「一攫千金狙ってみる?」において、10万円が1億円になる確率は0.1%というモデルが出ました。
このモデルと、ジャンボ宝くじを比較してみます。 

ジャンボ宝くじ:
賞金: 1等2億円、前後賞5,000万円
1枚の価格: 300円
1等当選確率:1,000万分の1 

1,000万分の1。
お米10kgの袋に入っているお米の数は50万。それを20袋用意して、その中から当たりの米粒1つを選ぶのと同じ確率という超難関です。


さて、次に、「一攫千金狙ってみる?」の設定例で、ジャンボ宝くじと同じように儲けられる可能性はどれくらいでしょうか。

宝くじは1枚300円、FXの設定例では元本10万円なので、調整しますと、

一攫千金トレードで元本300円のとき・・・
1億5,000万円の利益を得る確率: 50万分の1
3億円の利益を得る確率: 100万分の1

こんな結果になりました(税金を考慮していません)。


宝くじには前後賞や2等、3等などありますので、単純比較は難しいです。
しかし、無謀とも思える一攫千金トレードでも、宝くじよりずっと儲かりやすいという結果が出ました。

これはある意味当然で、宝くじは、売上金額の半額弱しか当選金として支払われないためです。
宝くじ販売所の運営、印刷経費、配送費、広告宣伝費・・・さまざまな費用が掛かりますので仕方ないのかも知れませんが。

こういった経費やら「胴元の利益」が小さい分だけ、FXの一攫千金トレードのほうが儲かりやすい、ということなのでしょう。 


法人口座を持っているならば、毎年1回、一攫千金トレードに挑戦するのも面白いかもしれません。
宝くじは完全に他力本願ですが、一攫千金トレードは自分の意思で動くことができます。
本気で取り組むのですが、もちろん、負けて当然の感覚でやりましょう。 

仮に儲かっても、たとえば残高が100万円になった時に、全額を再投入して一攫千金トレードできるか?という、これまた超難関が待っています。