513513-1ゆったり為替はシストレ24のフルオートで公開トレードをしましたが、見事に散ってしまいました。

・・・という話を、FX攻略.com(FX専門雑誌)のweb編集長と話していたところ、編集長はシストレ24フルオートで勝っていたと分かりました。

では、比較記事を書きましょう!ということになり、4回の連載シリーズをFX攻略.comに掲載していただきました。全4回シリーズですが、勝ちトレードと負けトレードの比較は第4回です。

→ シストレ24「フルオート」リアルトレードによる成功例と失敗例(FX攻略.com)

勝ったトレードの記事や負けたトレードの記事について、探せばいろいろあるでしょう。しかし、同時期のトレードの成功例と失敗例を並べて比較した記事は、あまりないのでは?と思います。

というのは、ゆったり為替は、自分自身の負けトレードを公開することについて、あまり抵抗がありません。しかし、一般的にはそうでないだろうと思うからです。できることなら、常勝のイメージの方が格好いいですし。


トレード手法を採用するにあたり、成功する道は2つでしょう。

・ 勝っている人の方法をマネする。
・ 負けている人の方法をマネしない。

今回の記事は、まさにそれでしょうという感じです。読んでいただくと、結果そのものについて意外性はないかもしれません。フルオートを選択するときは、ステータスを素直に選ぶのが一番なのかもしれません。


ただし、素直にステータスを選ぶのが常に最良とは言えないでしょう。なぜなら、「不調」といったマイナス要素を選択できるからです。常にダメなら、そもそも選択肢として入れないはずです。よって、不調を入れたほうが良い場合もあるのかもしれません。

ここが、相場の難しいところ。

・・・しかし、自分のお金を投入するのですから、ゆったり為替のように「不調」を選ぶという技巧派は難度が高そうです。