トレード実戦記録5において、現在はショート清算後のロングを持っている状態です。
特に清算レートの目標値もなく、 ブラブラと遊んでいる状態です。

この状態。一見すると塩漬けそのもののように見えます。

しかし、塩漬けとは大きく異なります。

○ 塩漬け
 上昇を期待して買ったものの大きく下落してしまい、仕方ないから保有し続ける。

○ 今回持っているロング
 両建てトレードのシナリオに沿って保有しており、期待が外れたわけではない。
 毎日スワップポイントで稼げる。
 低いレートで買っていて、将来の上昇を十分に期待できる。

保有しているロングが塩漬けのままになる可能性はゼロではないでしょう。
しかし、その可能性を大袈裟に考える必要もないでしょう。

今回の両建てのロングについて言えば、建値はAUD/CHF=0.81495です。

為替レートが0.81495を上回ることは二度とない、と考えるほうが無理があるでしょう。 

仮に、もう二度と含み益になる日は来ない場合でも、スワップポイントを毎日得られます。
最近は2日で1pip相当のスワップポイントですから、1年で180pips以上に相当します。
10年保有したら1,800pips以上となり、含み損を考えても利益しか残りません。

落ち着いて行動すれば、最終的には利益になると考えても良いのではないでしょうか。