GBP(ポンド)

国民投票がなければポンド/円(GBP/JPY)を買っていたかも・・・

投稿日:

216180-2イギリスの国民投票が近いため、身動きが取れないゆったり為替です。

というのは、ゆったり為替のトレードは、ポジションを建ててから数週間持ち続けることも珍しくないためです。何もなければポンド/円(GBP/JPY)を買っていたかも・・・。

投票まではまだ3週間ほどあるとはいえ、投票日が近づくにつれて値動きが不安定になるかもしれず、じっと我慢の展開が続いています。下の日足チャートはトライオートFXからの引用です。

gbpjpy-daily-chart-20160601

ボックス相場と三角持ち合いが混ざったような値動きをしていますが、5月30日までは上方向への値動きが優勢でした。特にイベントがなければ、昨日5月31日朝に買っていたかもしれないなと思います。

5月31日朝の時点では、正確には上値抵抗線を超えたとは言えないと思います。しかし、直近高値を超えていますので、上昇圧力が勝っていると思います。

ただ、実際に買っていた場合には、大きく円高方向に動いています。1日でロスカットになっていたかもしれません。

ポンドとユーロが絡んだ通貨ペアはトレードしづらいです。イベントがあると分かっている場合は、短期トレーダーの方が断然有利だなあといつも思います。

しかし、イベントの存在を無視してトレードすることも可能ではあります。

というのは、現在の市場はイギリスの国民投票があることを当然知っており、よって、そのイベントを織り込んで価格形成しているからです。わざわざ国民投票について別途考える必要はないとも言えます。

普段のゆったり為替のトレード方針は、これに近いです。米雇用統計など例外を除いて、ほとんどすべての経済指標発表を無視してトレードします。

しかし、今回は無視できないかな・・・。

→ イギリスはEUに残るか?世論調査の推移を確認しよう

-GBP(ポンド)

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.