円高が少し進むと、「大損」という感じのキーワードで当ブログを訪問される方が増えてきます。

この状態を改善し、何とかして勝利を目指していただくために、姉妹サイト「FX究極のスワップ派」を作成しました。

上のリンク先の記事では、トラップ系の取引についても触れています。そこで今回は、ひとたび設定すれば永続的に稼いでくれる?なトラップ系の取引を目指す記事を作成しました。 

しかし、問題がありまして・・・それは、記事が長くなってしまいました。そこで、PDFで記事を6つ作りました。最初のPDFを読んでいただくと、最後に2番目のPDFのリンクがあります。そこをクリックしていただくと、2つ目を開くことができます。

このような感じで、6番目まで閲覧できるようにしました。

残念ながら、このブログにはPDFをアップすることができません。そこで、姉妹サイト「FX究極のスワップ派」に掲載しました。ご覧くださいますようお願いします。

→ 永遠に稼いでくれる?トラップ系の取引(外部サイト) 


このブログに通常記事として6回分書くこともできましたが、第1回から順に読んでいただくために、この方式にしました。以下に、全6回の概要をお知らせします。 

第1回: 危機の発生頻度
過去30年間に、どれだけの頻度で危機が発生してきたかを確認します。意外に多いことに気付くでしょう。

第2回: 豪ドル円と危機
第1回の内容を、豪ドル円(AUD/JPY)に当てはめて考察します。AUD/JPYを選んだ理由は、この通貨ペアでトラップ系の取引をする方が多いだろうと予想したためです。そして、危機が発生するときには為替レートがどのように動いてきたのかというパターンも見えてきます。

第3回: 長期のトラップ系取引シミュレーション
過去30年間、長期のトラップ系取引をしてきた場合に、どれだけの証拠金が必要だったのかを考察します。

第4回: では、どうすれば良いのか
第3回で見た大変な状況でも生き延びるためにどうすれば良いのか?を考えます。

第5回: 取引の設定例
第4回の取引について、注文本数を多く、そして証拠金を少なく済ませられる設定例を考えます。

第6回: 超長期トラップ系取引に適切なFX口座
最後に、今まで概観してきた取引を実行するのに最も適したFX口座を考えます。