クオレア

QUOREA【クオレア】の使い方

QUOREA(クオレア)とは

クオレア

クオレアとは、仮想通貨やFXで自動売買ができるサービスです。自分で自動売買プログラムを作ることもできますし、他人が作った好成績のものを使ってトレードすることも可能です。

また、クオレアに入金して取引するのではなく、クオレアのツールを使って、GMOコインやLiquidなどの口座で取引します。

期待通りの成績になれば、自分でトレードしなくてもシステムが勝手に稼いでくれて素晴らしいです。

しかし、実際にはプログラミングが難しかったり、難易度が低くてもトレード成績が良くなかったり…要するに、なかなか期待通りになりません。

そんな中、クオレアは好成績で、ツイッター上でも評判になっています。

FXの自動売買は複数の会社で取引可能ですが、仮想通貨は珍しいです。APIに関する小難しい作業はクオレアが代わりにやってくれますので、トレードという重要な部分に集中できます。

ここでは、主なメリットをご案内しましょう。ちなみに、優秀な自動売買プログラムについては、下のリンク先記事でご案内しています。

仮想通貨:botで自動売買

ビットコインを主役として、仮想通貨価格が上昇しています。そこで、bot(ボット)を使った自動売買を検討します。 Contents なぜ仮想通貨の自動売買かbot(ボット)簡単に自動売買QUOREAが好 ...

続きを見る

メリット1:プログラミング言語不要

クオレアのメリットの一つは、プログラミング言語が不要という点です。具体的には、以下の2つの方法で自動売買プログラムを設定します。

  • 自分で作る
  • 他人が作ったものを使う

自分で作る方法

自分で自動売買プログラムを作るには、下の画像のような条件一覧から、採用したいパーツを組み合わせて取引します。

自動売買を作る

各種パラメーター(数字)を自由に変更できますし、選ぶだけで作れますから簡単です。しかし、簡単に作れるといっても、好成績になるというわけではありません。

また、「250分ボリンジャーバンドの+2σ線を上抜け」等の選択肢から選びますが、この表現から分かります通り、インジケーターの知識が必須です。

そこで、他人が作ってくれた優秀な自動売買プログラムを使うのが現実的です。

他人が作ったものを使う

他人が作ったものでトレードする場合は、バックテスト成績や公開後の成績などを見ながら、お好みのものを選びます。こちらの方が、自分で作るよりも断然簡単です。

では、どれを選べばよいか?ですが、クオレアでは複数の選び方を準備してくれています。詳細は、下のリンク先記事から確認いただけます。

クオレアの自動売買プログラム(投資ロボット)の選び方

仮想通貨とFXで自動売買ができるクオレアでは、自分で自動売買プログラムを作ることができますし、誰かが作ったものを選択してトレードすることもできます。 そこで、自動売買プログラムの選び方をご案内します。 ...

続きを見る

メリット2:作成者報酬

上のメリット1を見ますと、優秀な自動売買プログラムを作れる人は、他人に公開したくないと思うかもしれません。といいますのは、せっかく苦労して作ったのに、他人にタダ乗りされてしまうからです。

しかし、成績が良好な場合、一般に公開するメリットがあります。その理由は、作成者報酬があるからです。

下の4条件を満たす自動売買プログラムを作りますと、毎月継続的に報酬をもらえます。

  • 条件1:ロボットの作成を行うこと
  • 条件2:作成したロボットが任意のユーザーに自動売買設定されること
  • 条件3:条件2のユーザ(利用者)が月間トータルで利益を出すこと
  • 条件4:条件2のロボットが月間トータルで利益を出すこと

これらの条件を見て分かります通り、実際に資産を増やせるという条件が付いています。腕に自信がある場合、自作に挑戦する価値があります。

期待通りになれば、継続的かつ自動的に報酬を得られます。

メリット3:マルチタイムフレーム

3つ目は、ゆったり為替注目のマルチタイムフレーム機能です。マルチタイムフレームとは、異なる時間軸のチャートを使って分析・トレードする方法です。

例えば、ゆったり為替のスイングトレード(マルチタイムフレームを使ったトレード)は、以下の通りです。

ゆったり為替のスイングトレード例

日足チャートで取引チャンスを探し、取引チャンスが近くなったら、4時間足で具体的な取引開始タイミングを探して取引実行。

このように、異なる時間軸のチャートで分析して取引する人は、ゆったり為替の周囲に何人もいます。しかし、それを自動売買に反映しようと思っても、簡単ではありません。

MT4なら可能ですが、大半の人は思い通りのEAを作れませんし、日本のFX会社が提供している一般的なツールでは、マルチタイムフレームで作ることができません。

しかし、クオレアならできます(プログラミング言語の知識は不要)。

3つ目ののメリットだけでも、クオレアで自動売買プログラムを作ってみる価値があります。実際に取引するかどうかは、プログラムを作ってから考えればOKです(デモトレードもできます)。

自動売買のトレード成績

以上のメリットはとても大切ですが、ユーザーにとって重要なのは、実際のトレード成績はどうなのか?です。参考となる情報は、以下の通りです。

2020年末にクオレア公式からユーザー向けに発信されたメールを見ますと、顧客残高が伸びており、全ユーザーの平均利益率は年+100%を超えるそうです。

さらに、公式サイトによると、ユーザーの月利平均は以下の通りです。

  • 2020年11月:20.1%
  • 2020年12月:39.26%

素晴らしい数字です。

選択方法、利用料等

さてここで、クオレアについて疑問が出てくるかもしれません。

どれくらい信用できるか

公開されている自動売買プログラムはどれくらい信用できるか?というのは、大変重要な項目です。ここで参考になるのが、「作成者報酬」です。

作成者報酬とは、自動売買プログラムを制作した人が得る報酬であり、ダメなプログラムを作った人には報酬が1円もありません。

すなわち、以下の「全て」の条件を満たした場合のみ、報酬が支払われます。

  • 条件1:ロボットの作成を行うこと
  • 条件2:作成したロボットが任意のユーザーに自動売買設定されること
  • 条件3:条件2のユーザ(利用者)が月間トータルで利益を出すこと
  • 条件4:条件2のロボットが月間トータルで利益を出すこと

以上のとおり、ユーザーが利益を出して初めて報酬が発生するルールであり、ダメな制作者は排除されます。

この条件があれば、全ての自動売買プログラムが信頼できるというわけではありません。しかし、ダメなプログラムを排除しやすい仕組みになっています。

これは、顧客保護としても機能します。

自動売買プログラムの選択

自動売買プログラムの中には、散々な成績になっているものがあります。これは、誰でも自由にクオレアに自動売買プログラムをアップロードできますから、ある程度止むを得ません。

そこで、クオレアでは以下の対策を講じています。

  • 各種ランキングでソートできる
  • 運営が、優秀なプログラム作成者に協力要請

自作の自動売買プログラムで成功を収めている有名人は、複数人います。そのような人々が作ったものがアップロードされれば、ユーザーのメリットは大きいです。

その人が作ったものはどれか?をクオレアが個別に公開してくれるかどうかは不明ですが、成績が良いのでソートすれば上位に出てくるでしょう。

利用料は?

手数料プランは、アクティブプランとそれ以外の2種類があり、ざっくりと書きますと、以下の通りです(詳細は公式で確認をお願いします)。

アクティブプラン:
取引金額の0.01%
アクティブプラン以外:
最大で取引金額の0.05%、取引高が大きくなるにつれて割合は小さくなる。

支払方法、クレジットカードです。

この額を高いと見るか安いと見るかは人それぞれですが、自分で全て設定してビットコインで自動売買しようと思うと、取引所のAPIに関する設定が必要不可欠です。

この時点で、大半のユーザーはお手上げでしょう。さらに、自動売買プログラムを自分で作る必要があります。ハードルが高すぎます。

一方、クオレアなら、取引所APIとの連携が簡単にできます。また、自動売買プログラムについて、準備してあるパーツを組み合わせて自作することもできますし、他の顧客が作った優秀なものを選ぶこともできます。

これらは、プログラミングの知識が不要です。

この差は歴然としています。今から勉強して時間を費やすなら、優秀な自動売買プログラムを選んで手数料を払う方が合理的、という場合が少なくないことでしょう。

また、先にご案内しました通り、顧客のトレード成績も良いという数字が公表されていますから、手数料を考慮してもクオレアでの取引を検討できます。

QUOREA アカウント開設

APIの連携設定

クオレアで取引するには、GMOコインやLiquidなどの販売所にある自分の口座と、クオレアのアカウントを連携します。

イメージ図は下の通りです。

クオレアの連携

左側にクオレアのアカウントがあり、右側はGMOコイン等です。両方に自分の口座がありますが、それぞれ独立しています。そこで、接続(連携)します。この接続をAPI連携と呼びます。

その後、クオレアから取引指示を出し、それに従ってGMOコイン等で取引が実行されるという流れです。

以下、GMOコインの連携方法をご案内します。

step
1
GMOコインに入金

API連携をするには、必ず先に入金してください。GMOコインの口座は、下のバナーから開設できます。

GMOコイン 口座開設

step
2
メニューから選択

GMOコインのメニューにある「API」をクリックします。

API連携

step
3
条件に同意

APIを使う際の注意事項に同意します。

API連携

ちなみに、クオレアでは、顧客から得たAPIに関する情報につき、暗号化などのセキュリティ対策を施した上で、ユーザー固有のサーバー領域にユーザー自身にて保存管理する仕組みを採用しています。

すなわち、クオレア自身もユーザーのAPIに関する情報を把握できない(=転用できない)状態にして、安全度を高めています。

step
4
APIキーの新規追加

「APIキーを新規追加」をクリックします。

API連携

step
5
必要な項目の選択

下の画像の一番上の赤枠部分に、任意の文字を入れます(ここでは、quoreaとしています)。

そして、全ての項目にチェックを入れますが、赤枠の「資産」「トレード」をクリックすると、全て選択できます。

API連携

選択したら、一番下の「追加する」をクリックします。

step
6
APIキーのコピペ

すると、APIキーとAPIシークレットが発行されます(下の画像で、灰色に塗りつぶしてある部分)。その横にある赤枠部分をクリックすると、その情報をコピーできます。

API連携

では、この情報をどこに張り付けるか?ですが、下の通りです。

step
7
クオレアにAPIキー等を登録

下は、クオレアのログイン後画面です。矢印部分「自動売買設定が完了していません。設定を完了させましょう!」をクリックします。

API連携

すると、下の画像が出てきますので、赤枠部分にAPIキーとAPIシークレットキーをそれぞれ貼り付けます。

そして、一番下にある「上記に同意する」にチェックしつつ、「設定する」をクリックします。これで、設定完了です。

API連携

ここまでできたら、優秀な自動売買プログラムを選んで取引開始です。選び方の詳細については、下の記事でご案内しています。

クオレアの自動売買プログラム(投資ロボット)の選び方

仮想通貨とFXで自動売買ができるクオレアでは、自分で自動売買プログラムを作ることができますし、誰かが作ったものを選択してトレードすることもできます。 そこで、自動売買プログラムの選び方をご案内します。 ...

続きを見る

クオレア利用の留意点

次に、留意点に移りましょう。優秀な自動売買プログラムを選べばそれでOKではありますが、自分のお金でトレードしますので、把握しておいた方が良いです。

・入金額

入金額に制限はありませんが、クオレア公式は10万円以上を推奨しています。

あまりに金額が小さいと、売買シグナルが出ても証拠金不足でトレードできない可能性がありますので、余裕を持った金額が望ましいです。

・同時に選べる数

同時にいくつ選んで取引しても構いません。

ただし、同じような売買ルールをいくつも選んでしまう場合、調子が良いときは資産が一気に増えますが、逆の時は一気に減る可能性があります。

そこで、初期設定では、似たような自動売買プログラムをいくつも同時に選べないようになっています(設定を変更できます)。

・サポート

選び方や使い方について、運営からメールでサポートを得られます。分からない部分は、積極的に質問しましょう。

運営としても、「似たような内容でユーザーからの質問が多いな」と分かれば、その部分について公式サイトを改善するきっかけになりますし、遠慮は不要でしょう。

・取引所、販売所

クオレアで利用できる取引所・販売所は以下の通りです。

  • GMOコイン
  • bitFlyer
  • Liquid

ただし、新規に口座開設する場合はGMOコインのみ利用可能ですので、注意です。

以上、主な留意点を挙げましたが、特に難しい点はありません。余裕を持った入金額にしつつ、お気に入りの自動売買プログラムを見つけて検討しましょう。

QUOREA アカウント開設

-クオレア

© 2021 FXゆったりトレード派