(2016年10月5日追加:「らくらくFX」は2016年11月5日をもってサービスを終了します)

初心者向けデイトレード訓練ツール「らくらくFX」。

初心者向けと書いているのは、このサービスを提供しているFXトレードフィナンシャルのホームページにそう書いてあるからです。

しかし、初心者でなくても使い勝手が良いのでは?と思います。 

らくらくFXのスペックを確認


最初に、らくらくFXの機能を簡潔に確認しましょう。

・ 全ての通貨ペアのスプレッドが0.5銭固定
・ トレード開始前に、損益幅を設定。
・ スリッページなし
・ ポジション保有後の指値変更不可(ただし、手動の成行決済は可能)

豪ドル/円(AUD/JPY)やポンド/円(GBP/JPY)もスプレッドが0.5銭固定です。これが素晴らしいです。スプレッドが狭くてもスリッページがあっては意味がないのですが、らくらくFXには基本的にスリッページが存在しません。

損益幅(5銭、10銭、20銭のいずれか)を事前に決めなければならないこと、ポジション保有後の指値変更ができない点が、初心者向けサービスである理由でしょう。


中上級者でも使える理由


さて、らくらくFXが中上級者でも使える理由を考えましょう。理由は二つです。

1. 全通貨ペアのスプレッドが0.5銭固定

らくらくFXでトレード可能な通貨ペアは4つです。

米ドル/円(USD/JPY)
ユーロ/円(EUR/JPY)
豪ドル/円(AUD/JPY)
ポンド/円(GBP/JPY)

これらすべての通貨ペアのスプレッドが0.5銭固定というFX口座は他にないだろうと思います。全て同一のスプレッドですので、デイトレードをするときに「この通貨ペアのスプレッドはどれくらいだっけ?」と確認する必要が全くありません。

2. トレード1回の最大取引可能数量は100万通貨

らくらくFXは初心者向けといいながら、実はトレード1回の最大取引数量は100万通貨です。初心者向けで100万通貨はないでしょ!という感じですが、これは、中上級者でも対応可能であることを意味しています。

豪ドル/円(AUD/JPY)やポンド/円(GBP/JPY)で狭いスプレッドとスリッページなしの口座を探している場合は、試してみる価値があるでしょう。


チャートの問題の解決方法


では、らくらくFXに問題がないのかといえば、あります。ゆったり為替が気になるのはチャートです。簡素を追求した結果だと思いますが、チャートの機能が限定的です。

この問題の解決方法は意外に簡単です。「他のFX口座のチャートを見る」これでOKです。2つのFX口座に同時にログインしなければならないというデメリットはありますが、当座はこれでしのげば大丈夫かと思います。

→ デイトレード専用ツール「らくらくFX」のメリットはこれだ!
→ カテゴリ「らくらくFX」