リピート系全般

リピート系注文のデメリット

投稿日:

467845-1ゆったり為替お気に入りのリピート系注文ですが、リピート系注文のデメリットは何でしょうか。

一般的には「円高」の時の含み損がデメリットと言われると予想します。しかし、ゆったり為替にとっては、別のところにデメリットがあります。

円高が(あまり)デメリットでない理由

円売りでリピート系注文をしている場合、円高になると含み損となります。どんどん円高になれば、さらに含み損が大きくなります。よって、行き過ぎた円高はデメリットでしょう。しかし、ゆったり為替にとってはデメリットではありません。

というのは、姉妹ブログ「FXリアルトレード道場」で取引している設定の場合、円高はとても嬉しい状況です。とても待ち遠しいです。

また、マネースクエア・ジャパンの口座開設特典「円高大歓迎!なトラリピ!」の手法でトラリピする場合、そもそも円高はデメリットなのだろうか?という状態にすることも可能です。

さすがに、豪ドル/円(AUD/JPY)=10円などという状況になれば話は別ですが、米ドル/円(USD/JPY)=80円だったり、豪ドル/円(AUD/JPY)=60円といったスーパー円高水準は歓迎です。今すぐ実現してもOKです。

ゆったり為替に大きな利食い額をもたらしてくれると予想しています。

→ トレード手法『円高大歓迎!なトラリピ(R)~トルコリラ円』ついに完成。

リピート系注文のデメリット


本当にしんどいのは、「値動きが乏しいとき」です。全然利食いしてくれません。2017年に入ってからの豪ドル/円(AUD/JPY)は値動きが小さくて困りました。姉妹ブログ「FXリアルトレード道場」でも、月間の利食い額が小さくて退屈でした。

この「退屈」がワナです。

退屈を和らげるために、現在の為替レート周辺に数多くの発注をしたくなる衝動に駆られるかもしれません。そして、それは負けトレードへの片道切符になりかねません。

含み損になる方向に一気に為替レートが進む場合、注文数量が多いので含み損が一気に大きくなるリスクがあります。

そこで、基本的には何もしないで待つことになります。

自動売買ですが、値動きがないので約定しません。実につまらないです。このつまらない状況で耐えることができるかどうか、それが長期的に見た場合の成否を左右すると思います。「FXリアルトレード道場」では、注文を追加することなく次の値動きをジッと待っています。

→ ゆったり為替の最もお気に入りのリピート系注文は?




-リピート系全般

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.