8月のポンド円(GBP/JPY)は円安になるでしょうか。あるいは、円高になるのでしょうか。

事前に把握することはできませんが、過去の実績を調べることはできます。そこで、過去10年について調べました。 

過去10年(2005年~2014年)の8月のGBP/JPYは・・・

円安 : 6回
円高 : 4回
円安になるときの平均値 : およそ290銭
円高になるときの平均値 : およそ610銭
合計 : 円高方向におよそ720銭

8月のGBP/JPYは注意を要する月だといえるかもしれません。

というのは、円安確率は60%なのに、円高になるときの値動きがとても大きいからです。円安に動くときの2倍もの大きさです。このため、過去10年の合計も円高方向に720銭ほど動くという結果になっています。

特徴的な結果でしたので、過去20年についても確認しました。


過去20年(1995年~2014年)の8月のGBP/JPYは・・・

円安 : 14回
円高 : 6回
円安になるときの平均値 : およそ310銭
円高になるときの平均値 : およそ570銭
合計 : 円安方向におよそ570銭

円安確率70%という高確率です。しかし、円高になるときの値動きがとても大きいというのは、過去10年と同じです。過去20年間の合計は円安方向に動いていますが、これは勝率の高さが効いているのでしょう。

以上のことから、8月のトレードをイメージしますと、
1. 円安方向をメインに考える。
2. しかし、円高になるときは値動きがとても大きくなるので注意

というところでしょうか。

→ 米ドル円・ポンド円:毎月の特徴を直接トレードに生かせないか?
→ 1月のポンド円(GBP/JPY) (円安5回、円高5回)
→ 2月のポンド円(GBP/JPY) (円安8回、円高2回)
→ 3月のポンド円(GBP/JPY) (円安8回、円高2回)
→ 4月のポンド円(GBP/JPY) (円安5回、円高5回)
→ 5月のポンド円(GBP/JPY) (円安7回、円高3回)
→ 6月のポンド円(GBP/JPY) (円安4回、円高6回)