シストレ24

シストレ24ストラテジー研究:WaveRider [GBPJPY]

投稿日:

116980選択型シストレの成功のカギは、ストラテジーの入れ替えです。しかし、ずっと調子が良いストラテジーがあるとすれば、入れ替える必要がありません。

というわけで、何年にもわたって調子が良いストラテジーを探しました。

下のキャプチャは、シストレ24の画面です(以下同じ)。「稼働以来」で収益率が高い順にソートしたものです。WaveRider【GBP/JPY】が唯一の1,000%超だと分かります。そこで、WaveRider【GBP/JPY】の成績を確認しましょう。

st24-20161010-1

下のキャプチャは、損益グラフ(薄緑部分)と、ポンド/円(GBP/JPY)の月足チャートです。

st24-20161010-2

チャートの一番左にひどい陰線がありますが、これは2008年のリーマンショックです。この時の損益グラフが赤くなっています。すなわち、損失を計上しています。

しかし、その後の復活ぶりがすさまじいです。

ギリシャ問題やスイスショックの動乱もお構いなし。どんどん右肩上がりで成績が向上しています。2016年はその傾きがさらに大きくなっています。

では、この成績を数字で確認しましょう。下の通りです。

st24-20161010-3

この表を見て気づくこと。それは、推奨証拠金が122,000円なのに、累積損益が125万円を超えているということです。この成績は、複利運用ではありません。このストラテジーを選んで取引しただけの成績です。

2008年から8年間ずっとWaveRider【GBP/JPY】を使い続けた場合、122,000円だった資金は140万円くらいになっているということです。収益率は実に1,000%超です。このストラテジーの中身が欲しい・・・。ぜひ欲しいですが、シストレなので中身はもらえません。残念。

しかし、シストレ24を使ってトレードすることはできます。

リスクリターン率は2.72、プロフィットファクターは1.25です。いずれもいい感じの数字だと思います。

今後もこの成績になるという保証はありませんが、2008年のリーマンショック以降という長期にわたって優秀な成績を出し続けています。手動でストラテジーを選択する場合には、有力候補になるでしょう。

10月6日のトレードはどうだった?

なお、少し気になる点があるかもしれません。それは、このストラテジーはポンド/円(GBP/JPY)を取引するということです。先日10月6日朝、ポンド/円(GBP/JPY)は急落下しました。その時の取引状況はどうだったでしょうか。

上のキャプチャの取引履歴を見ますと・・・10月4日に買って、10月7日に決済しています。損切り。

損切り時刻は午前8時7分です。ちょうどポンド/円(GBP/JPY)が急落した時刻です。為替レート配信が止まった!という騒ぎがあった時間帯ですが、シストレ24では為替レートが配信されていたことが分かります。

損切りそのものは、まあ仕方ないです。100%の勝ちはありえないので、損切りするときはしっかり実行し、利食いするときは大きく利食いしてくれればOKです。

成績を見ると、このストラテジーは「利大損小」の良いパターンだと分かります。

この機会に、10月4日の買いについて考察してみましょう。このストラテジーの平均取引期間は84時間です。およそ3日~4日ですので、スイングトレード型だと分かります。そこでまず、ポンド/円(GBP/JPY)の日足チャートで確認しましょう。オレンジで補助線を引いています。

gbpjpy-20161010-daily

全体的にはボックス相場またはペナントか?という感じです。そして、黒破線(縦線)がある部分が10月4日です。ここで買っています。

どうやら、ボックス相場内の反発を狙っているように見えます。

10月4日の取引時刻を見ますと、11時33分です。日足よりも短い足で取引開始を判定していると分かります。そこで、30分足のチャートを確認しましょう。こちらも、オレンジで補助線を引いています。

gbpjpy-20161010-30min

オレンジ線は上値抵抗線です。一番右に11時30分の縦線があります。このチャートでは少々見づらいですが、11時30分前後にこの抵抗線を超えたと判定可能な値動きをしています。

そこで、買いで勝負・・・したのかもしれません。これはすべて予想にすぎませんが、取引内容におかしな点はないと思います。取引後の勝敗は運に任せるしかありません。利食い損切りのレート決定を含めた取引開始までが勝負です。

さて、少し話が長くなりましたが、もう一つ確認しましょう。6月24日の、イギリス国民投票後のポンド/円(GBP/JPY)乱高下の時はどうだったでしょうか。下のキャプチャで確認しますと・・・

st24-20161010-4

国民投票後の乱高下ではトレードしていなかったと分かります。シストレ24では、このように過去の取引履歴も簡単に確認できますので便利です。

過去の履歴が分かるということは、今回の分析のように、ストラテジーの仕組みについて予想することも可能だということです。

→ シストレ24の口座開設はこちらから

→ 【もくじ】シストレ24
→ シストレ24ストラテジー研究:PipRancher[EURJPY]
→ ストラテジー入替作業不要!シストレ24「フルオート」登場
→ インヴァスト証券「シストレ24」の特徴

-シストレ24

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.