デイトレード

10万円でFX(億まで試算してみる)

ゆったり為替がチャレンジしているデイトレードは、「適切に運用すれば」好成績を得られそうです(カッコつきにした理由は、記事の後半で)。

そこで、10万円スタート後の見込みや資金管理方法、成功見込みなどをご案内します。手法の概要は、下のリンク先でご案内しています。

10万円でスタート

以前、ゆったり為替は1万円チャレンジと称して、1万円を100万円にしてみよう!というトレードをしていました。スイングトレード~ポジショントレードです。

FXの取引回数【ゆったり為替の手法の場合】

ゆったり為替は、トレードで1万円を100万円にするチャレンジ実行中です。 ゆったり為替お得意のポジショントレード(または長期トレード)で、一気の利食いを狙いたいところでした。しかし、昨年(2019年) ...

続きを見る

しかし、3万円弱まで進んだところで、やめてしまいました。トレードを繰り返しても一向に資金が増えないので、疲れてしまったのです。

(とはいえ、資金を3倍にしたのですから、良好だったとも言えます。)

1万円スタートの場合、1回の取引数量は1,000通貨~2,000通貨です。時々、大きな利幅を獲得して大きく前進します。その他は、小さな額で行ったり来たり、という感じです。

アルバイトの方が断然いいぞ!という感じです。

デイトレードを採用

今回のトレードは、10万円スタートにしました。よって、1万円チャレンジのような、ひたすら修行を繰り返すような感じにはならない、と期待しています。

手法も、変更しました。デイトレードの採用です。

より早く成果を得たいというのと、短期トレードでも資金を増やせるようになりたい!という願望が、その理由です。

1万円チャレンジの延長で、ゆったり為替のスイングトレードをデイトレードに応用してみました。結果、ゆったり為替の手法は、デイトレードでも通用するだろう、と感じました。

そこで、スキャルピングにもデイトレードにも対応できて、操作のストレスが少ないという理由で、FXプライムbyGMOを選んでスタートです。

FX口座を選んで、本格的にデイトレードを開始

ゆったり為替のデイトレードは、トレードチャンスを逃すなど問題を抱えつつも、成績自体は良い感じです。 そこで、取引数量を1万通貨に格上げして、本格的にデイトレードに参入しました。スキャルピングの時のよう ...

続きを見る

ただし、バックテストと現実のトレードで大きな差が出ることも分かりました。理由は、いくつかあります。

  • トレードチャンスを逃す
  • 短い時間での判断を求められる

バックテストの場合、日中だろうと深夜だろうと、余裕で正確にトレードできます。また、時間をたっぷり使って、トレード可否を検討できます。

しかし、現実は、そういうわけにはいきません。また、気づいたらトレードチャンスが過ぎ去っていた…という例も、出てきます。

設備投資はしない

格好いいデイトレーダーのイメージは、下の絵のような感じです。マルチディスプレイで、いかにもトレーダーという感じです。

彼らは、格好いいという理由で、こうしている訳ではないでしょう。トレードチャンスを逃さずに確実に仕留めようと思うと、こんな感じになってしまいます。

しかし、ゆったり為替は、設備投資をしたくありません。そこで、今となってはスペックがイマイチなPCとディスプレイ1つで、取り組んでいます。

トレードチャンスを逃してもOK、寝ているときは当然トレードできないさ!という感じで、割り切って進めることにしました(これは、慣れるまでが少々大変です)。

資産増加スピード

では、資産はどのように変化するでしょうか。試算してみましょう。

まず、損する場合です。

10万円で始めており、大変な高レバレッジというわけでもありません。よって、損切り時に大きなスリッページが出ても、最大損失は10万円で済むだろうと想定できます。

次に、資産が増える場合です。ゆったり為替は、「500pips相当の資金を増やしたら、取引数量を1万通貨増やす」というルールを設定しました。

口座残高取引数量
15万円まで1万通貨
25万円まで2万通貨
40万円まで3万通貨
60万円まで4万通貨
85万円まで5万通貨
115万円まで6万通貨
(以下続く)

10万円スタートで、1万通貨の取引です。資産を5万円増やしたら(500pips相当を獲得したら)、取引数量を2万通貨にします。

そこから資産を10万円増やしたら(500pips相当を獲得したら)、取引数量を3万通貨にします。以下、繰り返しです。

こうすれば、資産増加に応じて、取引数量を増やして資産増加速度を高めつつ、同時に、レバレッジを徐々に下げられます。

途中で、スイングトレードやポジショントレードをしたくなるでしょう。この場合は、数量を減らします。

ポジショントレードで500pips狙うぞ!というトレードの場合、損切りになる場合も金額が大きくなります。よって、バランスを取ります。

100万円に到達するのは

上の表を見ると、資産が100万円になるのは、取引数量が6万通貨の時です。3,000pips弱の利幅が必要です。

ここで、1か月で200pips(1日あたり10pips)獲得できるとします。すると、3,000pipsは15か月に相当します。1年3か月で資金は10倍という計算です。

実際には、うまくいくとしても、年末年始は値動きがなく、トレードしづらいでしょう。また、いつもトレードできるか?という問題もあります。

よって、順調にいけば1年半で100万円という試算になります。

1か月で200pipsは余裕でしょう?という感じになったら、もっと大幅に短期間で達成できることになります。逆に、苦戦する時には、多くの時間が必要です。

1億円に到達するのは

(夢があった方が良いので)この試算で1億円に到達する場合を、試算してみます。

1億円に到達するのは、取引数量が63万通貨になるときです。500pipsごとに取引数量を1万通貨増やすので、31,000pipsの獲得が必要です。

ちょっとどころか、相当遠いですね…。

1万通貨から始めて、500pips獲得するごとに1万通貨増やすという「ぬるい」方法だから、こうなります。

100万円スタートで10万通貨で取引して、200pips取るごとに1万通貨増やせば、早く達成できます。しかし、それは計算上の話であって、現実には困難でしょう(少なくとも、ゆったり為替には)。

よって、少しずつ、着実に進みます。損しても、最初に投入した10万円で済みます。

適切にトレードすることの難しさ

では、実際のトレード成績はどうなのか?です。実際に取引してみると、ルール通りに適切に取引することは、予想以上に大変だと実感しています。

下は、損益推移です。1万通貨で取引を始めてから、7営業日で9回のトレードです。

横軸は、トレード回数を示します。1万通貨のデイトレードですから、損益額自体は、まだ小さいです。

デイトレードの成績

ここで、損したトレードを振り返ります。

最初の2回

1,000通貨だった取引数量を1万通貨にして、FX業者も変更しました。すると、なぜかトレード手法まで変えてしまいました。2連敗して、「マズい!」と気づきました。

そこから気合を入れ直して、トレードを再開しました。

第6回目のトレード

このトレードは、ルール通りに取引しています。すなわち、今回の手法を採用する限りは不可避な損失ということになります。

勝率100%の短期トレード手法は、おそらく存在しないでしょう。よって、この損失は受け入れるしかありません。

第9回目のトレード

これは、痛い損失でした。

FX業者のシステムにログインして、チャートを見たとき、「これは良い形だ!」と感じました。今まさに、為替レートは下落中です。売るしかありません。売りました。

ところが、値動きが変です。チャートを再確認したところ、取引すべき場面ではありませんでした。というわけで、損失で終了です。

本来なら、回避できた損です。急いでしまったのが、敗因です。

過去は変えられないが、将来なら可能

結局、7営業日の成績は、5勝4敗で微益でした。そして、ルール通りに取引していれば、5勝1敗で良い成績でした。

さらに書けば、絶好のトレードチャンスをいくつか逃しています。これで取引できていれば…という感じです。

こんなことを書いても、過去は変えられません。しかし、将来に向けて改善することは可能です。

よって、いかにルール通りに取引できる体制を整えるか?そして、トレードチャンスを逃す確率を減らすか?が、重要になります。

関連記事

【ads and articles】

-デイトレード

© 2020 FXゆったりトレード派