七福神2ヒロセ通商(LION FX)が、トルコリラ/円(TRY/JPY)の新しいスワップポイントを発表しました。確認しましょう!

下のキャプチャは、ヒロセ通商(LION FX)からの引用です。

hirose-tryjpy

今までの115円という数字があまりに熱かったので、70円で熱いと書かれても「そうかなあ?」という感じがします。そこで、どれくらい熱いのか、計算してみましょう。

トルコの短期金利が良く分からないので、政策金利で代用します。現在のトルコの政策金利は8.0%です。トルコリラ/円(TRY/JPY)=30円で1万通貨買うとき、30万円となります。30万円の8%は24,000円です。これが1年間のスワップポイント額とみなせるでしょう。

1日当たりに換算するには、365(日)で割ります。すると、1日当たりのスワップポイントは65.75円となりました。

65.75円と70円。あまり変わらない気もしますが、65.75円を提示する場合、FX業者の利益がないということになります。よって、本来なら60円~65円あたりで提示したいところではないでしょうか。

ということは、70円は確かに熱いということになります。


ちなみに、トルコリラ/円(TRY/JPY)が25円まで円高になったとしましょう。この時の計算上のスワップポイントは54.79円になります。現在は円高傾向なので、25円まで円高が進んだら、70円は激熱という表現でもOKかもしれません。

さすがに、トルコリラ/円(TRY/JPY)=25円は勘弁してほしいなという感じがしますが、相場は何が起きるか分かりません。無理しないでゆっくり取り組んでいきましょう。


ちなみに、トルコリラ/円(TRY/JPY)で最も大きなスワップポイントを提示するのはFXプライムbyGMOとなりました。しかし、ゆったり為替はヒロセ通商(LION FX)のまま取引を継続することにしました。この経緯等はリンク先の記事でご確認下さい。

→ トルコリラ円のスワップ派公開トレード(2017年):FX口座をどうする?(FX究極のスワップ派)

→ ヒロセ通商(LION FX)のトルコリラ/円スワップポイントが!
→ トルコリラ円のスワップ派を始めた時の想定と現状の比較
→ スワップ派は先進国通貨ペアをメインに。新興国通貨ペアの取引数量は少なめに。