バックテスト

短い時間軸(1分足など)のヒストリカルデータが欲しいとき

投稿日:2017年6月28日 更新日:

「くりっく365」を使うと、日足のヒストリカルデータを楽に入手できます。よって、このデータを使って思う存分バックテストができます。

くりっく365がリニューアル!ヒストリカルデータ取得方法を確認

くりっく365のホームページがリニューアルしました。 くりっく365は、各種データを惜しみなく公開している点が素晴らしいです。そこで、ヒストリカルデータ取得方法がどのように変わったのか、確認しましょう ...

続きを見る

しかし、問題点があります。それは、「日足よりも短い時間のヒストリカルデータが欲しいとき」です。

短い時間足のバックテストもしてみたいです。

例えば、1時間足です。銀行が仲値を発表するのは午前9時55分ですが、10時だとして考えます。「ゴトウ日は仲値にかけて円安になりやすい」という仮説を検証したい場合があるかもしれません。

  • 午前6時に買って、午前10時に決済する場合
  • 午前7時に買って、午前10時に決済する場合
  • 午前8時に買って、午前10時に決済する場合
  • 午前9時に買って、午前10時に決済する場合

買う時間を少しずつずらすだけで、4パターンのバックテストができます。さらに、米ドル/円だけでなく、ユーロ/円などについても検証すれば、さらにパターンが増えます。

果たして、ゴトウ日の噂は本当でしょうか。あるいは、実はガセネタかもしれません。過去長期間のデータに基づいて調べようと思えば、自分でやるしかありません。

しかし、データがありません。どうしましょうか。

FXトレード・フィナンシャルのヒストリカルデータ

そこで登場するのが、FXトレード・フィナンシャルです。FXトレード・フィナンシャルでは、自社が配信した1分足のヒストリカルデータを公開しています。

下の画像は、FXトレード・フィナンシャルからの引用です。ログイン後画面から、簡単にヒストリカルデータを入手できます。

fxtf-mt4

また、1分足を合成して5分、10分、1時間などの足を作ることもできます。その方法については、FXトレード・フィナンシャルのホームページで詳しく紹介されています。

→ 様々な時間の足を作る方法(FXトレード・フィナンシャル)

FXトレード・フィナンシャルのヒストリカルデータ利用の注意点

注意点がありますので確認しましょう。ここで取得したデータは、FXトレード・フィナンシャルのものです。

すなわち、このデータの分析結果を使って、他社のFX口座で取引しても、うまくいかない可能性があります。というのは、FX口座ごとに為替レートが少しずつ異なるからです。

日足だったら、この点は無視できるかもしれません。

というのは、1日の値動きは大きいので、口座間の配信レートのズレは誤差とみなせる可能性があるからです(ただし、月曜日の始値付近と金曜日の終値付近などは例外です)。

1つの足の時間が短くなればなるほど、1つの足で為替レートが動く範囲は小さくなります。すなわち、5分足や10分足などでは、口座間のレート差は無視できない割合になってきます。

そこで、FXトレード・フィナンシャルから取得したデータを分析した結果、何かトレード手法が出来上がったとします。その手法でトレードをするならば、FXトレード・フィナンシャルの口座で実行すべきと思います。

データを取得できる通貨ペアの種類

ヒストリカルデータについて、FXトレード・フィナンシャルで取得可能な通貨ペアの種類を確認しましょう。

下の各通貨ペアに関し、2012年1月3日以降のデータを取得できます。

fxtf

全部で21種類もありますので、日足よりも短い時間軸でバックテストするには十分な数でしょう。

短い時間足でバックテストしようという場合、米ドル/円やユーロ/米ドルなどのメジャー通貨ペアが中心となるでしょう。

しかし、バックテストツールを作ってしまえば、後は通貨ペアを入れ替えるだけで、他の通貨ペアでもバックテスト可能です。

マイナーな通貨ペアで強烈な特徴を示してくれる場合もあるでしょうから、根気よくバックテストを繰り返したいです。

なお、FXトレード・フィナンシャルのヒストリカルデータを取得する画面を表示しますと、多数の注意事項が出てきます。その中から2つ、かいつまんでご案内しましょう。

内容の正確性や完全性を保証しません

ヒストリカルデータを取得する場合、お決まりのようにある文言ですので、「そうですよね」という感じです。

しかし、実際にデータをダウンロードしてみますと、データの抜けが極めて少ないことに気づきます。

1分足データの場合、途中で為替レートが抜けてしまうことがあります。この理由は分かりませんが、データが膨大なので仕方ないかもしれません。

しかし、ゆったり為替が使ってみた範囲では、FXトレード・フィナンシャルはデータの抜けがほとんどありませんでした。信頼度の高いデータだと思います。

許可なく複製したり転用したりしてはいけません

ゆったり為替が無料公開していますバックテストツールを使って、FXトレード・フィナンシャルのヒストリカルデータでバックテストすることは十分可能です。

しかし、その結果をブログに書くのは、良くないかもしれません。事前にFXトレード・フィナンシャルに相談してから掲載しましょう。

【公式サイト】FXトレード・フィナンシャル
FXトレード・フィナンシャル 「FXTrade」

-バックテスト

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.