522816-1「ザイFX!チャレンジ」に挑戦することになった、ゆったり為替です。

戦場はFXです。装備品を確認しないと戦えないよね・・・というわけで、ヒロセ通商(LION FX)の性能を確認しましょう。

ヒロセ通商(LION FX)の特徴の前に、ゆったり為替の状況を確認しましょう。

ゆったり為替の状況1: 24時間トレード可

ゆったり為替の最大の特徴は、1日24時間を自由に使えることです。忙しい小林さんや内藤理沙さんと比べれば、時間の融通という面で、ゆったり為替が有利でしょう。

今は1日の多くを文章作成に費やしていますが、ザイFX!チャレンジの優先順位を1位に持ってくればOKです。


ゆったり為替の状況2: 超短期トレードが下手

改めてご案内する必要がないほど、ゆったり為替は短期トレードが下手です。すなわち、「良いと一般的に言われるような方法で戦っても勝てない」と予想します。

ならば、ゆったり為替が「買いだ!」と思ったら売る・・・この方法はアリかもしれませんが、とても難しそうです。

そこで、長期予想をメインに、短期予想も織り交ぜ、ボックス相場の狭い範囲で売買できればいいな!と考えています。うまくできれば、ザイFX!チャレンジ終了後も継続して実行可能と期待しています。


さて、次にヒロセ通商(LION FX)の特徴を確認しましょう。

特徴1: スキャルピングOK

今回のザイFX!チャレンジで最も重要なスペックの一つが、このスキャルピングでしょう。スキャルピング不可ならば、2週間の短期でトレードを繰り返すことは難しいです。


特徴2: スプレッドが狭くて原則固定

スキャルピングOKなのにスプレッドが狭くて原則固定というのは、どのようなシステムを採用しているのでしょう?スキャルピングと原則固定スプレッドを同時に採用しているのは、ヒロセ通商(LION FX)とJFXだけかな・・・と思います。


特徴3: 通貨ペア数が多い

ゆったり為替は、マイナー通貨ペアが好きです。値動きが特徴的だからです。特徴的とはすなわち、その特徴が出るときにトレードすればOKということです。

ただ、今回は2週間の短期トレードです。マイナー通貨ペアでも狭いスプレッドというわけにはいきませんから、今回は取引対象にならないかもしれません。1年間の勝負だったら、主戦場にしたいところです。


特徴4: 注文方法が多彩

ヒロセ通商(LION FX)は注文方法が多彩です。今回使えそうだなと思うのは、時間指定注文です。デイトレード手法を用いて取引しつつも、営業日をまたいでポジションを持ちたくない場合に便利です。

指値注文を出しつつ、特定の時刻になっても指値決済できない場合に、成行で決済します。

ヒロセ通商(LION FX)の時間指定注文については、過去に特集記事(全9記事)を組んでいます。時間指定注文に関心がありましたら、ぜひご覧ください。

→ 時間指定注文シリーズ1:ヒロセ通商【LION FX】の時間指定注文とは?


**********

以上の諸点を考えますと、ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)等でなく、米ドル/円(USD/JPY)等のメジャー通貨ペアを狙うことになりそうです。

インジケーターは使いません。そこで、PCにチャート画面を常時表示しておいて、トレードしてもいいかな!というタイミングでどんどんトレードすることになるでしょう。

勝負の期間は2週間なので、これはどうかな・・・という怪しいタイミングでも取引すると思います。

ヒロセ通商(LION FX)の口座開設はこちらから


→ ゆったり為替が「ザイFX!チャレンジ」に参加します!
→ スキャルピングの成功可能性を確率で考える
→ トレードバトル1日目終了。なかなか難しい
→ 入賞を狙えるか?