トレーダーの日常生活

「専門家」の為替相場予想を読んでみた。その結果・・・

投稿日:

ゆったり為替は、仕事で必要な場合を除き、FX情報サイトやブログを閲覧することはほとんどありません。また、いわゆる「専門家」の相場予想も全く読みません。

・・・という状況で、実験的に専門家の相場予想を読んでみました。その後、何が起きたでしょうか。 


ゆったり為替が専門家の予想を読まない理由

最初に、ゆったり為替が専門家の予想を読まない理由をお知らせします。

理由は簡単です。

「その専門家の予想に従って取引して損しても、彼らは損失を補填してくれないから」です。あるいは、「彼らは予想が正しいと保証してくれないから」です。

予想が外れて損したら損失補てんしなさい!という法律があったら、誰も予想しなくなります。なぜなら、相場予想は外れるものだからです。当たるも八卦当たらぬも八卦の相場予想。それを信用してトレードするということは、自分のお金を大きな危険にさらしているということです。

しかも、その専門家は個人的な知り合いでも何でもありません。もしかしたら、その専門家はポジショントークをしているのかもしれません。

というわけで、専門家の予想を読むことはありません。

しかし、「ゆったり為替の投稿記事には相場予想がたくさんあるんだけど!」というツッコミを受けてしまうかもしれません。

相場予想を書いてほしいという読者の皆様の要望が大きいため、それに応えています。ただ、ゆったり為替の相場予想も結構な確率で外します。

相場予想の正解率が50%台であっても、トレードで最終的にプラスの成績を収めることが可能です。よって、相場予想をしているゆったり為替自身、100%の正解率を得られるとは思っていません。ただし、100%に少しでも近づくように日々研究しています。

専門家予想を読んで、ゆったり為替の内面で起こった変化

以上の理由で専門家の予想を全く読まないゆったり為替ですが、実験的に専門家と呼ばれる人の相場予想を読んでみました。

たまたまでしょうが、私の相場予想と全く同じでした。このようなこともあるもんだ、という感想です。読んだうえで、チャートを眺めました。その結果・・・

・ いつもよりも自分の相場予想に自信を持っている自分に気付いた

とても危険だと思います。上に書いた通り、専門家の相場予想は危険な存在です(少なくとも、ゆったり為替にとっては)。にもかかわらず、専門家の相場予想と同じだったことに気を良くして相場見通しに自信を持っている自分に気が付きました。

これが行き過ぎると、以下の状態になるかもしれません。

(1) いつもよりも大きな数量でトレードしてしまう
(2) 損切りポイントになっても、「いや、自分の予想は専門家と同じだった。決済しないでこのままポジション維持だ!」などと誤った判断をする可能性がある

ゆったり為替は、読んだ情報を心の底から完全に無視する訓練が不十分なので、このようなことになってしまいます。その訓練を受けるのも大変なので、専門家の予想を読むのはやめます(どうやって訓練するのかも知らないですし・・・)。

相場予想を読んではいけないのか?

では、相場予想は有害無益でどうしようもないものなのか?と質問されれば、そんなことは無いと回答します。

・ 現在FXの勉強中で、まだ自分のトレードスタイルが固まっていない

この状態の場合は、とにかく多くの情報を吸収して自分で試行錯誤し、自分の形を見つけることが必要です。専門家が予想するとき、多くの場合、その予想の根拠も併せて書いているでしょう。そこで、予想を読むことで、相場予想の方法を勉強できるというわけです。

本を買って勉強するのも良いですが、今まさに目の前で動いている相場で勉強すると、臨場感が違います。

なお、ただ単に「今日のUSD/JPYは買いです。目標値は××、損切りは…です。」と書いてあるだけの予想の場合は、読む価値はあまりないと思います。自分の能力の向上につながらないからです。

ある程度勉強が進んで、専門家の予想から得られるメリットよりもデメリットの方が大きくなってきたときに、専門家の予想から卒業すれば良いかと思います。

→ 相場が暴落するとき、ゆったり為替はいつもどのように行動するのか?
→ 負けから復活するために必要な利益率はとても高い
→ FXでどうしても勝てないですが、どうすればいいですか?
→ FXで負ける理由(教育編)




-トレーダーの日常生活

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2018 All Rights Reserved.