FXで勝つ人と負ける人

FXの資金:いくら準備するか

投稿日:

FXを始めるにあたって、考えることがいくつもあります。

どのFX口座を選ぶか、どんな手法を使うか、どの通貨ペアが良いだろう…いろいろありますが、その中には、「資金をいくら準備すべきか」もあるでしょう。

そこで、FXで望ましい資金量を考察します。

FXをするのに準備したい資金

FX口座にいくら入金しようか?と考えるにあたり、決定的に重要なのは、「自分は現在いくら持っているか」です。

金融資産が100万円のとき、200万円の入金は無理です(借金は止めましょう)。

というわけで、ここでは、現在の自己資金については考慮せず、単純に望ましい資金を考えます。

FXをする目的別に考える

FXの目的が分からないと、望ましい資金額も分かりません。そこで、いくつかに場合分けしましょう。

放置で毎月1万円以上稼ぎたい

放置で毎月1万円以上という場合、ゆったり為替が現在実行中の公開トレードが該当します。

トライオートFXで、豪ドル円のリピート系注文をしています。放置するためには、豪ドル円がどのように動いても利食いできるように、注文の範囲を広くしなければなりません。

下のグラフは、実際の成績です。毎月の獲得額を示しています。時々、ピョンと大きく跳ね上がっている部分があります。

これは、相場の急変動で利食いが大きくなったり、長期保有のポジションを利食いして得たものだったりです。

1か月の収益推移

ゆったり為替の実際の投入額も合わせて考えますと、必要な資金は250万円前後だと言えそうです。

老後資金として、2,000万円稼ぎたい

老後までに20年あるとしましょう。そして、毎年10%の割合で稼げるとしましょう。安全重視で、複利運用をしません。

試算する場合、複利運用を含めることが一般的です。しかし、実際には、投資額を徐々に増やすのは怖さが伴います。

この場合、700万円弱が必要です。

複利運用で毎年10%を増やせるなら、必要な資金は300万円くらいになります。実際には大変難しいので、5%の複利運用にしましょう。すると、資金は750万円くらい必要です。

専業トレーダー・兼業トレーダーになる

専業や兼業を目指す場合、資金量は多くなくても大丈夫です。その気になれば、10万円からでも可能でしょう(ただし、10万円スタートだと時間がかかります)。

この場合、必要なのはお金ではありません。根性です。

どこまでも相場にしがみついて研究し、最後には成功してやるという気持ちと実行です。

何となく入金

あれこれ考えるわけですが、実際には、「何となく入金」が最も多いのでは?と思います。

とりあえず入金して、トレードで楽しみます。

この場合、口座選択を誤ると、一気に資金を失って終了…となる場合があります。口座選択が重要です。

ざっくりとみて、こんな感じです。

  • 入金額が100万円未満:1,000通貨以下から取引できる口座でないと厳しい
  • 入金額が100万円以上:最低取引数量が1万通貨でもOK

例えば、1万通貨で取引して、100銭の損失を出すとします。この場合、1万円減ることになります。

入金額が100万円としますと、1万円は1%です。1回のトレードの損失割合としては、許容範囲でしょう。

1トレードの損失割合が2%、3%と増える場合を想定しましょう。この場合、トレードを繰り返すと、入金額の数十%程度を失う可能性も十分にあります。

すると、損失を回復することが恐ろしく困難になります。その理由は、下のリンク先記事で考察しています。

損失からの復活に必要な利益率

FXで大きな損失を出すと、精神的に痛いです。しかし、時間が経過すれば、次第に痛みが和らいできます。 「よし、もう一度頑張ろう」となるのですが、ひとたび大きな損失を出してしまうと、回復は大変な道のりにな ...

続きを見る

ただし、1万通貨で取引したときの損失額が、数千円で収まる場合もあるでしょう。デイトレードなどです。

この場合は、自己資金が数十万円でも、1万通貨から取引できるFX口座でOKでしょう。

自分は、どのような手法でFXに取り組もうとしているのか、そして、自己資金はいくらなのか、これらを考えてFX口座を選ぶことになります。

最低取引数量が小さいFX口座ならば、自己資金が大きくても小さくても対応できます。その点、とても楽です。

少額から取引できるFX口座の紹介は、下の記事でご確認ください。

少額から取引できるFX口座

日本で個人向けFXサービスが始まる前、スタンダード取引(標準的な取引)は、10万通貨単位でした。 ミニ取引が、1万通貨です。 しかし、日本の企業努力は、大変なレベルです。それが、FXでも発揮されました ...

続きを見る

資金は多い方が、圧倒的に有利

なお、確認するまでもないかもしれませんが、自己資金は多い方が有利です。自己資金が大きくなればなるほど、損失リスクを減らすことができます。

(資金量が多くても、無茶なトレードをすれば、一気に資金を減らしてしまいますので注意です。)

分かりやすくするために、極端な2つの例で比較しましょう。自己資金が1億円の場合と、100万円の場合です。

質素に一人暮らしができればOKと考えて、トレードで毎年300万円を確保したいと考えています。

  • 1億円で毎年300万円を得る:年率3%
  • 100万円で毎年300万円を得る:年率300%

どちらが難しいか?です。自己資金1億円の方が、断然簡単です。

そして、1億円あれば、無理なトレードをしなくても済みます。超安全重視で取引しても、年率3%の確保は可能でしょう。

一方、自己資金が100万円の場合は、一発当てて300万円を獲得できるとしても、それを継続できるか?となると、大変厳しいです。

では、100万円の自己資金でも年率3%でいいや、という場合、年収は3万円になります。アルバイトの方が圧勝という状態です。

自己資金は、少しでも多く準備しましょう。

一般的なFXユーザーの資金量

以上、FXをするために準備したい資金について考察しました。

ここからは、一般的なFXの顧客の資金はどうなっているか?を確認します。この数字を詳細に公表したデータは、おそらくないでしょう。

そこで、各種公開情報から予想します。下の記事は、各FX業者の公開情報の分析です。

平均的な顧客のFX口座入金額はいくら?

FXは自分が勝つかどうかが重要なので、他人の状況はどうでも良い…とはいえ、やはり気になるもの。 そこで、一般的な顧客は、FX口座にどれくらい入金しているか、ざっと予想してみます。 各FX業者の顧客入金 ...

続きを見る

FX口座への入金額は100万円が標準か

この記事から分かるのは、以下の通りです。

  • 1口座当たりの平均入金額は、数十万円
  • 稼働口座に限定すれば、100万円が平均的な顧客像か
  • 1,000万円超の入金も少なくない

FX業者は、数多くの顧客口座を持っています。

しかし、その中には、口座を作ったけれど今はトレードしていない(=入金額ゼロ)という口座がたくさんあります。

FXで資金を増やせる人は少数派であることを考慮すれば、これは自然でしょう。

そこで、稼働口座(今現在も取引している口座)に限定すると、100万円くらいが標準的ではないか、という分析をしています。

保有金融資産は500万円が標準か

次に、FX口座への入金額でなく、保有金融資産という観点で考えます。

顧客は、FX口座に全資産を入金することはないでしょう。銀行口座等にも資金を持っているはずです。

下のグラフは、マネースクエアのホームページからの引用です。

資金量のグラフ

ここで注目したいのは、縦軸です。各FX業者の顧客のうち、保有金融資産が500万円以上の比率です。

最も低いFX業者で、30%台です。最も高いFX業者だと、60%くらいになります。平均的に見ますと、50%弱といったところでしょうか。

FXの顧客の平均的な資金

以上をもとにして、FXユーザーの平均的な資金をざっくりとまとめますと、以下の通りになります。

  • 金融資産は500万円でも、全く珍しくない。むしろ、普通。
  • FX口座への入金額は、100万円台くらいが平均的。

日本の平均的な貯蓄額

上の状況は、日本人一般の資金量と比べてどうなの?を確認しましょう。下は総務省の家計調査(2018年)から得たグラフです。

家計調査

数字が小さすぎて分からないので、流して見ていただくとして、勤労者世帯で500万円以上持っている割合は、60.9%です。

単純な比較は難しいものの、FX口座保有者で500万円以上持っている人の割合は、日本全体と比較すると少なめです。

この理由ですが、資金量が少ない個人が、FXで資金を増やすために口座を持っている割合が高めなのかもしれません。

口座開設と入金で3,000円【取引不要】

当ブログ限定3,000円キャッシュバック

-FXで勝つ人と負ける人

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2019 All Rights Reserved.