FXゆったりトレード派

のんびりFXトレードすることを目指すブログです。

実践例(AUD/CHFその1)

「十分な数量のロングを先に建てる両建て」の方法を使って、AUD/CHF(オーストラリアドル/スイスフラン)の取引を考えてみます。

無題

AUD/CHFは過去数十年にわたって、おおむね0.70~1.10の間で動いています。
しかし、多くの期間は0.90よりも上のレートで推移しています。
また、スワップポイントは継続してプラスを維持しています。

2013年9月現在のレートは0.85前後で推移しており、過去数十年の値動きを考えますと、将来再び0.90を超えるだろうと予想したと仮定します。

AUD/CHF=0.85のとき、1万通貨を買うために必要な保証金は0.85×10,000×0.04=340(スイスフラン)です。
過去最低値は0.69くらいですので、もう一度0.69になっても耐えられるように、保証金を加えます。
(0.85-0.69)*10,000=1,600(スイスフラン)です。

1万通貨のロングを建てるために、合計額の1,940スイスフランを準備しておきます。20万円くらいです。
これで、とりあえずはリーマンショック級の暴落がもう一度訪れても、何とか耐えられるという感じになります。
0.69にはもうならないよ、と考える場合は、保証金の額を減らすことができます。

あとは、1万通貨よりも少ない数量でショートを自由に取引します。

8,000通貨や9,000通貨で取引すると、2回の取引で1万通貨を超えてしまいます。ここは、1,000通貨でショートしましょう。

2回、3回とショートの取引が失敗しても問題ありません。次々に取引できます。
「失敗=為替レートの上昇」を意味しますから、すなわち含み益が増えます。
ショートが成功すれば確定利益がありますし、どちらに転んでもいい感じです。

では、次に、実際のチャートで検証してみます。 


両建てに適した会社(くりっく365以外)

(最終更新日:2015年11月15日)

建玉整理やスワップポイントの特徴により、両建て取引には「くりっく365」が有利です(取引手数料が無料になる会社で取引しましょう) 。

しかし、くりっく365では不都合な場合があります。

○ くりっく365で取り扱っていない通貨ペアで両建てしたいとき

くりっく365では取引できないのですから、他社を探すしかありません。両建て取引ができる他社を決める際の基準はいくつかあるでしょう。下のすべての基準を満たすことができない場合は、優先順位をつけて探すことになります。

1) スプレッドが小さいこと
スプレッドはコストです。コストは小さいほうが望ましいです。

2) 買い・売りでスワップポイントの差が小さいこと
スワップ派の場合、スワップポイントが大きい会社を探すことが多いでしょう。両建ての場合は、買いのスワップポイントと売りのスワップポイントの差が重要です。この差が小さいほど、損失も小さくなります。

3) 保証金がMAX方式であること 
両建て取引は、買いと売りの両方のポジションを持ちます。買いと売りの証拠金のうち、多い方の額のみを必要とする(MAX方式を採用する)会社がある一方で、買いと売りの両方のポジションの証拠金が必要な会社もあります。

もちろん、MAX方式を採用する会社を探すことになります。 


また、くりっく365以外で両建て取引をしたい理由として、取引単位を1,000通貨単位以下にしたいということもあるかもしれません。

くりっく365の取引単位は10,000通貨単位です(ラージは10万通貨単位)。1,000通貨単位やさらに小さい単位で取引したいと考えるならば、くりっく365以外で探すほかありません。 

とにかく取引単位を小さくしたいならば、SBI FXTRADEが選択肢になります。SBI FXTRADEの最小取引単位は、1通貨単位です。1ドル、1ユーロから取引可能です。

1,000通貨単位を採用する会社は複数ありますが、さすがに1通貨単位を採用する会社はなかなかありません。
検討するに値するでしょう。


最適な時間足(ロングとショートを同時に建てる場合)

ロングとショートを同時に建てる両建ては、エントリー直後の為替レート下落と将来のレート上昇を期待しています。

為替レート上昇を期待する理由は、過去数十年間のチャート形状です。
先にショートで利益を得ようとしている現在のチャート形状では、上昇を期待することが難しいでしょう。将来のいつかの上昇に期待するわけです。

ここで、この両建てでショートする理由がスキャルピング的な感じだったと仮定します。
スキャルピングで期待できる利益: 数pips~10pipsくらい
その後のロングで期待できる利益: トレーダー次第

スキャルピングはエントリー後10秒や20秒で取引を清算するような取引で、小さな獲得利益を積み重ねます。
一方、その後のロングは小さく見ても1日単位となります。獲得利益の大きさはトレーダー次第で大きくも小さくもなります。

この場合、ショートのスキャルピングを数多くこなしますと、未精算のロングが数多く積みあがる可能性があります。 

スキャルピング以外の時間軸でも、未精算のロングが積みあがる可能性はあります。
しかし、1トレードあたりの利益が少ないスキャルピングの場合は、必要保証金が多額になる割に獲得利益が少ない。
そのような状況になりやすいのではないかと予想します。

一方、ショートする理由がスキャルピングでなくてもっと長期、例えば週足のチャート分析の場合、トレード機会が1年に数回しかないかもしれません。
1年のうち多くの時間を、何もしないで待ち続けることになります。

このため、この取引でもっとも取り組みやすい時間軸は日足ではなかろうかと予想します。 

くりっく365実践例(EUR/CHF両建て)

くりっく365|外国為替(FX)

ロング(買い)とショート(売り)を同時に建てる両建て方法を利用して、具体的な通貨ペアでの取引を考えてみます。

例) EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン)続きを読む

トレード方法(ロングとショートを同時に建てる両建て)

ロング(買い)とショート(売り)を同時に建てる両建てのトレード方法を書きます。

買いのトレードは躊躇なくできるのに、売りは得意でないという方は多いだろうと思います。
以下のトレードならば、売りのトレードが思いっきりできるかもしれません。 

無題
 続きを読む

くるくるワイドとPin Bar

無題(2015年6月29日更新)

くるくるワイドとPin Barの組み合わせは強力な攻撃力を持っていると思います。私の日々のトレードでも、トレード可能なPin Barが出てくると、嬉々としてトレードします。

くるくるワイド: http://0141swap.blog45.fc2.com/

続きを読む

ピンバーが詳しく分かるサイト&ピンバーのエントリーポイント

無題今日のバイナリーオプション(実践9)でPin Bar について触れました。

実際にトレードする際、トレーダーは何らかのシグナルを頼りにしていることでしょう。
ローソク足のシグナルで私が最も使いやすいと思う形はPin Barです。

ところが、使い勝手が良いと思うのは、私を含めて少数にとどまるのかもしれません。
というのは、 Pin Bar を検索しても、それを丁寧に説明しているサイトが少ないからです。
あるいは、酒田五法で説明されていて、あえてPin Barと呼ばないだけなのかもしれません。

詳細に説明しているブログがありますので、紹介します。

「Dealing FX ~トレードマニュアル~」です。4回にわたって説明があります。
http://www.dealingfxblog.net/archives/9242457.html 

なお、Pin Bar単体でも十分強いシグナルではありますが、もう一つ、Pin Barを補強するシグナルと併用することが望ましいです。


また、ピンバーで取引を開始するポイントを探してみましょう。下のチャートは、2013年4月~2014年9月の日足の豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF)です。

pinbar


私がエントリーするポイントは、ボリンジャーバンドの2σ、-2σを超えるあたりで pin bar が出るときです。エクセルでローソク足とボリンジャーバンドを重ねて描こうとしたのですが、方法が分かりませんでした。そこで、上のチャートではローソク足のみ描いています。

赤・・・pin barが上昇または下落を示唆して、 次の日の日足が示唆と同じ方向に動いたとき
青・・・pin barの示唆とは逆に動いたとき 

日足ですので、トレードチャンスは1か月に1回あるかどうか、という感じです。しかし、いい感じの勝率ではないでしょうか。

あとは、リミット(利食い)とストップ(損切り)をどこに設定するかを考えることになります。 

超短期トレードをしない理由

無題ブログを検索しますと、FXならデイトレやスキャルピング、バイナリーオプションならば判定時刻まで10分の記事が多数掲載されています。

一方、私が得意とするのは1日1回以下の取引で、FXならばスイングトレード~超長期のトレード、バイナリーオプションならば判定時刻まで23時間(夏時間は22時間)の取引です。 

1日1回以下ですと、トレード画面を眺めても実際にはトレードしない日もしばしばです。

トレード手法にはそれぞれ長所・短所があり、どちらが優れているというものではありませんが、私が1日1回以下のトレードを好む理由は、おおよそ以下の通りです。

○ トレード以外のことに1日の時間の多くを使える。
○ 超短期トレードは私の性格に合わない。

こんなところです。ディスプレイを4個も6個も並べて相場と対峙するイメージのトレードに憧れるのですが、それをやると、どうしても多くの時間をパソコンと過ごすことになりますので、私の希望に沿わないのです。

1日1回以下のトレードで十分な利益が上がるだろうか?という疑問が出るかもしれません。

FXの裁量トレードで利益を上げようと思えば、取引回数を増やすか、1トレードあたりの金額を増やすか、です。
たくさんトレードしてたくさん利益を上げようと考える方は、取引回数に着目しています。
私は取引回数を増やすことには向いていないので、取引機会は少なくても高い勝率のトレードを、ある程度のまとまった資金で行います。

このブログのご利用にあたって

本ブログに訪問いただき、ありがとうございます。
本ブログはFXについて書いていますが、ここに書かれた情報のご利用にあたりましては、
以下の事項のとおりですので、よろしくお願いします。

**********
○ 本ブログの目的は情報敵将であり、投資助言または投資勧誘等を行うものではありません。

○ 本ブログの情報は、その完全性・正確性・有用性について保証しません。

○ 閲覧者が、本ブログの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても、本ブログ運用者は一切の責任を負いません。

○ 本ブログ運営者の許可なく複製、転用、販売、送信、放送、配布などの二次利用、または改竄することはできません。


ブログ内記事検索
古い記事の引っ越し
古い記事の一部を、別のブログに徐々に移動させています。詳細はこちらをご覧ください。
プロフィール
ゆったり為替ゆったり為替

取引回数は少ない「ゆったりトレード」です。
FXでの大成功を目指して勉強する毎日です。
メッセージ
当ブログを紹介していただいた皆様