相場

相場の狙い目【2020年10月15日】

ただ今の注目通貨ペアは、以下の通り。

値動きの大きさという点ではポンドが魅力的ですが、要人発言一つでビュンビュンと大きく動くので、スイングトレードは少々難しい。

というわけで、現時点ではポンドが絡まない通貨ペアです。

ユーロ/米ドルの4時間足チャート

では、ユーロ/米ドルの4時間足を確認します(YJFX!から引用)。

ツイートでは「下落可能性をやや重視」と書きましたが、パッと見た印象は上昇トレンドかな、という感じに見えます。

ユーロ/米ドルのチャート

下のように補助線を引くと、下落も警戒しないといけないかな、という感じに見えてきます。

今まで下値支持線として機能してきたラインを割り込み、今度は上値抵抗線となっている様子が分かります。

ユーロ/米ドルのチャート

ただし、上か下かを決めて相場を眺めることはせず、どちらに動いてもOKという姿勢を維持します。

日足チャート

下落をやや重視としている理由は、日足チャートにもあります(下のチャート)。

ユーロ/米ドルのチャート

下は、解説用の線を引いたものです。

赤枠部分で、レンジ相場を形成していました。その後、いったん下落し、上昇し、そして下落するかも?…という感じに見えなくもありません。

ユーロ/米ドルのチャート

日足で下落が明確になったら、売りでの取引を狙えます。

ただし、下落後の反発で、レンジの下限を超えて上昇しています。よって、レンジの下限が下値支持線として機能し、下落しないで推移する可能性も考えておきます。

相場を予想せず、為替レートの動きについていく感じでトレードします。

【ads and articles】

-相場

© 2020 FXゆったりトレード派