トレーダーの日常生活

本物の勝ち組トレーダーと言えるためには

投稿日:2018年5月20日 更新日:

ツイッターを眺めていると、売り出し中のトレーダーに対して、「この人はニセモノでは?」という感じの攻撃、そして防御が繰り広げられています。

ゆったり為替の視点で、つらつらと書いてみます。

本物の勝ち組とは

仮に、本物の勝ち組を「毎年10億円以上稼ぐ人」だとすると、世の中にほぼ存在しないでしょう。

そこで、現実的な数字にします。

本物の勝ち組を「毎年プラスの成績を収めている人」とします。毎年プラスということは、1年間の利益が1円でも、勝ち組になってしまいます。

それでは少ないな…という感じですが、下のグラフをご覧ください。

フランス政府が、個人投資家の4年間のトレード記録を分析した結果です。9割の個人投資家がマイナスだと分かります。

FXで負ける個人投資家の割合

このグラフに関する記事は、下のリンクにあります。フランス政府による、実際の取引記録の分析結果です。信頼度は抜群です。

FXで負けるトレーダーの割合が判明!

FXで勝っている人の割合、負けている人の割合。この数字はFX各社のトップシークレットに近いデータだと思います。 よって、私たちに具体的な数字が出てくることはないと思っていたのですが、その数字が分かりま ...

続きを見る

経済力は、人によって違います。よって、「年間10万円の利益でも助かる!」という人もいれば、「年間500万円でないと面白くない」という人もいるでしょう。

人それぞれです。特定の金額で分けるのは、難しいです。

そもそも、プラスの成績を残す人は、全体の10%しかいません。よって、毎年継続的にプラスの人を本物の勝ち組だとしても、違和感なく受け入れられると思います。

毎年プラスにするのは大変なこと

また、ここで重視したいのは、「毎年」プラスであることです。偶然1回だけドカンと勝つことは、意外にできます。代表例は、ビギナーズラックです。

下のチャートをご覧ください。米ドル円の月足チャートです(DMMFXから引用)。

米ドル円の月足チャート

このチャートの安値で買えたとしましょう。そして、ポジションを維持して、大幅円安で売れたとしましょう。合理的に分析して勝ったなら、全く問題ありません。

何となく買って何となく大勝ちした場合が、問題です。次ももう一度勝てるか?という話です。

おそらく、難しいでしょう。典型的なビギナーズラックかもしれません。

ゆったり為替が出入りしているお店のお客さんに、このビギナーズラックで撃沈したのでは…という主婦がいます。下のリンク先記事でご案内しています。

ある主婦の成功と失敗(結局、破産したかも?)

ゆったり為替は、日中あちこちをブラブラすることがあります。これは、普段出入りしている店で聞いたお話です。 主婦が、良く分からないまま大儲け そこのご主人によると・・・ その店のお客さんである主婦が、何 ...

続きを見る

継続するのは、大変なことです。よって、本物の勝ち組の条件にこれを入れるのは、重要でしょう。

「100%勝つべき!」だと難しい

冒頭の話に戻りまして、「お前ニセモノだろ!」という感じで責めるときの様子を確認しましょう。

責める人は、攻撃対象となる人が過去に出した予想を持ち出して、それが間違いだったことを指摘することが多いでしょう。

しかし、ゆったり為替に限らず、これをされると厳しいです。というのは、100%利食いするなんて、誰にもできないからです。

裁量トレードの場合、60%勝てればOKです。60%の勝率の場合、4連敗~5連敗となるのは珍しくありません。逆に、神がかったように利食いできる場合もあります。

連勝が通常ペースだと思われると、大変厳しいです。

勝率はどうでもいい

正直なところ、特定のトレードで勝った・負けたというのは、どうでもいいです。勝率も重要ではありません。

「1年間戦った結果、プラスかどうか」が重要です(勝率は、もちろん高い方が素晴らしいですが)。

給料など、他の収入を得ながらFXしている場合、1円以上の収入ならばOKでしょう。収益が20万円を超えて税金を支払わないと!というところまで持っていければ、申し分ありません。

というのは、100万円、200万円と稼ぐのは大変だからです。

とはいえ、「ある年は数百万円稼ぎました!」というのは、意外に達成可能です。本当に難しいのは、その収入を毎年継続することです。

とはいえ、勝率は高い方が良い

上の話と矛盾する感じかもしれませんが、勝率はどうでも良いとはいえ、高い方が良いです。たとえば、こんなトレード例があるとしましょう。

  • 第1戦:損切り(1万円)
  • 第2戦:損切り(1万円)
  • 第3戦:損切り(1万円)
  • 第4戦:損切り(1万円)
  • 第5戦:利食い(10万円)

5戦して、利益は6万円です。全く悪くありません。ただし、最初に4連敗しています。4連敗しても耐えて、5戦目のトレードができるでしょうか。

多くの人の場合、4連敗どころか3連敗の時点で、そのトレード手法への信頼感が揺らぐかもしれません。

信頼感が揺らぐようでは、第5戦目の10万円獲得はできそうもありません。「今まで損した4万円を取り戻せればOK」という感じで、4万円で利食いしそうです。

4万円の利食いなら、まだマシです。「連敗したから、この方法はもうやめよう」という感じでトレードしないかもしれません。

この場合、負けが確定します。

よって、強い根性を持っていない場合は、ある程度の勝率も必要になります。

1年勝って勘違いすると、後が大変

頑張ってFXで取引して、年間トータルで大幅プラスになったとしましょう。素晴らしいです。

ただし、1年間継続して勝った時に「自分って、トレードの素養があるな!」と勘違いしてしまうと大変です。

翌年には負けてしまったり、勝てても額が小さかったりするかもしれません。数年プラスを継続してようやく、「もしかしたら、素養があるかも?」と考えられるでしょう。

数年継続して勝っても、実はトレード能力がなかった!という場合がありえます。それは、その期間、ずっと似たようなトレンドだった場合です。

トレンドが変わった途端、負け続ける可能性があります。

こう考えると、本当に自分が勝てるようになったのかどうか?が分かるには、数年以上かかることが分かります。

1年勝っただけで「イエーイ!」という感じで売り出すと、後から苦労するかもしれません。

「うぅ…ウェブで絶賛売り出し中だけど、最近は全然勝てなくて困った…」という感じでは、困ってしまいます。

この人は本物?

売り出し中の人が本物か、実は勝てないニセモノかというのは、本人にしか分かりません。FX業者や税務署にも分かりません。

例えば、複数のFX業者で取引している場合、個々のFX業者は、その人の本当の実力が分かりません。手法ごとにFX口座を変えるのは珍しくないでしょうから、ある口座では負けているかもしれません。

そして、別の口座でしっかり勝っている可能性があります。

また、超長期トレードが含まれている場合、税務署であっても実力を把握できません。税務署は、損益が確定した額だけ分かります。

というわけで、論争の的になっている人は本物か?をどうやって証明するかですが、その人がデイトレーダーだったら、youtube等で実況中継するのが良さそうです。

今まさにリアルタイムで取引していますから、反論しようがありません。

中長期トレードの場合は、youtubeは不適です。よって、ブログ等の報告になるでしょう。ゆったり為替は、トライオートFXでリピート系注文をしています。

大げさなトレードでなく、豪ドル円で巨大な範囲(55円~84.8円)に買い注文をばらまいているだけです。

それでも、毎年プラスの成績を収めています。デイトレードで成功できる場合に比べれば、額は小さいです。しかし、毎年プラスの利食いを実現しています。

自分の性格に合った方法で、本物の勝ち組を目指す

要するに、デイトレードでも長期トレードでも、勝ち組を目指せます。

自分はどの手法が向いているだろうか?を考えて、自分に適した方法を極めると、勝ち組の仲間入りが近づくでしょう。

ここで簡潔に、短期トレードと長期トレードの違いをご案内します。自分の生活リズムを考えるとき、どちらが良さそうでしょうか。

短期トレード
  • 1日数時間くらい使う
  • チャンスで即取引する瞬発力が必要
  • 成功できれば、毎月の利幅はとても大きい
長期トレード
  • 1か月で数十分くらいでも取引可能
  • デイトレードに比べると、収益力は大幅に低くなる
  • 大底で買えれば、円安時の利食いが巨大になる

ゆったり為替の場合、残念ながら短期トレードの素養がありません。そこで、中長期に絞っています。

口座開設と入金で3,000円【取引不要】

当ブログ限定3,000円キャッシュバック

-トレーダーの日常生活

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.