歌舞伎ネコ姉妹ブログ「FXリアルトレード道場」では、トライオートFXを使った公開トレードをしています。

成績は好調をキープしていますが、ゆったり為替としては、このトレードがピンチになりかねない大不調の到来を待っています。

その理由は・・・ 

それは、2006年~2007年までさかのぼります。典型的な負け負けトレーダーだったゆったり為替は、スーパー投資法を求めてインターネット上をさまよっていました。

当時はスワップ派全盛期。米ドル/円(USD/JPY)を買って持つだけで、1万通貨当たりのスワップポイントが160円という、楽勝な時代でした。しかも、円安傾向。

スワップ派万歳同盟という会でもあるの?というくらいにスワップ派を推薦するブログがたくさんありました。

当時のゆったり為替: スワップ派って、最高じゃん!

ゆったり為替は、イケイケの雰囲気にのって米ドル/円(USD/JPY)をガッツリ買いました。そして、イケイケのスワップポイントを獲得していました。が、それは2007年途中まで。そこからはサブプライムローン問題の影響で、円高になりました。

うーん・・・困った!しかし、イケイケなので円高のことなんて考えていませんでした。円安に戻れ!・・・と念じても無駄。我慢できなくなったところでロスカットとなったのでした。

そして、ふと気が付くと、スワップ派を推薦していたイケイケのブログは、軒並み消えてなくなっていたのでした。


よって、絶好調の時代だけ見てもダメです。苦しい時代でも乗り切れるトレード手法。それこそが、本当に使えるトレード手法です。

そこで、「FXリアルトレード道場」で展開しているトレード手法でも、どうしようもない苦しい時代がやってくるのを待っています。そこを乗り切って初めて、ゆったり為替のトレード手法は素晴らしいと証明できます。

ただ、そもそも、そのような時代がやってくるか不明というくらいに守備力が高いです。


例1: 円安
円安はプラスの結果をもたらします。OK。

例2: 円高
54円まではOK。利食いを繰り返すので、豪ドル/円(AUD/JPY)=50円未満の円高になってもOKでしょう(過去最低は55円くらい)。

例3: 大波乱相場
最高です。どんどん波乱になってほしいです。

例4: 動かない相場
とてもつまらないですが、スワップポイントでしのぎます。

例5: 豪ドル/円を買うと、スワップポイントが継続的にマイナスになる場合
注意が必要です。ただし、リンク先の記事の通り、大丈夫だと予想しています。取引を終了すると決めた場合も、ダメージを抑えながら徐々に実行できると思います。
→ シミュレーション:トライオートFX自動取引の撤退戦!(FXリアルトレード道場)

例6: 豪ドル/円(AUD/JPY)=40円なんていうスーパー円高
注意が必要です。今すぐスーパー円高が来たら苦しいです。
→ 円高に対する防御力を大幅にアップする方法(FXリアルトレード道場)

よって、例5と例6になっても生き残れると証明できれば良いわけです。しかし、例5や例6の状況が実現するかどうか、とても怪しいですが。

下のチャートは、過去20年以上の範囲を収めています。この動きだったら余裕でOKです。2008年のリーマンショックの値動きもOK。1997年のアジア経済危機も余裕です。

余裕どころか、あまりに激しく為替レートが変動しますから、笑いが止まらないかもしれません。

audjpy-long-term

例5と例6は、過去に存在しない状況の想定になります。しかし、ブログ「FXリアルトレード道場」でそれぞれ検証しています。


リンク先の記事をご覧いただくと、例5が実現しても意外に楽勝と分かります。

しかし、例6は、限界まで円高になると厳しいです。例えば、豪ドル/円(AUD/JPY)=10円とか。実際に10円になるか?と問われれば、実現確率は0.00001%かもしれません。しかし、ゼロ%と断定もできません。

よって、それが実現してしまう場合に備えて、やはり、このトレード手法に全資産を突っ込むというような危険な行動はやめた方が良いでしょう。

豪ドル/円(AUD/JPY)=10円になるのを心配しているブログやFXサイトは、日本中探してもここだけかもしれませんが・・・。それだけ、トライオートFXの取引設定は守備力が高いということです。

(豪ドル/円=10円なんて本当にありうるの?と問われれば、「ありえない」と答えたいですが、やはりその答えはできないでしょう。)

→ トライオートの口座開設はこちらから


→ トライオートFX:ゆったり為替の設定は超マイナーだった・・・
→ FXリアルトレード道場