トライオート

自動売買セレクトがトライオートFXにも対応!

投稿日:

featured-imageトレード成績確認のために、トライオートFXにログインしました。すると、いつもと違うお知らせが、画面いっぱいに出てきました。

トライオートETFの機能「自動売買セレクト」が、トライオートFXにも拡充されました。そこで、この内容を確認しましょう。



下が、ログイン後に出てきた画面です(以下、全てトライオートから引用です)。キャンペーン告知ですが、この種のものは「新規口座開設のみ」が通常です。しかし、今回は口座を持っている人全員が対象です。

既存ユーザーにとって、やる気になれるキャンペーンです。やはり、こうでないと。

triauto-01

自動売買セレクト

というわけで、トライオートFXのログイン以後に出てくる「自動売買セレクト」のバナーをクリックしました(トライオートETFからも自動売買セレクトを選択できます)。すると、下の画面が出てきました。

triauto-02

赤枠1は、トライオートFX、トライオートETF、そして、これら2つの混合パターンの選択肢です。とりあえず、トライオートFXにしました。

すると、優秀な成績を上げているものがズラリと出てきます(赤枠2部分)。1位は、豪ドル/NZドルです。ゆったり為替が注目する通貨ペアで、時折ブログでもご案内しています(ただし、この通貨ペアは人気がないようで、記事を書いてもアクセスが…)。

豪ドル/NZドルに、やっと注目が集まる時が来たのかもしれません。そこで、「コアレンジャー_豪ドル/NZドル」を選択して、赤枠3の「詳しく見る」をクリックします。

すると、下のグラフが出てきます。2017年1月以降の損益状況です。

triauto-03

緑色部分は、実現損益(利食い+スワップポイント)です。赤部分は、評価損益です。これらの合計が、青の線で表現されています。

青の線は右肩上がりですので、好成績だと分かります。

コアレンジャー

さて、この自動売買ですが、「コアレンジャー」と命名されています。インヴァスト証券は、いつも独自性豊かな命名をしてきます。名前を考えるのも一苦労なのでは…。

実際の売買パターンは、以下の通りです。

triauto-04

レンジを3つに分けます。そして、真ん中部分が「コアレンジ」です。この部分では、小さい利食いを繰り返します。

レンジですから、為替レートはレンジの範囲で自由に動くでしょう。すなわち、コアレンジを外れた動きもするはずです。そして、再びコアレンジに戻ってきます。そこで、為替レートがコアレンジを外れる場合は、再びコアレンジに戻るという前提の取引をします。

「豪ドル/NZドルの値動きが、レンジから外れたら損になるんじゃないの?」ということですが、ここで、豪ドル/NZドルのチャートを確認しましょう。

豪ドル/NZドルの値動き

下は、月足チャートです。赤枠部分は2014年から2018年7月までです。4年半にわたって、ずっとレンジで推移しています。

triauto-6

豪州やニュージーランドのファンダメンタルに大きな動きがあれば、このレンジも終了するでしょう。しかし、経済データを見ると、今のところそのような動きは確認できません。

というわけで、豪ドル/NZドルは狙い目だと考えています。当ブログで時折ご案内している通りです。インヴァスト証券はこの通貨ペアをチェックしてくれていたということですので、嬉しいです。

トライオートETFの自動売買セレクト

次に、トライオートETFの自動売買セレクトを確認しましょう。下の赤枠部分「ETF」をクリックします。

triauto-7

すると、「ナスダック100トリプル_ライジング」が1位になっています。「ライジングとは何だろう」というわけで、詳細画面を確認します。

1位だけあって、下のグラフはいい感じの推移です。

triauto-8

「ライジング」の取引は、下の図の通りです。通常のリピート系注文が多数ありますが、まれに、大きな利食いを狙うポジションを紛れ込ませます。こうすれば、上昇相場で大きな利食いを期待できます。

「ライジング」とは、その言葉の通り、大きな上昇を狙う自動売買です。

triauto-9

そこで、今後も上昇相場が続く、あるいは、今後は上昇相場になる、と思う銘柄を見つけられれば、その銘柄でライジングを選択します。

レンジの期間が長くなると思えば、「コアレンジャー」です。

インヴァストカードのポイントでトレード可能

なお、ゆったり為替が豪ドル/NZドルに注目しているからと言って、それを取引すれば勝つというわけではありません。相場は、いつも不安定です。

よって、トレードするぞ!と決めても、自己資金を投入するのは不安かもしれません。不安なのが普通だと思います。

この場合、インヴァストカード(インヴァスト証券のクレジットカード)が選択肢になります。

triauto-10

と言いますのは、利用額の1%が自動的に口座に積み立てられ、トレード資金として使えるからです。自動積立ですから、失効になることがありません。

還元率は1%です。1万円使ったら100円、10万円使ったら1,000円が、自動的にトレード資金としてインヴァスト証券の口座に積み立てられます。この資金を使ってトレードできます。

カードで得たトレード資金は、自分の投資スタイルを選択することで自動的に売買できます。トレード対象を変更したい場合も、自由にできます。

既に取引を開始してポジションを持っている場合は、決済して別の銘柄に変えられます(現金として引き出すことも可能です)。

下の画像の通り、こうして貯められた資金は1億円近くになります。

triauto-11

なお、インヴァストカードはJACCSカードと提携して発行されます。インヴァストカードの一人当たり利用額は、JACCSカードの一般的な利用金額の6倍にもなるそうです。

カードを使う人の気持ち、何となく分かります。

・自己資金を投入してトレードするのは、できれば避けたい
・でも、トレードしたい
・クレジットカードのポイントでトレードできるなら、いい感じ
・しかも、全額必ずトレード口座に入金されるので、失効がない

ちなみに、ポイントだけでなく、追加入金してトレードすることも可能です。

トライオートFXの口座開設はこちらから

 




-トライオート

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.