AUD(豪ドル)

豪ドルの暴落と見通し【2020年3月】:読者の皆様のお便り

読者の皆様のお便りの2回目です。お便りの後半部分をご案内します。

前半は、下の記事でご確認いただけます。

トライオートFXで勝ち逃げを狙う:読者の皆様のお便り

今回は、読者の皆様のお便りを元に、2回に分けて考察します。 第1回は、トライオートFXにおける米ドル/スイスフラン(USD/CHF)の取引です。 トライオートFXの取引設定 お便りの一部を、引用します ...

続きを見る

豪ドルの見通し

(昨日の記事の続き)

今回の数日間でクロス円は思いのほか立て直してる中、オジ円だけがイマイチで、同じオセアニアのキウイと比べても散々なありさまです。

キウイに比べ売られ過ぎで読みづらいです。

以前から中国依存により懸念のあったオージーですが、AUDNZDにしても1.01台にまで落ち込み、せっかく1.03で仕込んだ玉が切ないです。

週足、月足でみてもそろそろ反発してもよさそうですが、0.9台に突入する可能性は高いと思われますか?

また、EURAUDの伸びが凄まじいですね。ユーロ強オージー弱の流れは今後も続くと思われますか?また高値目途は1.9あたりになりそうですかね?(1.9でショートを入れるのは時期尚早でしょうか?)

(以下、略)

下手神さん、お便りありがとうございます。

豪ドルは、主な通貨全てに対して弱くなっています。それも、極端です。暴落という表現で良さそうです。

オーストラリアは中国依存度が高く、これがリスクとして認識されてきました。それを考慮しても、大変な下落です。

オーストラリアの中国依存度につきましては、下の記事でご確認いただけます。

豪州の政策金利発表:TWIを頭に入れつつ読んだ方が良い

豪州の政策金利が発表される際、豪州準備銀行の声明も公開されます。米国などでも同様ですが、この声明が極めて重要ですので、読んでおきたいです。 そして、豪州の声明を読む場合は、TWIの推移を頭に入れておく ...

続きを見る

ここでは、お便りで言及がありました3通貨ペアの見通しを考えましょう。豪ドル円、ユーロ豪ドル、豪ドルNZドルです。

豪ドル円(AUDJPY)

下のチャートは、豪ドル円の月足チャートです(DMMFXから引用)。

平時のトレードにおいては、月足チャートを使う人は少数派でしょう。ゆったり為替は普段から月足を使っていますので、異端の部類だと思います。

しかし、大波乱相場の場合は、月足が大活躍します。値動きの目途を考えやすいからです。

豪ドル円のチャート

チャート内に、白の補助線を3本引きました。これは、下値支持線です。

すなわち、この為替レートまで来ると、不思議と下落が止まりやすいという為替レートです。上から順番に、以下の通りです。

  • 65円
  • 60円
  • 55円

最近数日間、65円まで円高になると急ブレーキがかかって、反発しています。これは、65円の下値支持線が効いているという理解です。

ただし、65円の下値支持線は、強力というわけではありません。

正確には、月足で見つかる下値支持線ですので、強いです。しかし、下落圧力も大変なものです。よって、65円が底値だと考えるのは、難しいかもしれません。

60円の下値支持線も、同様です。

その一方、55円の下値支持線は、超強力です。歴史的な円高記録の為替レートであり、2008年のリーマンショックの暴落も跳ね返した実績を持っています。

よって、ゆったり為替は、豪ドル円=55円を円高目途と考えています。

ユーロ豪ドル(EURAUD)

次に、ユーロ豪ドルを見ましょう。こちらも、月足チャートです。

長期でチャートを見ますと、豪ドルの暴落という表現は当てはまらないかもしれません。

ユーロ豪ドルのチャート

といいますのは、下のチャートの通りです。

2008年まで、ユーロ豪ドルは一定のレンジ内で動いてきました。リーマンショックを契機として下方向に抜けたのですが、再び元のレンジに戻っただけだと言えそうです。

ユーロ豪ドルのチャート

ユーロ豪ドルの上値目途

では、上値の目途はどのあたりになるでしょうか。1992年~2008年のチャートを見ながら、考えましょう。

ユーロ豪ドルのチャート

上のチャートに、補助線を2本引きました。上値抵抗線です。このあたりまでは上がりやすいだろう、と見通しを立てられます。

  • 1.88
  • 2.05

この記事を書いている時点では、ユーロ豪ドルは1.88よりも大幅に下にあります。よって、上昇余地が比較的大きいと見ています。

豪ドルNZドル(AUDNZD)

最後に、豪ドルNZドルを見ていきましょう。こちらは、セントラル短資FXのチャートです。

豪ドルNZドルのチャート

豪ドルNZドル=1.00というのは、歴史的な安値圏です。直近では、2015年に記録していることが分かります。

では、2015年に1.00183を記録したとき、値動きはどうだったのか?です。

2014年から2015年にかけての、週足チャートを見てみましょう。

豪ドルNZドルのチャート

2014年10月末にピークを付けて、そこから勢いよく下落している様子が分かります。そして、4月初めに底値を付けています。

特徴としては、1.00直前で下落が止まり、弱いレンジを作った後に、一気の上昇です。

この形が今回も出るかどうか?です。直近の週足チャートを見てみましょう。

豪ドルNZドルのチャート

1.00166で急ブレーキがかかっている様子が分かります。1.00は、過去50年近く機能してきた下値支持線です。

簡単には破られないだろう、と見通しを立てられます。

今後、下落と反発が繰り返されて、2015年と同じような形になれば、ゆったり為替は買いたいと考えています。

(正確には、リピート系注文の買いを始めたのですが、すぐに止めました。値動きがおかしいと見たためです。少しだけ買っているポジションは、1.00を下回ったところで損切り予定です。)

オーバーシュートも警戒

なお、豪ドルNZドルを買っている人の多くは、1.00の少し下に損切り注文を出していることでしょう。

すなわち、売り注文が集中している可能性があります。

1.00を下回ると、一時的に大きく下落する可能性を考えています。いわゆるオーバーシュート(為替レートの行き過ぎ)です。

オーバーシュートが起きる場合、反発を狙って買いたいと考えています。できるかどうかは、運も必要ですが。

豪ドルの回復見通し

では、豪ドルの回復はいつになる?ですが、全く分かりません。下の二つが実現したときになりそうです。

  • コロナウイルス問題の収束
  • 世界経済の回復

よって、年単位で待つ必要があるのでは?という見通しを持っています。

-AUD(豪ドル)

Copyright© FXゆったりトレード派 , 2020 All Rights Reserved.