日常生活では忘れがちですが、生きていれば必ず年を取ります。いつかは働けなくなります。そこで、働けなくなってから必要なお金はいくら?

・・・というわけで 、ざっくりと試算してみましょう。

何か条件を設定しないと試算できません。そこで、以下の通りとしましょう。一人暮らしを想定しまして・・・

定年退職: 65歳
死亡年齢: 85歳(退職後20年間生きるとします)
毎月の生活費: 20万円
病気等への備え: 1,000万円

ここで、年金についてですが、制度が破たんしていて1円ももらえないと想定します。年金に頼った老後設計をすると、将来痛い目に合うような予感がするためです。国民年金の場合、満額もらえても月額6万円台ですし、年金で生活することを想定したくありません。

また、生活保護に頼るという選択肢も捨てます。「自分の足で立つ!」これを条件にします。

すると、退職後に必要な金額は5,800万円となります。

試算の条件をご覧いただくと分かりますが、ぜいたくな生活を希望しているわけではありません。家賃についての試算が抜けていますが、月額20万円だと少なくとも裕福な生活ではありません。

にもかかわらず、退職後に5,800万円が必要という試算になりました。

そして、85歳よりも長生きすれば、必要な資金も多くなります。資金が確保できない場合、長生きすることがリスクであるという状況です。働けず、年金制度は期待できず、お金もなく、しかし生きている・・・かなり厳しい状態だと予想できます。

上の試算はおおざっぱですが、もう少し詳しく試算できます。マネーパートナーズの「地獄シミュレーター」です。天国シミュレーターでなくて地獄シミュレーターというネーミング・・・なかなかです。

→ マネパの地獄シミュレーターをやってみる(マネパのホームページに遷移します)

なお、当ブログの姉妹サイト「FX究極のスワップ派」では、スワップ派で老後資金を確保できるか?について試算しています。そちらもご覧ください。

→ 老後資金をFXスワップ派で作れるか?