その他のトレード方法

FXで楽に勝ちたいときのトレード手法

当ブログの記事を読んでいただくと、FXは大変だと分かります。為替レートは上か下かの2つだけなのに、奥が深いです。

では、楽に大きく勝ちたい場合、どうすれば良いでしょうか。

最初に、楽に勝とうと思うと、どれだけ難しいかを確認します。その後で、簡単かつ単純な手法についてご案内します。ゆったり為替自身が多用する手法です。

FXで楽に大きく勝ちたいなら

簡単に勝ちたいなら、「適当にトレードする」ことになるでしょう。上がりそうだと思えば買い、下がりそうだと思えば売ります。

多くの場合、この方法だと負けるでしょう。しかし、勝つ人も少なからずいると予想できます。

10連勝する人数・確率

日本のFXユーザー数を検索しますと、正確な数字は出ませんが全人口の1%くらいかなあ?と予想できるような気がします。仮に1%としまして…

1億2,000万人×0.01(1%)=120万人

未成年は基本的にFXができませんし、高齢者も口座開設が難しいです。これくらいかも知れません。

そして、直感的ににトレードすれば、勝率は50%だとしましょう。コインを投げれば、表と裏の出る確率はそれぞれ50%だと期待できます。為替レートの上下動も同じだと仮定します。

すると、10連勝する確率はおよそ0.1%です。120万人のうちの0.1%といえば、1,200人です。

仮定だらけで信用できない数字ですが、それでも1,000人以上が、10連勝を達成できることになります。

利食いすれば資金が2倍、損の時は大損、という派手なトレードをする場合、10連勝すれば、資金は1,000倍になります。

0.1%の確率で資金が1,000倍になるのですから、宝くじよりもずっと有利だと分かります。

余談ですが、宝くじはお客さんが出したお金の半分以上を胴元が回収するという、極めて効率の悪い賭けです。宝くじよりもFXの方がずっと効率が良くなるのは、自然です。

宝くじとFXを比較

宝くじとFXでは、どちらが有利でしょうか。 この二つは分野が異なりますが、「自分のお金を投じて、当たれば増える、外せば減る(ゼロになる)」という点で共通しています。そこで、この二つを比較しましょう。 ...

続きを見る

どんな方法でも、勝てば官軍

話が少しそれましたが、簡単に大きく勝とうと思えば、この1,200人に入ることを期待してトレードすることになるでしょう。

そして、結果として勝てれば、それは実力です。

相場で優劣を決定する物差しはただ一つ、「勝ったか?それとも負けたか?」です。極論すれば、知識はどうでもいいです。

相場が上がっているときに買っていて、相場が下がるときに売っているか?これに尽きます。

ゆったり為替は、あれこれとたくさん書いています。しかし、勝てる人から見れば、「何だか無駄な作業しているな~」という感じかもしれません。

というわけで、適当にやっても資金を増やせるのですが、問題は「誰かは勝てるかもしれないが、自分は勝てるだろうか?」です。確率通りならば、分が悪いです。

相場に容易に対応できるスーパーマンでもない限り、最終的に生き残る確率を高めるためには、どこかで努力しなければならないでしょう。

楽に勝ちたいなら、バックテストは不要

ゆったり為替は、バックテストを重視します。そして、バックテスト経由で最終的に勝利を得るには、以下の繰り返しになります。

  • トレードパターンを考える
  • バックテストしてみる
  • ダメだったら、振出しに戻る

ゆったり為替の場合、バックテストを100回実行したら、「イケるかも?」と思うのは多くても5つくらいです。

そして、その5つについてさらに検証して、生き残るのは0~1くらいです。すなわち、ほとんど生き残りません。

なお、生き残らなかったパターンは全てダメか?ですが、そういうわけではありません。

実際にトレードすれば良好な成績になるだろう、という結論になっても、自分の生活リズムや性格に合わなければ不採用です。

よって、バックテストして良好な結果を得るという条件に加えて、自分の生活や性格に適合しているか?という条件も加わります。

バックテストを本気でやると、とても長い道のりになることが予想できます。

そこで、「楽に大きく勝ちたいなら、バックテストはしない方が良い」ということになります。バックテストは全然楽ではありませんので、途中で挫折することでしょう。

苦労しないと、トレードパターンを信用できない

なお、運よく簡単に良好なトレードパターンが見つかったとしても、楽して勝ちたい場合は、それを使い続けて好成績を収めることができないでしょう。

なぜなら、どんなに良好なトレード手法でも、連敗するからです。

楽に勝ちたいという場合、連敗した時点でそのトレード手法を捨てる可能性があります。資金の減少は、苦痛です。「別の良い手法を見つけよう」となりがちです。

一方、自分で努力した末に見つけたトレードパターンの場合、連敗しても耐えられます。

努力した結果で得たトレードパターンの場合、最大連敗数や最大ドローダウンについての調査もしているでしょう。よって、連敗しても耐えられます。

今回の連敗は、過去と比較してどうなのか?が分かるからです。「努力して得たトレード手法だ」という意地もあるでしょう。

簡単なトレード手法

以上をまとめますと、こんな感じです。

  • 簡単に勝ちたいなら、バックテストなどの努力は向かない
  • しかし、適当に取引すると、生き残る確率は低い
  • 努力して得た手法でないと、信頼して取引できない

何だか、八方ふさがりです。実際のところ、FXでプラスの成績を挙げられるのは、全体の10%程度の模様です。

しかも、1円でもプラスなら勝ちという判定基準で、全体の10%くらいしか生き残っていません。大きくプラスになるのは、本当にごくわずかです。FXは、とても厳しい世界です。

そんな状況ですが、簡単にバックテストができて、それが好成績だと分かり、かつ、難しくないという手法はあるでしょうか。

実際には、あります。ゆったり為替自身が使っている手法です。

  • インジケーターを使わず
  • ごく簡単な条件を満たすなら、いつ売買してもOK
  • いつ利食いしてもOK
  • 損切りも考慮が必要だが、実際に損切りする例は多くない

という手法です。下のリンク先記事でご案内していますので、ご覧ください。

FXの簡単で単純な手法

世の中には、FXの手法が溢れています。 ゆったり為替の手法は、インジケーターを使いませんし、簡単な部類になるでしょう。しかし、経験値が必要です。 そこで、究極に簡単で単純な手法を考えてみます。 その後 ...

続きを見る

-その他のトレード方法

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2020 All Rights Reserved.