458772-1いつものように朝5時30分に起きてメールを確認すると、トライオートFXから約定通知が多数届いていました。

決済注文が約定か?それとも買い注文か?…と確認すると、買い注文が成立。すなわち、円高です。そこで、豪ドル/円(AUD/JPY)の様子を確認しましょう。 

下のチャートは全てトライオートFXからの引用です。最初に、日足から確認しましょう。

チャート右側部分がギザギザになっていますが、ここで注文が約定したことを示します。ゆったり為替は豪ドル/円(AUD/JPY)=84.80円以下で買い注文を出していたので、「やっと約定したか~」というのが正直な感想です。

audjpy-daily-1

トレンドができていますので、円高目途を出したいところです。

この日足チャートでは良く分かりませんが、ゆったり為替の分析方法では、すでに円高目途に到達しています。しかし、より長期の視点でも確認したいです。そこで、週足チャートを確認しましょう。下のチャートです。

このチャートを見ると、円高の最大目途は76円くらいに見えます。80円~81円くらいにも相場の壁があるかなあ(すなわち、相場が反発しやすいかな?)という感じがします。

audjpy-weekly-1

最後に、月足を見ましょう。

月足だと、円高目途は72円くらいに見えます。実際に72円になっても全然おかしくないチャートに見えます。

audjpy-monthly-1


ゆったり為替のトライオートFX自動売買方針

では、この値動きを受けて、ゆったり為替が実行しているトライオートFXの公開トレードをどうしましょうか。基本的には何もしません。というのは、豪ドル/円(AUD/JPY)=55円~107円まで発注しており、50円を下回っても強制ロスカットにならない証拠金を準備しているためです。

ちなみに、過去の円高記録は55円くらいです。

とはいえ、少し行動しました。長期保有の買いポジションを決済しました。というのは、長期保有買いポジションの平均建値が78.757円であり、円安すぎるな~!と不満を常々感じていたためです。

そこで、79円台で買った2万通貨を利食いしました。残りは1万通貨・・・。

ここで円安に反転してしまったら、円安時の売りができません。その時は、ゆったり為替の取引が下手だったよね!ということになります。長期買い注文が1万通貨では、売りのリピート系注文は困難です。

よって、追加で買えないまま反転して円安になる場合は、通貨ペアを変更して引き続き取引することを検討します。 

ゆったり為替の具体的な取引設定につきましては、「トライオートFXを使った当ブログの取引設定」でご確認ください。姉妹ブログ「FXリアルトレード道場」の記事です。

また、ゆったり為替の毎月の取引成績につきましては、「月別成績詳細」をご覧ください。放置しているのにこの成績ですから、十分でしょう。

…(本当は、年末から年始にかけて円安になってガッカリしてましたが、今回の円高で約定が多数できてうれしいです。)