トライオートFX

トライオートとシストレ24の決定的な違いとは?

投稿日:2015年7月21日 更新日:

第3回トライオートFXグランプリでは、仕掛けランキングから仕掛け注文を選択する方法も使ってトレードに取り組んでいます。

仕掛けランキングを含めたAP注文ととシストレ24(インヴァスト証券が提供しているサービス)はかなり似ているのですが、極めて大きな違いもあります。今回は、その点を確認しましょう。

仕掛けランキングもシストレも、以下の流れです。似ています。といいますか、同じです。

1 数多くの仕掛け(ストラテジー)から選ぶ
2 クリックすれば、あとは自動で取引してくれる
3 成績を時々見直して、仕掛け(ストラテジー)の入れ替えをする

トライオートはインヴァスト証券のシステムですから、シストレ24で得た経験や技術を惜しみなく投入できます。アイコンのデザインを見ても、シストレ24と似てるなあと思います。

では、トライオートの仕掛け注文は、シストレ24のストラテジーとどこが決定的に違うのでしょうか。

仕掛け注文とシストレのストラテジーの違いとは

ゆったり為替は、シストレのストラテジーを検討していると、仕方ないと諦めつつも極めて大きなストレスを感じる点があります。それは、「ストラテジーの中身が全く分からない」ということです。

分かるのは、取引結果だけです。取引結果から、そのストラテジーの得意・不得意な相場を予想したり、いつ採用していつ削除するかを検討したりします。

しかし、この方法を使う場合、過去の稼働期間が十分にないと検討できません。上昇トレンドで大勝ちしているストラテジーがあったとして、下落トレンドでの取引実績がまだなかったとします。はたして、このストラテジーは下落トレンドにも対応できるのでしょうか。

それは、実際に下落トレンドになってみないと分かりません。

よって、優秀なストラテジーについて、過去に稼働していた相場状況も併せて確認して、それから現在の相場を見て採用するかどうかを決めます(ゆったり為替の場合)。

ストラテジーの中身を見たいな・・・と、いつも思います。

しかし、トライオートの仕掛け注文は全てが公開されています。これが最も大きな違いです。いつ取引を開始して、利食いは何pipsで損切りは何pips。上昇トレンドで勝ちやすいのか、それとも下落で勝ちやすいのか。これらが分かります。

よって、これから円安に向かうか、それとも円高か、という相場観を持てば、仕掛け注文を選ぶことがとても楽になりますし、ストレスも小さいです。

では、シストレはダメなのか

では、シストレはトライオートに劣るのか?といえば、そんなことはありません。

トライオートは値幅を元に売買を決めます。すなわち、取引を開始した後××pipsで利食いして、その後・・・pips動いたら再びポジションを建てるという具合です。そこにはインジケーターが入り込む余地がほとんどありません。

しかし、シストレのストラテジーは、あらゆるインジケーターを自由に使って作られています。よって、上昇相場にも下落相場にも強いというストラテジーも制作可能です。

トライオートとシストレ24の長所をうまく組み合わせて取引しましょう。

-トライオートFX

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.