暗号資産(仮想通貨)

ビットコインを無料(タダ)で稼ぐ

ビットコインを始めとする暗号資産(仮想通貨)は、換金できます。すなわち、お金と同じように考えることができるのですが、無料でもらうことができます。

そこで、その方法を考察します。

ビットコインを無料で稼げる理由

ビットコインを無料でもらえるということは、誰かが私たちに支払っているということです。

私たちが稼げるのは、そのような人たちがいるおかげですが、なぜ彼らは無料配布しているのでしょうか。先に理由を確認してから、気兼ねなく稼ぎましょう。

無料配布する理由

  • 広告宣伝の一環
  • 広告収入を稼いで、一部を視聴者に還元

企業は、顧客に商品やサービスを買ってもらうために、プレゼントをすることがあります。それと同じ仕組みです。

この記事でご案内している中では、「口座開設したらビットコインを差し上げます!」というのが典型的です。

あるいは、ウェブサイトには広告がたくさん貼ってあります。視聴者がこれを見ると、運営者に広告収入が入ります。この一部を読者に還元するという仕組みもあります。

ウェブサイト運営者から見れば、より多くの人に広告を見て欲しいです。

そこで、「広告を表示してくれたら、お礼に少しビットコインを差し上げます!」という流れを作ります。

  • ウェブサイト運営者:広告収入が入ってうれしい
  • 視聴者:ビットコインなど暗号資産をもらえてうれしい

このような、win-winの関係になっています。

では、ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)を無料で稼げるサイトをご案内しましょう。

取引所の口座開設で稼ぐ

最も安全で、かつ、最も効率が良いのが、暗号資産取引所等の口座開設です。具体的に見ていきましょう。

Liquid(リキッド)

Liquid by Quoine

Liquid(リキッド)は、Quoine(コイン)株式会社が運営する取引所です。口座開設と入金で、2,000円相当のビットコインをもらえます。

最も簡単、かつ高額なプレゼントです。

キャンペーン期間:
2020年8月20日(木)23時59分まで
条件:
・新規口座開設
・5万円以上の入金

Liquid(リキッド) 口座開設

取引しなくてもOKなので、ハードルが低いです。

通常通り生活するだけで稼ぐ

無料とはいえ、ビットコインを稼ごうと思えば、何かを実行する必要があります。継続的にもらえる場合も同様で、何かをし続ける必要があります。

ところが、最初の1回だけ手続きすれば、後はいつも通りに生活するだけで自然とビットコインをもらえるサービスがあります。

coincheckでんき

coincheckでんき

仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)のサービスです。

coincheck経由で電気使用契約を結べば、使用量に応じて電気代金の1%~7%が、ビットコインで毎月還元される仕組みです。すなわち、気づいたら勝手にビットコインが貯まります。

ちなみに、coincheckが電気サービスを展開しているのではなく、「株式会社イーネットワークシステムズ」が電力を供給しています。

丸紅グループの電力会社と提携したサービスですので、安心です。

coincheckガス

coincheckガス

ガス使用料金の3%相当額のビットコインを、毎月もらえます。こちらは、首都圏で都市ガスを使っている世帯向けのサービスです。

東京電力グループのFNJ (株式会社ファミリーネット・ジャパン)がガスを供給しますので、安心です。

コインチェック 口座開設

電気とガスで同時にサービスを利用すると、ビットコインを別途買わなくても、どんどん貯まっていくのが魅力です。

アンケートに回答して稼ぐ

アンケートに回答して稼ぐ方法もあります。アンケートを回収する企業は、そのデータを基に商品開発や改善を進めます。

アンケートに回答してくれたお礼として、ビットコインを無料で配布するという流れです。

コインチェック×マクロミル

coincheckアンケート

coincheckとマクロミル(アンケートサイト)の共同事業です。マクロミルでアンケートに答えると、coincheckの口座にビットコインをもらえます。

電車に乗っている間など暇な時に、アンケートに答えるだけで十分です。

無料でビットコインをもらうには、coincheckとマクロミルの両方でアカウントを作ります。

コインチェック 口座開設

ちなみに、アンケートのイメージは、以下の通りです(マクロミルホームページから引用)。

ポイントサイトで稼ぐ

ポイントサイトで買い物をしたりクレジットカードを作ったりすると、ポイントがもらえます。そのポイントをビットコインに変えることができます。

しかし、買い物する場合、お金を支払う必要があります。そこで、買い物をしなくても、無料ゲームなどでポイントを稼げる方法をご案内します。

ちょびリッチ

ちょびリッチは、以下の方法でポイントを貯められます(何かを買ったり、口座を作ったりするもの以外)。

  • 無料ゲーム
  • アンケート
  • タイピングなどの仕事
  • モニター

この中で、仕事でポイントを貯めるコースは以下の通りです。

ちょびリッチ

データ入力、データチェック、記事作成、アンケートの4種類あります。

お仕事と言っても、あまり根を詰めてやりすぎると疲れてしまい、長続きしません。暇な時間にちょっとやってやるか!くらいの感じが、長続きのコツです。

ちょびリッチ アカウント開設

お気軽に貯めたいなら、無料ゲームが良さそう。なお、上のバナーをクリックして1ポイント以上獲得すると、500ポイントもらえます。

faucet(フォーセット)で稼ぐ

faucetとは、日本語で「蛇口」という意味です。特定のバナー等をクリックすると、少額のビットコインをもれなくもらえます。

この種のサイトは、ウェブサイトにたくさんの広告が貼ってあります。これが収入となり、その収入の一部をビットコインにして無料配布する仕組みです。

faucetはどこの誰が運営しているのか不明なものが多く、ウィルスに感染している場合もあるので注意が必要です。

そんな中、長期間に渡ってサービスを提供し続けているサイトがあります。Bonus Bitcoionです。

bonusbitcoin

全ての情報が英語で書いてありますが、難しいことは書いてありません。広告がやたらと多いのは、faucetの仕組み上、仕方がありません。

15分毎に1回ビットコインをもらえますので、「塵が積もれば山となる」という感じでビットコインを集められます。

ビットコインを殖やす

さて、こうしてもらったビットコインをどうするか?という問題があります。完全放置で価格上昇を待つのが選択肢になります。

しかし、待っている間、ビットコインは全く増えません。そこで、取引所に貸して手数料をもらうという選択肢があります。

Coincheck Lending

コインチェックレンディング

コインチェックにビットコインを貸すと、1年間で最大5%の手数料をもらえます。すなわち、1BTCを貸したら、1年後に1.05BTCを返してもらいます。

同様のサービスはbitbank(ビットバンク)にもありますが、こちらは1年間で最大3%です。

コインチェック 口座開設

3%と5%では大きく異なりますから、コインチェックが有利です。

トレード

もう一つ増やす方法は、トレードです。しかし、頻繁に売り買いしません。安値になったら買って、高値になったら売ります。

頻繁な売買には技術が必要であり、一般的には難しいです。下は、ビットコインの日足チャートです(bitbankから引用)。

ビットコインのチャート

1年以上にわたって、レンジのような感じになっています。最も安い値段は35万円、最大で150万円になった様子が分かります。

どこで買えば良いのか、どこで売れば良いのかは人それぞれでしょうが、このレンジの上半分にあるときが、売りチャンスだと想定できます。

同様に、レンジの下半分にあるときが、買いチャンスだと想定できます。

無料でもらったビットコインを使った売買ですから、気軽にできますが、できるだけ高く売って、できるだけ安く買いたいです。

-暗号資産(仮想通貨)

© 2020 FXゆったりトレード派