338526-2先日、インヴァスト証券が準備したフルオート設定の成績を確認しました。特徴を端的に書くなら、以下の通りです。

・ 最大ストラテジー数は1または2だけ
・ 「金の卵」の設定が超優秀

では、このフルオート設定の最大ストラテジー数を大きくしたら、成績はどうなるでしょうか。ゆったり為替は「最大ストラテジー数を増やすと成績が悪くなる」と仮説を建てていますが、正しいでしょうか。

検証にあたって:
証拠金設定をそのままにして最大ストラテジー数を増加させると、取引額(1取引の数量)が減少してしまいます。最大ストラテジー数を2倍に増やすと必要な証拠金も2倍に増えてしまうため、取引額を減少させて証拠金の範囲に収まるようにしているのです。

それでは正確な比較が難しいので、取引額を5,000通貨にしました。5,000通貨ならば、最大ストラテジー数を増やしても大丈夫です。

では、結果を確認しましょう。


収益率第1位:
フルオート名: 金の卵トップ1実現T50
最大ストラテジー数: 1

このフルオート設定の損益曲線は以下の通りです。さすが第1位です。概ね右肩上がりの美しい線になっています。

gold-egg50-1


では、最大ストラテジー数を2にしてみましょう。その他の設定は同じです。損益曲線は下の通りになります。これは採用しづらいでしょう。2016年6月以降は成績が上昇していますが、それまでの成績がいけません。

すなわち、シストレ24において「最大ストラテジー数を増やすと成績が悪化する」は正しいと分かります。

gold-egg50-2



収益率第3位:
フルオート名: 損小利大トップ1実現T40
最大ストラテジー数: 1

収益率第2位の設定は、第1位の金の卵と類似しています。結果も同じような感じでしたので、省略しましょう。第3位について確認します。最大ストラテジー数が1の場合の損益曲線は以下の通りです。

sonsho-40-1


そして、最大ストラテジー数を2にした場合は下の通りです。これは明らかに、「最大ストラテジー数を2に増やした方が好成績である」と言えます。ゆったり為替の仮説が正しくないという例を発見しました。

sonsho-40-2


収益率第4位:
フルオート名: ベテラントップ1実現T50
最大ストラテジー数: 1

最後に、第4位のフルオート設定を確認しましょう。初期設定の場合の損益曲線は下の通りです。

veteran-50-1


そして、最大ストラテジー数を2にした場合は下の通りです。こちらは、数字を増やすと成績が悪化するという結果になりました。

veteran-50-2

最大ストラテジー数と損益の関係

以上のことから、「最大ストラテジー数を増やすと損益は悪化する場合が多い」と言えそうです。ただし、いつもそうなるとは言えません。そこで、フルオート設定を考えたら、最大ストラテジー数を変更して比較しましょう。

なお、最大ストラテジー数を増やすということは、必要となる証拠金も大きくなるということです。

そこで、フルオートを初めて使うという場合は、最大ストラテジー数を小さくして証拠金も小さくした方が良いのでは?と思います。安全運転したほうが、遠い場所まで行けるでしょう。証拠金を多くしてスピードを上げると、どこかで事故に遭ったら大変なことになるかもしれません。

→ シストレ24の口座開設はこちらから


→ 【もくじ】シストレ24
→ 最大ストラテジー数はいくつがベスト?
→ 最大ストラテジー数と損益の関係は?