このブログで紹介している両建てトレードは、利点のほうが目立ちます。
この利点はとても大きいと思いますが、何とか欠点を探しました。

○ トレード開始から終了までの期間が長くなりがち

というのは、この両建ては、「両建て→ショート(売り)の利益確定→ロング(買い)の利益確定」という流れになりますので、どうしても1トレードに要する期間が長くなりがちです。

しかし、以下の利点を考えれば、この両建てトレードをやる価値は十分あると思います。 

○ 損失確定時のキズが浅い、または、損失確定しても全体としては利益になる
○ ショートのトレードが苦手な人にとっては、 ショートの練習になる

なお、1回のトレードに要する期間が長いと、大きな利回りを望めないような気もします。
しかし、そうでもありません。
先に書いた実践例を例にとりますと、1万通貨で取引して過去最低値まで下落しても大丈夫な保証金を準備した場合・・・

必要な保証金額: 1,976スイスフラン
利益: 131.70スイスフラン(為替差益125.20、スワップポイント6.5)
利益率: 6.67%
トレード期間: 9月27日~10月9日(13日間)

利益率6.67%を13日間で獲得しました。うまくいけば年率100%を狙うことも可能なのではないでしょうか。