昨年来、ゆったり為替はFXサイト"Trader's Spot"において、米国の政策金利上昇と米ドル/円(USD/JPY)の関係を繰り返し掲載してきました。

掲載数が多くなりましたので、ここで記事の内容をまとめます。来るべき時に備えていただければ幸いです。 

1. 過去、米国が政策金利を引き上げると、USD/JPYは円高になりました
→ 政策金利とUSD/JPYの関係を長期チャートで確認
→ 円高目途をチャートで分析

2. USD/JPYが円高になる理由
→ 実体経済面から分析 

3. USD/JPYが円高にならない場合
→ 円高にならない場合の理由を予想 

4. 番外編: 長期トレードの特徴

2015年中に米国の政策金利が引き上げられる可能性があります。早ければ今年6月とも言われています。しかし、実際にUSD/JPYが円高になるかどうかは分かりません。

ゆったり為替は円高になると思います。円高後に円安の時代到来です。しかし、これは予想に過ぎません。

このため、円高に賭けて大きな額を投じることは危険です。相場がどのように動くのか、事前に把握することは不可能です。トレードには常にリスクが伴うことを確認しながら分析とトレードを楽しみましょう。


実際に円高になると、過去の実績を考えれば10円~20円くらい円高になる可能性があります。

このうち、ゆったり為替は600銭~800銭以上は利益が欲しいな・・・と考えています。1万通貨だったら6万円~8万円、10万通貨だったら60万円~80万円です。利益を考えると前のめりになりがちですが、損してしまう場合ももちろんありますので、冷静なトレードを心がけます。

→ 一般投資家の米ドル/円売買動向(買い過ぎはほどほどに・・・)