AUD/CHFは0.8000を下回り、奈落の底に落ちるような錯覚さえ覚える状況です。

この状況で、AUD/CHFのトラップ系の取引をするのもアリかな、と考えています。

トラップ系の取引はとても有効な方法なのですが、含み損が巨大になりうることが欠点でした。
しかし、AUD/CHFが0.8000を下回っている現在、その懸念は薄らいでいるように思います。


振り返ると・・・
2008年、AUD/JPYが歴史的安値である55円台を記録したとき。 
2011年、USD/JPYが過去最安値を更新して75円台を記録したとき。

多くの人が相場に対して恐れているときでした。
しかし、買って持ち続けることができた人は、後に大きな果実を得ることができました。

AUD/JPY: 2008年の55円台→2013年に105円台へ(+50円)。
USD/JPY: 2011年の75円台→2013年に105円台へ(+30円)。

AUD/CHFも最安値に近づく時期を迎えたのではないかと思います。
上の例を参考にすれば、ロングを建てると、2年~5年という長期で保有することになるでしょう。

もちろん、私の判断は大ハズレで大損!という可能性もあります。
トレードの結果について私は責任を負えませんので、皆様の判断と責任において取引していただきますようお願いします。