083585-2くりっく株365で銘柄を売買するとき、値動きのほかに「配当相当額」と「金利相当額」の受け渡しによって損益が変わってきます。

FXでいえばスワップポイントに相当するものですが、今回は「金利相当額」について考察しましょう。 

くりっく株365で発生する「金利相当額」ですが、買いと売りでは以下の違いがあります。

買いポジション: 支払い
売りポジション: 受取り


この違いですが、イメージで考えると以下の通りです。

くりっく株365で日経225などを買うとき、手元資金よりも大きな資金を使って買えます。すなわち、金利相当額は資金調達コストと同じように考えられます。よって、金利を支払います。

一方、日経225などを売った場合は、手元に売却資金が来るというイメージになります。それを安全資産で運用した結果、金利をもらえるという感じです。金利を受け取ります。


では、この金利ですが、どのように決められるでしょうか。

細かい話は脇において、一言で書くならば「日銀の政策金利」を元にして決められます。もう少し正確に書くならば、無担保コール翌日物誘導目標を使います。

日本の政策金利を使いますので、2017年3月現在の金利支払額・受取額はそれぞれゼロ円となっています(2016年3月から、ずっとゼロ円です)。

一方、くりっく株365で日経225などを買うと、配当相当額をもらえます(売りの場合は、配当相当額を支払います)。よって、金利や配当の面でいえば、現在は買いが有利だということになります。


NYダウの金利相当額も「日銀の政策金利」で決める


さて、こうなると、NYダウを買うときの金利はどうなるんだろう?と疑問に感じるかもしれません。NYダウを買うときの金利相当額が米国の政策金利を基準にするならば、NYダウを買って持つのは損になるかも?ということです。

というのは、米国の政策金利は徐々に上昇していますから、そのうち配当相当額を超えてしまうかも…という心配があるからです。

しかし、大丈夫です。くりっく株365でNYダウを買うときも、金利相当額は「日銀の政策金利」で決められます。

現在入手できるデータ等で考えますと、近い将来に日銀が政策金利を引き上げると考えるのは困難です。一方、NYダウは日本に比べて配当が大きい銘柄が多いことで知られています。すなわち、FXでいうスワップ派と同じような感覚でNYダウを買うことも可能になります。


現物株でNYダウ構成銘柄やETFを買う場合、売買手数料が割高ですし、損益は為替レート変動の影響を受けます。

しかし、くりっく株365の場合は、為替レート変動の影響を受けません。「1米ドル=100円」という固定レートで計算されます。

よって、米国債に投資したいけれど為替レート変動が…売買手数料も割高だし…という場合は、くりっく株365が有力な選択肢となります。


金利相当額の受け渡し時刻


最後に、金利相当額の受け渡し時刻を確認しましょう。「取引時間終了時刻にポジションを持っていたら」金利相当額の受け渡しがあります(配当相当額の受け渡し時刻も同じです)。

標準時間: 午前6時00分
夏時間: 午前5時00分

上に書いた時刻にポジションを持っていたら、金利相当額の受け渡しがあります。どうしても金利相当額の受け渡しが嫌だという場合は、この時刻になる前に決済しましょう(ただし、現在の受け渡し額はゼロ円です)。

岡三オンライン証券の口座開設はコチラから


→ くりっく株365と日経平均株価を、日足チャートで比較
→ 現物株を持っている場合、くりっく株365は損失回避に使える
→ くりっく株365の手数料比較
→ 岡三オンライン証券訪問記
→ くりっく株365でNYダウを取引するメリット