バックテスト

過去10年以上の日足4本値ヒストリカルデータが欲しいとき

投稿日:2015年5月15日 更新日:

バックテストをするために日足4本値(始値、高値、安値、終値)のデータが欲しいとします。以前ブログ記事で「くりっく365」を使う方法を紹介しました。

くりっく365がリニューアル!ヒストリカルデータ取得方法を確認

くりっく365のホームページがリニューアルしました。 くりっく365は、各種データを惜しみなく公開している点が素晴らしいです。そこで、ヒストリカルデータ取得方法がどのように変わったのか、確認しましょう ...

続きを見る

米ドル円だったら、2005年7月以降のデータを取得可能です。

しかし、1回の作業で1年分のデータしか取得できないのが難点です。10年分欲しかったら、同じ作業を10回繰り返さないといけません。

そこで、簡単にヒストリカルデータを取得できる方法をご案内します。

マネーパートナーズのヒストリカルデータ

マネーパートナーズだと、過去20年近くの日足4本値データを取得可能です。

米ドル円の場合、過去5,000営業日のデータを取得可能です。1年は250~260営業日くらいですから、ざっと20年近くです。

日足のバックテストならば、20年のデータがあれば十分すぎるくらいでしょう。1時間足なども同様に、5,000本のデータを取得可能です。

取得方法は以下の通りです。マネーパートナーズのトレードシステム【HyperSpeed NEXT】から、四本値データをダウンロードできます。

取得可能な通貨ペア

マネーパートナーズでは、以下の通貨ペアの過去データを取得できます。とてもたくさんありますので、重宝します。

  • 米ドル円
  • ユーロ円
  • 豪ドル円
  • ポンド円
  • NZドル円
  • トルコリラ円
  • メキシコペソ円
  • 南アフリカランド円
  • スイスフラン円
  • カナダドル円
  • 香港ドル円
  • シンガポールドル円
  • ユーロ米ドル
  • ポンド米ドル
  • 豪ドル米ドル
  • ユーロ豪ドル
  • ユーロポンド
  • 豪ドルNZドル
  • ポンド豪ドル
  • NZドル米ドル

上の一覧で、トルコリラ円やメキシコペソ円があることに注目です。これらの通貨ペアは、日本で注目されるようになってからの歴史が比較的浅いです。

しかし、5,000本(20年くらい)のヒストリカルデータを取得できます。バックテストする際に、重宝するでしょう。

ヒストリカルデータの取得方法

では、ヒストリカルデータの取得方法を確認しましょう。3つのステップで取得可能です。

(1)チャートを表示し、赤枠部分で足(1時間足、日足など)と必要な本数を指定します。ここでは、1日(日足)と5,000本を選択しています。

マネパ

(2)チャート画面上で右クリックして、「データ出力」を選択します。

マネパ

(3)ファイル名に何か名前を入れて、データをデスクトップに保存すればOK!

下のように、データを取得できます。

マネパ

極めて簡単です。インターネットでヒストリカルデータを探してみると、多くの方が信頼できるデータを求めて苦戦していることが分かります。

長期間の日足データならマネーパートナーズでOKです。

マネーパートナーズ 口座開設

短い足のヒストリカルデータが欲しいなら

マネパの場合、1分足でも5,000本のヒストリカルデータを取得できます。しかし、1分足で5,000本の過去データを取得する場合、3日半くらいの期間になります。

1分足で、もっと長期間のデータが欲しいと思う場合があるかもしれません。

その場合は、FXTFです。

FXTFなら、2012年1月3日以降の1分足のヒストリカルデータを取得できます。この1分足データを使って、5分足や1時間足のヒストリカルデータを作ることも可能です。

下のリンク先からご確認ください。

MT4で1分足などのヒストリカルデータが欲しいとき【FXTF】

日足のヒストリカルデータなら、「くりっく365」で楽に入手できます。よって、そのデータを使って思う存分バックテストができます。 しかし、問題点があります。それは、「日足よりも短い時間のヒストリカルデー ...

続きを見る

関連記事

-バックテスト

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.