featured-image仮想通貨の価格変動率は、極めて大きいです。FXとは比較になりません。そこで、短期トレードで年率何%くらいの収益を見込めるか、日々実験中です。

現状の様子から、ゆったり為替が期待できる年利回りをご紹介します。

ゆったり為替が採用した短期トレードで1か月間取り組んだ結果、投資元本に対する収益率は10%を少し超えるくらいでした。この調子が続くと仮定するならば、年利で150%~200%といったところでしょうか。

しかし、仮想通貨を取引している皆様から見ると、「1年でたったの200%しかないの?」という感じかもしれません。と言いますのは、例えばビットコインの場合、値動きが下のチャートの状態だからです(bitbank.ccから引用)。

今年7月くらいには20万円台を記録しました。しかし、10月には60万円台を記録しています。わずかな期間で3倍です。恐ろしい(楽しい?)値動きです。

btcjpy

買って持っていれば勝手に上がってしまう状態です。暴落したら買って放置。これを繰り返すだけで、今までは成功できました。

しかし、ゆったり為替は、数えきれないほどの負けトレードを繰り返してきました。その結果、ゆったり為替のトレードは、「価格が暴落するときに買って持っていても損しない」「価格が暴騰するときに売り持ちがあっても損しない」という2点を極めて重視します。

その結果、ひどく守備的なトレードになります。

にもかかわらず、1か月で資金を10%超増やせました。ただ、流動性が十分に多いとは言えないので、投資金額が多くなっても同じようにできるか?という問題はあります。

今は実験トレードなので、金額はとても少ないです。引き続き短期トレードをしていきます。

なお、「ゆったり為替は、短期トレードは苦手だったのでは?」と記憶されている読者の皆様は少なくないと思います。ゆったり為替自身、短期トレードに苦手意識を持っていたのですが、今のところは期待通りに推移しています。

これは単なる偶然か、それとも、ゆったり為替は仮想通貨の取引に適性があるのか、どちらでしょうか。基本的には、単なる偶然だという姿勢で取引しています。これは、失敗を繰り返してきたにも関わらず、今でもFXの世界で生き残っている理由の一つかもしれません。


では、短期トレードに向いた取引所はどこでしょうか。FXのように極めて高水準の取引ツールが完備されていればありがたいのですが、そのような取引所はまだないようです。急ピッチでツールの開発が進むことでしょう。

そのなかで、短期トレードでゆったり為替が採用しているのはビットバンク(bitbank.cc)です。


理由1:全ての通貨ペアにおいて、取引板を使った売買ができる。

複数の仮想通貨を売買できる取引所は、徐々に増えています。しかし、取引板を使えない場合が少なくありません。取引板があれば、顧客がどのような指値注文をしているのかが良く分かります。短期トレードをする場合、この情報があるのとないのでは、かなり違います。

bitbank.ccは、全ての通貨ペアにおいて取引板を使えます。このメリットが大きいです。

理由2:現物取引で指値注文ができる

FXの世界で長らく生活してきた身としては、指値注文ができないFX口座を想定するのは困難です。しかし、仮想通貨の世界では、FXの常識が通用するわけではありません。

レバレッジを利かせる取引では、多彩な注文ができる取引所が複数あります。しかし、現物となると、なかなか難しいです。bitbank.ccが有力候補になります。

理由3:取引すると手数料をもらえる

これも、かなり大きなメリットです。短期トレードをする場合、取引回数が多くなります。すると、取引するたびにもらえる手数料の額が無視できない大きさになってきます。

下のキャプチャは、bitbank.ccからの引用です。指値注文を使って取引板に注文を乗せると、取引するたびにお金をもらえます(メイカー手数料と言います)。

bitbank手数料

なお、bitbank.ccが金融庁に登録されたことを記念して、2017年10月16日~2018年1月9日の期間限定で、売買手数料が完全無料になります。成行注文でも手数料を支払う必要がないので、心強いです。

bitbank.ccの口座開設はこちらから