460271-1ゆったり為替の米ドル/円(USD/JPY)長期予想は、依然として円安です。しかし、しばらくはボックス相場になるかもな・・・と考えています。

先の記事でこの見通しをお伝えしましたが、その後の米ドル/円(USD/JPY)の動きを確認しましょう。 

下の日足チャートは、トライオートFXからの引用です。2017年に入ってから、ジワジワと円高が進みました。その後、ピョンと跳ね返っている様子が分かります。

1月20日の米大統領就任式は無事に通過したように見えますが、月曜日に何か動きがあるかもしれません。

usdjpy-chart-1

しかし、月足で見るとほとんど動きがないように見えますので、就任式のイベントについて考えるのは止めて、円高になるたびに少しずつ買い増しました。現在の建玉平均は113円台となっており、含み益になっています。

前回の記事でご案内しましたように、ゆったり為替がメインにしている値動きは下の通りです。2012年後半~2015年にかけての動きです。現在の上下動は、上昇第1波の後のボックス相場形成過程かな~などと考えています。

usdjpy-chart-4

では、2012年末~2013年にかけてのボックス相場では、上下の幅はどれくらいだったでしょうか。下の赤四角部分ですが、だいたい10円幅(1,000銭)くらいでしょうか。


usdjpy-chart-2

今回の値動きでも同じくらいの値幅でボックス相場ができるならば、もう少し下押しか、あるいは上方向への動きがあるかな・・・などと考えています。

しかし、過去の動きがそのまま当てはまるわけでもありませんし、自然体で相場に臨もうと思います。ちなみに、世の中の「専門家」と呼ばれる人々がどのように発言しているか、ゆったり為替は全く知りません。彼らとは全く違うことを書いている可能性もあります。

全く違うほうが目立つからいいなあ、などと考えています。

→ 米ドル/円(USD/JPY)の現状確認(2017年1月16日)
→ カテゴリー「米ドル/円(USD/JPY)