損する人が大勢いる理由

納得いつの世も、相場で大儲けする人もいれば、大きく損する人もいるようです。
そして、損する人が圧倒的に多いのも事実の模様です。

チャートは手書きで株式等の売買手数料が今よりもずっと高かった時も、コンピュータが瞬時に様々なチャートを描き、手数料が極めて小さくなった現在でも、同じようです。

なぜそうなるのか、考えてみます。 

“損する人が大勢いる理由” の続きを読む

外貨の利益を、外貨のまま持ちたいとき

usd1タイトルが少々分かりづらいかもしれません。

例えば、EUR/USDの取引で勝つと、米ドルで利益を獲得することになります。
これが口座に反映されるとき、米ドルのままか円に転換されるか、ということです。

これには好みが影響するところですが、私は外貨のまま持つことが望ましいと考えます。
それぞれの特徴を考えてみます。

“外貨の利益を、外貨のまま持ちたいとき” の続きを読む

AUD/CHF:今週の見通し(4/21)

AUDCHF今月はトレードの機会に恵まれないので、ブログ記事もそれを反映しています。
しかし、それではつまらないので、ゆったり為替がAUD/CHFについて持っている見通しについて、週1回のペースで書いていこうと思います。

できればシリーズ化したいこの記事です。
この記事を読んでいただいて分かることは、おそらく、「かなりの頻度で予想を外す」ということです。

予想を外しても、結果としては利益を残します。
どこまで踏み込んで書けるか分かりませんが、書いてみます。 
 

“AUD/CHF:今週の見通し(4/21)” の続きを読む

トラップ系の取引をしたいのですが・・・

トライオートAさん: トラップ系の取引をしたいのですが、似たような取引ができる会社がいくつかあって、どうしたらよいか分かりません。

ゆったり為替: トラップ系とは、様々なレートで注文を出して、それぞれ一定の値幅で利益を得る方法ですね。では、何を重要視したいですか?(トラリピという言葉は、M2Jの商品にのみ使えます)
 

“トラップ系の取引をしたいのですが・・・” の続きを読む

トライオートのレンジ取引例(下)

トライオートのレンジ取引例の概要説明最終回です。

トライオート・レンジ説明左図で、②で清算して利益を確定しますが、②よりも上で清算するほうが利益が大きいです。
敢えて②の時点で利益を確定する理由です。

それは、ボックス圏が上図の黒い破線のようにきれいな直線で挟めることは多くなく、全体としてはボックス圏だが形はいびつだ、ということが多いからです。

そこで、利益をより確実に得るために、②で清算します。
 

“トライオートのレンジ取引例(下)” の続きを読む