017976豪ドル/円(AUD/JPY)のループイフダンで実弾トレードをしています。

豪ドル円については、先週前半に円安傾向で嫌だな・・・というときがありました。しかし、先週後半からの急激な円高で絶好調が復活しました。 

取引開始(2015年11月)から2016年4月末までの成績は、下のグラフの通りです。横軸は月を表します。

loop-ifdone-20160502

ゆったり為替の設定では、豪ドル/円(AUD/JPY)が89円になるまではポジションを持つことにしています(89円あたりを超えて円安になったら、全ポジションを決済してトレードを停止します)。

昨日(2016年5月5日)時点で最も円安のポジションは86円台となっています。

この状況で、先週のはじめは86円台をウロウロしていました。このため、利食いがほとんどありませんでした。加えて、ポジションもほとんどないのでスワップポイントもないという、実につまらない展開でした。

しかし、先週末にかけて一気の円高で復活しました。

「円高=含み損の発生」ですが、全く問題ありません。ポジションができたので、利食いチャンスができました。また、ポジションを持っていればスワップポイントも得られます。


さらに、4月末時点で豪ドル/円(AUD/JPY)=81円を割るような円高になっているにも関わらず、上のグラフで分かりますとおり、純資産は最初の入金額よりもかなり上にあります。純資産ですから、含み損を反映した額です。

ということはすなわち、昨年からの円高トレンドにもかかわらず、現在のトレードは成功しています。この理由は、今まで利食いをひたすら繰り返してきたので、少々の円高では損にならない体質が出来上がっているからです。

実にいい感じです。

かなり気が早いですが、このまま順調に資金を増加させていって、資産を2倍にしたいです。そうしたら、元の入金額を銀行口座に戻します。

すると、口座に残っているのは利食いとスワップポイントで得た額だけとなります。その後、このループイフダンの設定が破たんしても損失はゼロ円です。自分の元の資金は銀行に避難させているので大丈夫です。

実に素晴らしいトレードの出来上がり!とういわけです。

→ アイネット証券の詳細説明および口座開設


→ ループイフダン実践記録1:実弾トレードで有効性を検証!
→ リピート系(トラップ系)ならループイフダン!という4つの理由
→ ループイフダンの長期トレード最適設定を考える【米ドル/円(USD/JPY)】
→ ループイフダンで準備すべき資金・・・証拠金をいくら準備すべき?
→ 「ループイフダン(R)実況中」はトレード教材として最高
ゆったり為替のループイフダン設定:

1 通貨ペア: 豪ドル/円(AUD/JPY)
2 取引1回あたりの取引数量: 1,000通貨
3 売買の方向: 買い 
4 値幅: 40銭
5 最大ポジション数: 87
6 ロスカット想定値: AUD/JPY=54.00円(実際にロスカットするか不明) 
7 トレード開始日: 2015年11月2日(月)
8 円安許容値: AUD/JPY=89.00円
(89.00円を超えたらトレードを休止。ある程度円高に復帰したら、トレード再開)