実戦トレード

GBPAUD(ポンド豪ドル)の長期トレード【2022年6月開始】

ツイッターでトレード報告をしています。「長期トレードは勝率が高いから、事後でなくリアルタイムでも良さそう」という理由です。そこで、ポジション保有中のトレードについて、ツイートを交えて考察します。

取引開始前の分析

下は、2022年6月6日のツイートです。その後、取引を開始しました。「少額の長期トレードでも、資産形成できる」を示すため、スタート資金を10万円にしています。

売ってもOKと判断した経緯を、月足チャートと週足チャートで振り返ります。

月足チャート

取引開始時のチャートで考えたいので、下のチャートの最新足を6月にしています。この形を見て、取引できるかもしれないと考えました。

ポンド豪ドル

その理由は、下の通りです。赤の補助線を見ますと、ペナントになっていることが分かります。為替レートはペナントを下方向に抜けましたから、売りチャンスです。

ポンド豪ドル

週足チャート

月足チャートだけで即断して売ることも可能ですが、週足でさらに詳しくチェックしました。

下は、2017年以降の週足ラインチャートです。本来はローソク足を表示したいですが、この長期間を小さなチャートに表示すると、ゴチャゴチャしてしまいます。ラインチャートでも、分かりますので大丈夫でしょう。

ラインチャートに、サポートラインを引きました。為替レートがサポートライン付近まで下落すると、なぜか反発しています。これが5年近く機能していますので、相当強いサポートラインです。これを下方向に抜けるなら、そのままスルスルと下がると期待できます。

ポンド豪ドル

下は、表示期間を短くした週足チャートです。チャート右端で、下方向に強く進んでいます。これなら、売っても良さそうと感じます。ただし、ゆったり為替にとっての最良の売り位置ではありません。よって、6月6日のツイートでも「週足:まあ良し」と書いています。

ポンド豪ドル

最新の為替レート動向

そして、トレードを開始して、下は最新の週足チャートです。2017年から続くサポートラインをしっかりと下抜け、さらに、2022年前半から続いてきたレンジ相場も下方向に突き破っています。

ポンド豪ドル

今後の値動きは不明ですが、ここまでくれば、トレードは成功と言えそうです。どこかの時点で、決済の逆指値注文を下方向にずらし、取引開始レートよりも下にします。こうすれば、逆指値で決済してしまっても損益はプラスになりますから、勝利確定です。

期待通りにどんどん下落する場合は、適当なところで利食いします。

ポジション継続が辛いかも?な場面

なお、ここに至るまでに、途中で心が折れてしまって損切りしてしまうかも?な場面がありますので確認しましょう。下は、日足チャートです。

赤丸部分で売りました。その後、赤のレジスタンスラインまで上昇して、再度下落しています。これが、少々厳しいかもしれません。

ポンド豪ドル

赤丸付近で適当に成行売りしますので、為替レートは1.73~1.74くらいです。そして、赤のレジスタンスラインの為替レートは1.78台です。すなわち、含み損は最大で500pipsくらいもあります。

スキャルピングやデイトレードに慣れていたら、あまりに巨大な含み損に見えるかもしれません。日足のスイングトレードでも厳しいかもしれません。しかし、このトレードは月足です。これくらいの含み損はドンマイ!という感じで、ポジションを保有します。

さらに含み損が大きくなって、2022年以降のレンジを上抜けたら、その時はあきらめて損切りします。

この長期トレードは、ポジション保有期間が月単位になります。そして、利食いも損切りも大きな数字となります。そこで、1回の損切りで退場にならないよう、ポジション保有数量を抑えます。これに加えて、高い勝率、利大損小の決済という2点セットがあります。

このため、トレードを繰り返すと合計で良い感じになる、という計算が成り立ちます。

長期トレードに適した口座

なお、取引口座は、基本的にどこでも構いません。

インジケーターは使いませんし、100pipsは誤差のような扱いですから、スプレッドの比較も意味がありません。米ドル円のスプレッドは1銭でも構いませんし、2銭でも3銭でもOKです。

ただし、1つだけ注意したいです。それは、スワップポイント。月単位でポジションを保有しますから、スワップポイントが不利だとひどい目に遭う可能性があります。

では、スワップポイントがどの状態なら最良か?ですが、以下の通りです。

最良の条件

  • 買いと売りで、スワップポイントの絶対値が同じ。この状態を一本値と呼びます。

一般的なFX業者の場合、「1万通貨買うと+100円で1万通貨売ると△120円」という感じです。すなわち、買いと売りで同数保有すると、合計でマイナスになります。この差額は、FX業者の収入源になります。

合計でマイナスでないということは、FX業者の収入源がゼロ、すなわち、顧客にとって有利ということになります。

FX業者にとって面白くないので、これを採用しているところは滅多ににありません。くりっく365は、サービス開始以来ずっと一本値ですが、取引単位が1万通貨なのが痛いです。月単位で取引して分割決済もしたい場合、1万通貨単位だと必要な自己資金が大きくなります。

よって、下の2つの条件が同時に欲しいです。

望ましい取引条件

  • スワップポイントは一本値
  • 1,000通貨単位で取引可能

これを満たすのは、トレイダーズ証券の「みんなのFX」です。

みんなのFX 口座開設

下のツイートの通り、公式も一本値を大いに宣伝しています。FX業者から見て採用しづらい施策をあえて実行していますから、このメリットを使える時には狙いたいです。

みんなのFX 口座開設

-実戦トレード

© 2022 FXゆったりトレード派