講生の成績

そして、受講生はFXで勝てるようになっているか?が重要です。

「勝つ」の定義が難しいですが、ゆったり為替は「毎年、継続的に1円以上稼げる」という定義にしています。

FXに投入できる資金量は、個人ごとに異なります。資金量が少ないと、どうしても利益は小さくなります。しかし、利益が小さくても、継続すれば大きな利益となるでしょう。

この条件で情報収集していたところ、法制度の順守と受講生の成績、この2つを同時に満たすFXスクールを見つけました。

実は怪しいFXスクールでした!となったらマズいので、何度かそのFXスクールを訪問し、講師の先生方や代表者と意見交換を繰り返しました。

結果、合法かつ本物のFXスクールだと思います。

タケルFXスクール

そのスクールの名前は、「タケルFXスクール」といいます。投資助言・代理業登録しています。そして、「受講生の6割が勝てるようになる」という実績を誇ります。

FXの世界では、個人投資家の9割が損すると言われています。フランス政府による実証データ検証でも、裏付けられています。

FXで負けるトレーダーの割合が判明!

FXで勝っている人の割合、負けている人の割合。この数字はFX各社のトップシークレットに近いデータだと思います。 よって、私たちに具体的な数字が出てくることはないと思っていたのですが、その数字が分かりま ...

続きを見る

全体の9割が負けるとはすなわち、下の円グラフの通りです。オレンジ色部分の人は、全員損しています。円グラフで見ると、9割という数字の大きさが良く分かります。

負ける個人投資家の割合

一方、タケルFXスクールでは、6割が勝てるようになるそうです。それを円グラフにしますと、下の通りです。

勝つ個人投資家の割合

上の円グラフと比較してみてください。

タケルFXスクールで授業を受ける価値があることは、このグラフから明らかです。ただし、このグラフだけで決めるのはリスクがあります。

そこで、もう少し詳しく確認しましょう。

「6割が勝つ」の意味は?

受講生の6割が勝てるようになるという場合、「勝つ」とはどういう意味でしょうか。極めて重要です。

これは、「認定FXトレーダー(若葉マーク付)」に合格した人数を言います。

認定FXトレーダー(若葉マーク付)に合格するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • デモトレードで、6週間連続プラスの成績
  • その後、リアルトレードで1か月プラスの成績

ここで、タケルFXスクールのトレード手法を確認しながら、上の2点の意味を確認しましょう。

タケルFXスクールのトレード手法

タケルFXスクールのトレード手法は「デイトレード」です。よって、1日に何度でも取引できます。

手法自体も難しくありません。むしろ、簡単です。このため、1回のトレードで必要な時間は、わずか3分です。スマホで取引可能なので、電車内でもトレードできます。

タケルFXスクールでは、1日3回トレードすることを基準にしています。すなわち、3分×3回=9分です。繰り上げて10分。1日10分だけでOKです。そして、基準の収益額を1か月30万円にしています。

その意図ですが、1か月30万円よりも大きな利益を狙えますが、プレッシャーも大きくなって成績を崩すパターンが見られるためだそうです。

1か月30万円でも、1年で360万円です。十分な額と言えるでしょう。

デモトレードから始める

ただし、いきなりリアルトレードをしません。なぜなら、お金を投入しているという事実が重く、多くの人が負けてしまうからだそうです。

そこで、デモトレードをします。デモトレード資金は300万円です。300万円といっても、デモトレードなのでゲームの点数と同じです。

6週間連続でプラスの成績を収めたら、合格です。リアルトレードに進みます。なお、デモトレードをしている間に、トレード手法やメンタル(精神力)についての授業を受けます。何回でも授業に参加できます。

リアルトレード

デモトレードで6週間連続勝利したら、自分のお金を投入して取引します。30万円です。デモトレードと比較して、資金量は10分の1です。しかし、自分のお金なので、緊張感が高まります。

このため、リアルトレードで勝てなくなる人もいるそうです。

そこで、授業でフォローアップを受けながら、リアルトレードをします。こうして勝てるようになり、1か月間の成績がプラスになったら、認定FXトレーダー(若葉マーク付き)に認定されます。

この認定FXトレーダー(若葉マーク付き)に合格した人が、受講者全体の6割ということです。

最初は、入門セミナーから

デイトレードで6割の受講者が勝てるんだったら、今すぐ申し込もう!という感じかもしれません。しかし、待ってください。その前に、タケルFXスクールがどのような授業を展開しているか、確かめましょう。

「入門セミナー」です。

入門セミナーでは、以下の内容を確認できます。

  • 1日10分で稼げる理由
  • 誰が講師をしているか
  • 初心者でも授業についていけるか
  • なぜ対面式授業なのか など。

入門セミナーに参加して、納得してから本講座に申し込みましょう。

入門セミナー申込

受講できる場所

タケルFXスクールは、対面授業を基本にしています。分からない点があれば、その場で何でも聞けるのがメリットです。

  • 対面式授業:銀座、新宿、名古屋及び福岡
  • 入門セミナー:銀座、新宿、名古屋及び福岡

オンラインの場合は、全国どこでもOKです。

受講費用

では、気になる受講費用です。以下の通りです(税込)。

  • 入門セミナー:完全予約制3,000円
  • ベーシックコース(6か月):298,000円
  • ベーシック通信コース(3か月):298,000円
  • アドバンスコース(6か月):398,000円

この授業料を聞いたとき、ゆったり為替は「安すぎませんか?」と尋ねました。

ゆったり為替が授業をするなら、こんなに安い金額で技術を公開したくありません。100万円を請求したいです。

技術を習得するのに時間と労力を使った、という理由もあります。また、個人投資家の9割が負けるというFXにおいて、6割の人を勝てるようにしてきた実績を考慮する必要があります。

どう見ても、安いです。

しかし、この金額でいいそうです。タケルFXスクールは、株式会社が運営しているのではありません。社団法人が運営しています。すなわち、利益を追求することが目的ではありません。

タケルFXスクールの目的は、FXで生活できる人を増やすこと、そして、FXトレーダーの地位を向上させることです。

この目的を達成するために、費用を安く抑えています。

ゆったり為替は、独学でFXを学びました。負けの期間が長かったですし、負けた額も大きいです。しかし、タケルFXスクールで成功できれば、半年以内、30万円で勝ち組の仲間入りを期待できます。

正直なところ、タケルFXスクールに通って成功できる人が、少々うらやましいです。

入門セミナー申込

-デイトレード

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.