499479-1ゆったり為替は複数のトレード手法を使いますが、それが他の人にも最高の手法だ・・・とは思いません。

では、勝つのに最も近道なトレード手法、すなわち自分にとって最高のトレード手法とは何でしょうか。ゆったり為替なりの意見は以下の通りです。 

勝つのに最も近道な、最高のトレード手法とは:
トレードしていて、「心の揺らぎ」が最も小さなトレード手法

どういうことかと言えば、昨日の記事「トレードで生き残るために最も重要なこと」でご案内したような、常に冷静でいられるトレード手法がベストだということです。


例えば、ゆったり為替の場合、インジケーターを使ったトレード手法はあまり得意ではありません。インジケーターを使ってプラスの成績を残すことは可能ですが、心がブレやすくなってしまうのです。

・ このインジケーターを信用してもいいのかな・・・
・ (過去のチャートを見て)ここがベストだったのに、このインジケーターは機能しなかった!


自分のお金の運命を託しても構わないと言えるインジケーターを使っていないと、トレードの最中に心がブレてしまいます。心がブレると、以下のようなことが起こりがちになります。

・ 本来は取引開始ポイントでないのに、取引を始めてしまう
・ 途中で利食い損切りの注文を変更してしまう
・ 相場が気になって、つい何回もチャートを見てしまう

自分のトレード手法を信用していないと、この状態になりやすいと思います。これでは、安定した成績を残すことが難しいと思います。


ゆったり為替は、「やってはいけない」「典型的な負けパターン」と言われるパターンをほぼすべて実行してきたと思います。負けを繰り返してばかりの「自称個人投資家」でした。

ただ、その期間は無駄だったのではなく、その過程で、試行錯誤で様々なトレード手法を試してきました。その結果、今は「ローソク足と補助線(多くても2本)のみ」というトレード手法に落ち着きました。


というわけで、「勝つのに最も近道なトレード手法」とは、「個人ごとに異なるので自分で試行錯誤して調べるしかない」という結論になるでしょう。

え~・・・。という感じかもしれません。

しかし、世の中にトレード手法が数多くあって数えきれないほどである理由を考えると、以上のゆったり為替の意見は、完全に間違っているというわけではないと思います。

ベストなトレード手法を求めて試行錯誤しましょう!

→ トレードで生き残るために最も重要なこと