相場見通し&実戦

今週のトレード戦略【2019年12月1日の週】と、トレード途中経過

投稿日:

先週の相場の振り返り

先週は、ポンド円が下落したら売りチャンスを狙い、豪ドル円も下落目線で狙うことにしていました。

結果、以下の通りです(下の日足チャートは、セントラル短資FXから引用)。

ポンド円は、レンジが継続しています。どちらかといえば、円安優勢です。このため、ポンド円については取引せず、眺めるだけになりそうです。

ポンド円のチャート

豪ドル円も、レンジが続きました。先々週に売っていれば、そのまま継続保有です。

先々週にトレードパターンを見逃してしまい、現在はポジションを持っていません。このまま様子見して、次のチャンスを待つことになりそうです。

豪ドル円のチャート

最近数週間、トレードチャンスがなくて面白くない展開が続いています。週足~日足を使うトレードの場合、トレードできない日が続くのは通常のことです。

焦らず、じっくり待ちます。1年で何十回もトレードできますので、その際にしっかりとトレードしきればOKです。

特に、米ドル円は難しい動きが続いています。「今週のトレード戦略」コーナーを始めてから、まだ一度もトレードチャンスが出ていないです。

米ドル円のチャート

上の月足チャートを見ますと、いわゆるペナントができています。今は値動きが極端に小さい位置にいます。

ペナント終了後の大相場に期待です。

短期派の場合はどうなのか不明ですが、ゆったり為替が使う月足・週足・日足のトレードの場合、今は「待て」です。ひたすら待ちます。

今週の戦略

さて、今週から12月です。すなわち、今年のトレードはもう終了しました。「おおっ!これは!」という形にでもならない限り、取引しません。

「終わるのが早っ!」という感じかもしれません。12月は流動性が大きく落ちる時期です。価格が飛びやすくなりますので、1か月間お休みでも構いません。

毎月月初に、通貨ペアのトレンドを確認します。12月はお休みの月ですので、省略します(遅くとも15日までには、現在のポジションも決済して、完全に終了します。)

…という状況ではありますが、今週の注目通貨ペアを出してみます。豪ドル/NZドルです。

豪ドルNZドルのチャート

上は、週足チャートです。赤で補助線を1本引きました。AUDNZD=1.03です。このあたりまで下落したら、買いを積極的に狙います。

ただし、必ず買うというわけではありません。チャートを見ながら考えます。

今週中に1.03になるようには見えません。1.03が実現するのは、今月中か、それとも来月か。そんな感じに見えます。

気長に待ちます。

プロジェクトの途中経過

さて、現在実行中の1万円チャレンジ(元本1万円スタートで100万円を達成するプロジェクト)ですが、現在、以下の通りです。

  • 勝ちトレード:6回
  • 負けトレード:1回
  • 勝率:85.7%
  • 現在保有中:1ポジション(少し含み損)
  • 資金額:20,623円

というわけで、資金は2倍になっています。勝率は85.7%と好調に見えますが、そうでもありません。

  • 目標値が実現:2回
  • 逆指値で利食い:4回

値動きが小さいので、為替レートがなかなか目標値に届いてくれません。一部利食いやトレールを使って、何とかプラスの成績を得ている状態です。

数回の大きめの損失で、利益が飛んでしまう状態です。

トレール注文の使い方

ゆったり為替のスイングトレードは、トレールがないと大変なことになりそうです。すなわち、トレールにお世話になりっぱなしです。 そこで、どのように使っているかをご案内します。 トレールとは 最初に、トレー ...

続きを見る

資金増加率が大きい理由

また、2か月で資金が倍増しています。ということは、1年で100万円を目指せるか?という勢いですが、おそらくできません。

わずかな期間で資金が倍増した理由ですが、リスクを大きく取っているからです。

元本が1万円しかないので、1回のトレードで3,000円以上損してもいいや!という勢いでトレードしています。

3,000円というと、少額です。しかし、率にすると30%にもなります。

資金が100万円近くになったとして、「1トレードで30万円失うかもしれないけれど、いいや!」とはなりません。1トレードでの許容損失額は、数万円以内になるでしょう。

資金量が大きくなればなるほど、リスク管理が厳しくなります。すなわち、資金増加率は低下し続けます。

100万円になるには何年かかるか、それは相場次第…。

現在保有中のポジション

ちなみに、現在保有中のポジションは、ユーロポンドの買いです。

ユーロポンドのチャート

上の週足チャートを見ますと、下落中です。しかし、レンジにも見えます。日足でも確認して、レンジで反発する可能性があると考えました。

確度が低いので、取引しようかどうか迷いました。しかし、利食いが実現する場合と損切りになる場合を比較すると、利食い額の方が大幅に大きいという結果でした。

ならば、少しだけ取引しようかな、ということで、損切りになる場合は1,000円くらいの損になるようにして、取引を始めました。

現在、含み損…。

元本が小さすぎてトレードしづらいので、早く10万円台に持っていきたいところです。このまま、来年以降のトレードチャンスを待ちます。

【カテゴリ】相場見通し&実戦

-相場見通し&実戦

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.